スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NARCISSUS -スイセン-続

 ***

 その三面鏡は、去年ヨーロッパのロケ先で買ってきたものだった。

骨董屋の奥で、ひっそりと埃をかぶっていたのをみたとき、

運命的な出会いを感じたといったら大げさだろうか。

店主がハンカチで埃を払うと、

細部まで施された水仙の花のレルーフが浮かび上がった。

かなりの年代物らしいが、かつての持ち主から大事に扱われていたらしく、

つややかな表面に傷ひとつ見当たらない。

引き出しにはおそろいの手鏡が入っていた。


大きな鏡を開くと、そこが暗い部屋にもかかわらず鏡に映った景色は意外に明るく、

温度さえ違っているようで、そこに映った私は生き生きと見えた。




私はそれがほしくてたまらなくなってしまった。

店主が何か説明していたが、私は鏡を覗き込むことに夢中で、

彼の流暢な英語は私の耳を通り過ぎていった。

手持ちがなかったので金額をメモに書いてもらい、

次の日現金を持ってもう一度その店に足を運んだ。

出迎えた店主に三面鏡を指差しながらお金を差し出すと、店主は驚いた顔をした。

ああ、こういう店では値切るのが当たり前だったと思い当たったところで、

今さら出したものを引っ込めにくく、そのまま送料込みということになった。

そして今はこうして、私の部屋にあるというわけだ。


それが今では、安い買い物だったと思えるようになった。


毎日、この鏡を覗かずにはいられなかった。

泊りがけの仕事の時には、必ず手鏡を持っていった。

毎日この鏡の前でセリフの練習をしているが、

不思議なことに、どんな長いセリフも一度声に出して読むだけで、

完璧に覚えられたし、演技も、これ以上ないと言うくらい自然にできたのだ。


私は、他の人の役も全て、鏡の前でやってみた。

どの人物も、生き生きとしてまさにそこに存在しているかのように動き回った。

これが、私の本当の力か。

いいえ、この鏡こそ、私の力量を引き出してくれる魔法の鏡なのだ。




「最近のリコちゃんは、なんか輝きが増したね。

演技しているっていうより、その役本人がそこに立って喋っているとでも言えばいいのかな。

とにかく、一皮むけた感じだよ」

私はその年の映画賞を独り占めだった。



「では明日、ちょうど12時にお伺いします、ゆっくりお休みください」

「ありがとう、お疲れ様」


マネージャーが帰ったあと、私は部屋を移り、鏡の前に座った。

私のほかに、誰も鏡の存在を知らない。

居るとすれば、あの店主、そして過去の持ち主だけ。

でも、彼らがこの鏡の不思議な力に気が付いていたかどうかは分からない。

もし気が付いていたならば、

この素晴らしい鏡を骨董屋に預けたり、素性も分からぬ東洋の小娘に

売りはしないだろう。



左右に開くと、私だけの舞台が広がった。

小さなフロアーライトだけでも、鏡の中は充分に明るい。

この分厚いガラスには、周りの光を集める作用があるのだろう。

台本を開き、セリフを読み始めた。

今日はいつもより、長い詞回しが多いわね――

ここではどんな表情がいいかしら、見る人が共感できる、そのもう一歩先の感情まで

手を伸ばして、魂を揺さぶるような――


表情をもっとよく確かめようと、身を乗り出した。

一瞬目の前が揺らいだような気がした。

地震かしら――

時間を確かめると、夜中の2時を少し周っていた。

違うわ、世界が溶け出したのよ――

私の声が聞こえた。どういうこと?

それからすぐに全身の力が抜けて、

体がぐるりと回転したような感覚と共に、世界が白く変わった――




私は目を覚ました。

部屋中に光が溢れていた。

こんなに眩しい場所に出たのは、いつ以来だろう。

最初は確か、1608年だった。貴族の娘カーネリアンの人生は、

その次の富豪の愛人のときほどは面白くなかったけれど。

他にも裕福な女たち何人かの人生を私は乗っ取った。

この娘の人生は、さて。これからどう演じていこうかしら。


頬にセーターの網目のあとが残っているわ。

あとでシャワーを浴びて、消しておかなくちゃ。


鏡に映った姿に微笑みかけてみた。

いい笑顔ね。お上手。

ごめんなさいね。しばらくの間、この体お借りするわよ。

安心して。私が全部上手くやっておいて上げるから。

あなたのことは、良く分かっているわ。

どんな風に喋るのか、どういう声で笑うのか、

私は毎日あなたから教わってきたんですもの。

そして私は、あなたよりずっと上手く演じることが出来るわ。

いつかは分からないけれど、飽きたらちゃんと返すわよ。

それまで、さようなら。

ほら、マネージャーがチャイムを鳴らしているわ。

私、ベッドに入って寝た振りをしなくちゃ。

三面鏡を閉じて、カバーをかけた。


*** 
スポンサーサイト

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

NARCISSUS -スイセン-

 ***

 私は主演映画で華々しくデビューをかざり、アイドル的な人気女優として

テレビドラマの主役をいくつもこなしてきた。

そして今回もまた視聴率欲しさの、くだらない恋愛ドラマだ。

「さぁリコちゃん、いつもの素の感じで、今回もよろしく頼んだよ」

 画に描いたような金満プロデューサーが私のブラウスの肩を軽く叩き、

その汗ばんだ感触が、脂肪だらけのたるんだ腹を連想させた。

私はわずかに呼吸が浅くなっただけで、不快な感情を微塵もださず、

笑顔で返事を返した。

 素を演じるなんて、変な話だ。演じないから素というのだ。

この人は私のことなど何も分かっていない。

このセリフのように恋人にあれこれ詮索する言葉は、決して言わないだろう。

全く、誰ひとり分かっちゃいないのだ、私のことなど。

ここに居るのはみんな、視聴率という数字しか頭の中に浮かばない、

まるで頭陀袋のような人間たちばかりだ。

 毎日毎日、ニコニコと愛想良くしていれば仕事が回ってくるのは、

今のうちだけ。飽きられたらおしまいなのだ。

あとはスキャンダルで注目を集めるか、ヌード写真集で糟糠をしのぐか。

まったくそんなの、冗談じゃない。私はもっとまともな演技がしたかった。

見るもの聞くものが心打ち震えるような、本物の言葉を吐き出せる女優になりたかった。



「リコちゃんお疲れ。今日もいい笑顔だったよ」

 今日もいい笑顔――おそらくは明日もあさってもそうだろう。

でも私は、家でこんな笑顔なんて浮かべない。

あの部屋の鏡の前ではできるのだ、

敵を作らないための番人向けの笑顔でなんかじゃない、心から湧き上がる微笑みが。

もっと伝えられるはずだ、心の奥の安全地帯をえぐるような悔しさや、

胸が押しつぶされて息もできないほどの、哀しみが。



「芸の幅を広げたいんです」何度この言葉を言ったところで、

事務所に頭を下げたところで、「もう少し待ちなさい、君はまだ若いんだから」と

軽くいなされるばかり。何を待てと言うのだろう。

24歳という年齢の意味を考えてみたが、

売れるうちにどんどん売って儲けようという商売人の魂胆が

見え隠れするだけだ。


楽屋に戻りメイクを落とすと、人生に疲れた顔の老人のようだ。

睡眠不足だなあと思いながら、マネージャーが指し出すビタミン剤を飲み下した。


マンションに戻りベッドに倒れこむと、マネージャーが言った。

「明日は11時から撮影ですので、9時にお迎えにあがります。ゆっくりお休みください」

迎えに来るというのは言葉のあやで、

寝起きの悪い私を起こして身支度させに来るのだ。

「分かったわ。じゃあ9時に。お疲れ様」

最後は自分に向けた言葉かもしれないと思った。

マネージャーが部屋の鍵をかけ、出て行く気配に耳を澄ます。

通路を歩く足音が遠ざかり、

私は起き上がると部屋の隅の三面鏡の前に座りなおした。

(つづく)

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

「お喋りな猫」

* * *
え? 佐山君、何いってんの? ここは私の部屋よ。

さっき勝手に冷蔵庫開けてマハロ飲んだの許しただけでも

カナリ大目に見ているわけ、わかる?

ちょっとぉ、もっと味わって飲みなさいよ。

それ、マハロよ、マハロ。そこいらの水とは違うんだから。

なにがって、箱で纏め買いは当然としても、

日本のお水じゃないのよ、ハワイから運んできたお水なのよ。

佐山君、ハワイに行ったことある? ないの? え、あるの?

私のうちじゃ、毎年ハワイよ。お父様が破産するまでは。

でも、そんなことどうだっていいの、

だって私はもう、あの家から出たんですもの、過去の話だわ。

え? 高いお水だなですって? まだお水の話しなの? 仕方ないわね。

そうよ、高いわよ。でもね、言っておきますけど、

私はこのお水が大好きだから飲んでいるの。

水道の水なんてくさくて飲めたものじゃないって、

アナタだっていつも言っているじゃない。

お酒、エビアンで薄めて飲んでるじゃない。

だからアナタに、とやかく言われる筋合いはないの。

いいえ、たしかに言ったわよ、少なくとも心の中では言ったはずよ、こんなふうにね。

狭い部屋で、着たきりネコ雀のくせに水は高いのじゃなくちゃダメだなんて、

バカみたいだって。

いいえ、顔にちゃんと書いてあります。

な、何よ、今度は食べ物にまでけちつけるっての?!

違うわよ、そういう食事がすきなのよ!

ドライフードが好きなのよっ! 

彼方だって、ドライビールが上手いって言ってたじゃない。

え? ドライの意味が違うの?

イイのよ、そうやって笑って馬鹿にしていればいいのよ。

お水にこだわるのだって、ちゃんと意味があるんだから。

10年経つ頃には大きな違いが出るんだから。

ひとの体の構成成分、7割がお水なの、知っているでしょ。

ちょっと、聞いてるの佐山君。私が今なんていったか言ってみて。

たんぱく質? 脂質? 毛質? そうじゃないわ、もういいわよ。

もういいから、あっちに行っててくれないかしら。

身支度したいのよ。

どうしてって、人と会う約束があるからよ。

彼方とは比べ物にならないくらい、彼方なんかよりその100倍くらい、

私のことを理解してくれている人と会うの。

三角公園のドカン山の上で、待ち合わせてるんだから。

あ、でもその前に、私のお食事、まだ?



なーんてさ、このネコだったら、喋りそうだよな。

はいはいわかったって、ほらほら、お待たせ、無添加高級フード。

水も新しくしといたよ。はは、うまいか? よしよし。

俺はこのキャベツでもかじっとくか。

最近太りすぎだったからな、ちょうどいいさ……

あー、肉くいてぇ……


え?ああ、外に出たいのか。

暗くなる前に帰って来いよ。

って、言っても分からないよな、ネコだもんなーお前。

なあ、ずっと、この部屋に住んでいてくれよな。


「ニャ? ^・ω・^」

* * *

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

兄さん

***

 僕には2つ違いの兄さんがいた。

兄さんは頭が良く、人望も厚かった。僕に対しても何かと面倒を見てくれて、

僕はそれが嬉しかった。兄さんを心から尊敬していたのだ。

だから頑張って同じ大学に入ったし、サークルも既に決めてあった。

兄さんのいる山岳部だった。

「こいつ、俺の弟なんだ。良く似てるだろ。よろしく頼むよ」

みんなから温かく迎えられて僕は、そのとき何をしゃべったか思いだせないけど、

部室の薄暗い中で兄さんの周りがひときわ明るく輝き、

自分も兄さんが作り出す光の中にいられて幸せだったのを覚えている。

僕は兄さんの後ろ姿を追いかけながら、輝きをおすそ分けしてもらっている、そんな感じだった。
 

 しかし兄さんはその年の雪山登山で

僕たち部員の目の前から一瞬で消え去ってしまった。

安全そうに見える平らな場所の雪の下に、深く切り立ったクレバスが隠されていたのだ。

レスキュー隊による懸命の捜索も虚しく、遺体はとうとうみつからなかった。

長く尾を引く兄さんの声が、そのあとしばらく耳について離れなかった。



「あの出来事から、もう5年ね」

 ぶ厚いコートのフードの中から、彼女がしみじみとしたようにつぶやく。

僕はその冷たい手を握り、自分のコートのポケットに押し込んだ。

 彼女は兄さんの恋人だった。そして今は僕の婚約者。

共通の大切な存在を失った僕たちは、

互いを慰めあう気持ちから、いつしかそれ以上の感情を持つようになった。

世間では良くある話だろう。

「兄さん。僕たちの結婚を、許してくれよな」

「怒ってなんか、いないわよね」

 墓前で手を合わせた。先ほどから降り始めた雪が目の前をちらちら掠めていく。

兄さんはどう思っているのだろう。辺りは静かで、何の音も聞こえてこない。

「なんだかあの頃のことがみんな、夢のようだな。

兄さんがいて僕がいた……何だか幸せな夢を見ていたようだ」

「あら、今は幸せじゃないって言うの?」

 彼女が体を寄せる。拗ねた口調だったが、目は笑っていた。

「ごめん、そういう意味じゃないんだ。もちろん、今はとても幸せだよ。

こうして君と一緒にいられる」

僕はポケットの中の手に力を込め、やわらかい彼女の手の感触を確かめた。



「今でもときどき、兄さんが僕のことを何所かで見守ってくれていると思うときがあるよ」

「えぇ。きっと、そうね」

 供えた花びらに、うっすら雪が残り始めた。

「さあ、帰ろう」

 そう言って車に戻りながら、僕は考える。今歩いている身体は、

本当に僕なんだろうか。兄さんを慕って、後姿を追いかけてばかりいた、

あの頃の僕と同じなんだろうか。

この心は、本当に僕自身なんだろうか。兄さんに頼ってばかりいたあの頃の僕と、

同じ心なんだろうか。

もしかしたら兄さんが、僕の中にたましいを残して生きているんじゃないだろうか。


 墓前で結婚の報告をして間もなく、

兄さんと同じところにほくろが出来ていることに気がついた。

確かに以前はなかったところに、気がついたら出来ていたのだ。

彼女を抱くとき、なぜか自分じゃないような気がするときがある。

僕の体が2重になっているような変な感じだ。

その感覚が、さいきん日増しに強くなってきていた。

もう5年も立っているのに、なぜ今になって……

 やはり、兄さんは僕の中で、まだ生き続けている、そんな考えが

大きくなってくる。自分でも可笑しいと思うのだが、感じ取ってしまうのは仕方ない。

 兄さんは死んだ後も、彼女のことをまだ愛しているのだろうか。

僕に任せておくのが心配になったんだろうか。

出来の悪い弟が、大きな過ちを犯さないようにと、

僕の後ろで監視することに決めたというのだろうか。

 僕はその考えを振り払うべく、大きく背伸びをして両腕を振り回した。

「ねぇ、そのくせ、お兄さんソックリね」

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

「箱庭」

青天のへきれき あなたが消えた

何もかも置いて 体だけ消えてしまったみたいに


夕べの飲みかけのコーヒーカップを 呆然と眺めているあたしは

途方にくれた迷子の子猫



誰かにききたくても あたし あなたの友達ひとりもしらないんだ

(あなたもあたしの友達を知らない)

バイクの後部座席に すわってみた 

そこが あたしの指定席


何も手につかず 途方にくれる 日曜日





「おまえさあ、何が楽しくて生きてんの」


初めてふたりで海に泳ぎにいった日

眩しげに海を見ながら あなた聞いたよね

あたしはなんて答えたんだっけ


続きを読む

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。