スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽と生物

きのうとおとといは、何だか眉間の奥がむず痒かった

おしりの上辺りもむず痒い感じがした

特にきのうはかなり眉間がモヤっていて、眉間にしわよせちゃったじゃニャいかョ

同じ人、いますか?


この感覚は以前にもありましたなー

頭痛とは違うんだけど、なんかモヤがゆいおでこの奥の脳ミソつまりは前頭葉

おでこを擦ってみたり、手のひらでトントンしてみたりして過ごしてました


強力な太陽フレアの影響かもしれません

しかもいま太陽は、でかーい黒点が地球に面しているんですっ!

宇宙天気ニュースを見てくだされ^・ω・^うわっ

まだまだ油断はできんなコリャ



以前にも書いたと思うが、人間も微弱な電気を持っているのです

その流れが、いわゆる「気」と言われるものなんですかニャ

流れがあると言うことは、つまり体を電気様のものが循環しているわけで




太陽の表面で爆発現象(フレア)があると、いろんな物質が飛び出してきます

向きによっては、その一部が二~三日かけて地球に届くらしいんだが

ちょうど来た感じ

でも雨曇り空でしたからすこしマイルドになったんでしょうか?




^・ω・^バカな人だけこのしたご招待


続きを読む

スポンサーサイト

シュレッダーの猫

久々に理科のお話でもしてみっかなと思いまして。


最近たまに目にする量子力学という言葉に

猫のカギ爪引っ掛かるものを感じてはいたんです

でも数式とかムリだからさ^・ω・^たはっ

というわけでほっといたんですけどね


そんなネコでも、あのシュレッダーの猫の話は

きいたことがありますハイ


え? そんなの話はないですと?

おかしいな^・ω・^有名な話だと聞いたんだがなチミが知らないだけじゃない?


だからさ、ほれ、猫と特別なシュレッダーを同じ箱に入れておくデショ?

で、猫がシュレッダーにじゃれつくわけですね

で、もしかしてうっかり爪が引っ掛かってしまうと

猫は巻き込まれてなんともスプラッタ悲惨な結末になるわけですヒャー

一時間後に箱を開けてみるまで、猫が生きているか死んでいるかわからない

生きた猫と死んだ猫。

箱の中に、それぞれが50%の確率で存在している……

そんなかんじで猫が一匹増えちゃうみたいな話よ


(ウ~ム明らかに間違っている似ていなくもないw)


続きを読む

びりびりしている人間

2014五月病企画。下書いたやつを救い出せ

いや、いつものことだけど書き始めてほったらかしたのがたまってるんです

ごおるでんは概ね部屋に籠るタイプです


@@@@@@


ネコのお部屋に来てみれば

あーまたなんかスッゴクだめそうなタイトルだナ~と思った?

ふひ^・ω・^

つくづく雰囲気だけでやってるブログだよニャ~

でも実際さ、科学も雰囲気に過ぎないんだから

すたっぷナントカも雰囲気で存在してるんからな(そーなの?)

だからさっ

雰囲気で成り立っているえめるのお部屋は実は

と~っても科学的なんだよっ(なんかすごく違う)




しかしりけんの才女は悪びれないね

あの気の強さを見習いたいもんですニャと憧れさえ抱いちゃったわ。あ?

そもそも

あーじゃないかなこーじゃないかな的な半信半疑を

実験数値で見せて、いかにも在るように見せかけるのが科学なんでしょ?

こんな感じよ↓

「この膨大な実験結果の数値を見る限り、○○が在るようにしか考えられない

だからこれは在るというのが正しいに決まっているのだ!」

って、一見証拠らしきもの、実はあくまでも憶測に過ぎないものから

強引に持論を振りかざすのが科学だとおもうんだけど違うの?

「こうだったらいいな~」をいかに「こうに違いない」に見せるかが勝負の世界なんだよ

(基本的になにかが違うような気がしますが、

現代においては研究費獲得のための研究にならざるをえないって問題がありますからね……)

そーよ分身。わかってるじゃない

世のため人のため医学のためになるという大義名分で、医者とか製薬会社とかその利権がらみと政治家が儲かりそうな

そーゆー研究にしか国はお金を出したがらないんだから仕方ない


いーのかよ、それでいーのかよ世の中(いーんじゃない?)

あーもうっ

すたっぷより、人体びりびり研究のほうがよほど真実を暴いているじゃないか

と突然、訳のわからない話になるわけです

続きを読む

波長とか波動とか

いや、オカルトの話カテゴリーでもいいんだけどね
波長って文字が科学の雰囲気だったから一応

やはり科学とオカルトはひとつだニャ
(などと科学の知識がないネコが言ってるわけで)
世の中の常識と違ってても気にしニャいっ
違いと間違いは区別してね
えめるのはきっと間違いのほうだからな

そんなだからさ^・ω・^正しいのと普通の脳みそさんはこのお部屋向きではありません
バカなネコだなーと笑って許してくださる人だけお入りくだされ



この前、世界はすべて波動である、みたいな言葉をどこかで見たのです
(あのオカルト板の書き込みですね)

で、ハテナ、なんじゃそりゃと思い考えてみたら
あー言われてみれば確かにそんな気がするなーと思った

何ですか見える光とか色は波長なんだそうですね
しかも光は粒子の性質も併せ持つ、
なんて小難しい話はしませんできませんわからニャいっ

で、色の波長ってのは、それぞれの固有の振動数のことを表すんだろ?
光が物に当たって、ある振動を跳ね返すと
それが目に刺激となって伝わり、色として認識するんですよね
でさ、なんで物によって違う色を跳ね返すのかなー、ってのも、ま、いいや

物体は原子とか分子レベルで、それぞれ固有のプルプル加減が決まっているのかな?
そういうのは温度によっても変わるよね?
ってのも、ま、いいや

で、緑色と赤色の波長は違うわけだニャな
赤い光は波長が長いとか何とかで、大気などの障害物をうまくすり抜けて
遠くまで届く色だから
信号の停まれのいろに採用されたとか聞いた
それは、赤色を人が見たときに本能としてハッとする色だからかな
なぜハッとするかと言えば、血液のいろだから?
怪我して血が出てたら命に関わることかもしれんよね
他にも赤は情熱のいろと言いますから
赤は命そのもののいろと言っても過言ではないでしょうニャ。と大げさに言いました

続きを読む

すごい詐欺は常識に化ける

タイトルを見るとどうやら今日の理科は、

ばけがくってことなるんだろうか(違うようです)ま、いいか

ここは^・ω・^バカとかアフォとかダメとか変なひと限定のお部屋です

うっかり立ち入ってイラついたからって、えめるのせいにしないで下さいよ

えめるがバカなのは運命と自業自得の合わせ技だろうから仕方ないの

ちみにどんな感情が起きたって、そりゃちみ自身の心の問題なんだから頼むよ



田舎のカレンダーの裏に印刷されていた家庭菜園ごよみを見ていたらさ

野菜ごとの育てかたと共に、農薬の使用方法が書いてあった

一覧表でまきどきと収穫期も分かりやすいニャーと眺めていたんだ


ところで、風邪引いても風邪薬を飲まずに何とかするし、頭痛も水飲んで休めばなおると思ってるし

食べ過ぎ飲みすぎはひたすら己の消化能力に期待して待つし

特定保険なんとか食品は無用の長物だと思っているし

お肌にあれこれ塗るよりもさわる時間を少なくしたほうが簡単に美肌になる事に気がついたし

小難しいエクササイズやるより裏庭の地面ほじくり返してる方が楽しくて健康的だし

そんなめんどくさがり薬キライの自然体ネコといたしましては

畑の野菜も、自然が好き、農薬が嫌いなんじゃないかと思いますよ当たり前か?

で、リンゴの木村さんを思い出した

自然はそのままで完全なんだってことを私たちは忘れがちです


話それるけど、ここんとこ暫く流行っているんだかなんだか知らんが植樹イベントってあるじゃん

続きを読む

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。