違和感ニャ。

みニャさーん。お元気ですかー。
最近えめるの訪問先では
ブログお休みや消えてしまったところがちらほら……
チミット寂しい春のこの頃にゃね。

んでね、えめるもチミッと
センチメンタリズムを引き起こしていたのニャ。
けど、徐々に復活。
ええそう。徐々に冬毛が生え変わるように、なの?


さてっと。この前カテゴリーの整理したときに、
記事のすくニャイのがあるニャと思ったら、
あにゃたっ。
えめるの恋愛論だったのよね。
えめる、物語り好きなだけに、想像力(妄想力?)はあるんだから。
んで、それいってみよっ。


恋愛において気をつけることってことで、喋っちゃうのね。

違和感。

これってね、日常生活でも、色々あると思うのね。
忙しくてつい見逃しがちでも、
つもり積もれば……大きな罠だったりしますの? こわい……


わかりやすい例ね。

朝起きて、何時ものように家をでた。
あー。なんかやけに太陽が眩しいニャ。
くうきもきれいーっ! 深呼吸してみたくなるニャな。
おっと、急げ急げ。
あれ? 何時ものあのやたら背の高いオッサン、みなかったなー。
あれ? 道行く人がなんかお洒落に見えるのは、
春の太陽のせい?
バス停がみえた。
はっ……誰も居ニャイ……
休みだった……

はいっ。まあ、ここには沢山の違和感があったよね。
深呼吸したくなった時点で、
身体は既に何かを感じ取っていたのかもしれませんね。
今日はお休みのんびりよって。

え? これじゃ恋愛論じゃないって? やだ、ほんとだー。

んじゃ、この下でえめるが身勝手なこと喋るんだから、
怒らない人だけ開けてみてね。
途中退場ももちろんご自由にどぞですニャ。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

錯覚したニャ?

ふっかーつ! みなさんにココロから、ありがとニャーッ!

  

書き掛けだったものを続けて書くのニャ。恋愛論の続きだニャ。

 

 ネコでも分る(ネコしかわからニャイ)恋愛論。

今回は「錯覚」です。

また、だらだらといくのニャ。

  

 錯誤。思い違い、勘違い。

そんな人だったの、見損なっていたわ。

ま、人間誰しも、間違うことはあるわけで。

だからこそ、詐欺というものが成立するんですニャ。

している人、そんなことやめて、その人と結婚しようね。

墓場に行ってね。意外と幸せかもよ。

  

  でもね、錯覚といっても、

全く間違った解釈とは限らないんじゃないかな。

  

  例えば。外見はきれいにしているのに暮らしぶりはだらしが無い。

これは相反さないのかもよ

自分をきれいにすることで満足しちゃって、

他はどうでもよくなっちゃったんだね。

例えば、自分の車の中は異常にきれいにしている人が、

ゴミは投げ捨てしてたりするんだよね。 おいこらっ! ぺしっ!

 

  例えば。 正義感に溢れるリーダー的存在の彼、

家では奥様に頭が上がらず、子どもにまで馬鹿にされ……。

そりゃ苦労が耐えないな、と思ったら大間違いよ。

それどころか逆に家族からの仕打ちが、心地よかったりなんかする。

  正義の味方だって、家族を裁くことまではしないよね。

外で頑張ってるぶん、家ではリラックスしたい。

外での自分とのギャップを埋める作用かも知れないよ。

その表れニャ。よしよし。いい子だニャ~。

  

  つまり人間には、色んな面があって、

それらが上手くバランスをとって、

一個の人格を形成しているというわけ。

  んー、ということは、受け取った第一印象

それと相反するような一面もあるのかもしれないと推察すること。

これで、解決ニャ!

  

  いやいや、待て待て。

ここで終わったんじゃ、何の意味も無い。

当たり前すぎて、えめるだって自分に対して

爪を立てたくなっちゃうニャッ!

  んじゃ次は、前回に倣って、ネット恋愛の錯覚

 ↓ 続きへGO! 

続きを読む

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

えめるの恋愛論ニャ。

 愛は惜しみなく与え、求めない

それをもう少し突っついてみるのニャ。つんつん。

  

「いなくなって、初めて気付いた。

あの人がどんなに大きな存在だったかということに……」

  はい。よく聞くシチュエーションですよ。

メロメロなお話ですよ。もう、えめる立ち直れないよ……。はぁ?

でもこのことは誰だって知ってるんですよね。頭では。

  

  んでね、コメント読んだり書いたりしているとき、チラッと思ったのニャ。

究極は、相手に気付かせないことだって。

「全く何処まで禅問答じみた考えなんだよ、このネコはっ!」

という声が……自分のなかからも聞こえた(笑)

  

  でもせっかく来てくれたんだから、

もそっとネコのお喋り、聞いてく?

今度こそえめるの「恋愛論」 を。

「恋・愛論」じゃないよ。よかったね。なにが?

んじゃ、続き、行ってみて。

↓ GO!

続きを読む

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle