変換するニャ。

一発変換バトンー。バトン

Q1 神は死んだ (かみはしんだ)
A1 「髪は死んだ」だから質のいいシャンプー使いなさいって言ったのニャ。地肌なんだからね大切なのは。もう君、嘘だと思って一週間透明化粧石けんで洗ってみなさいよ。地肌生き返るから。この情報は有料にしたい程よ。
Q2 十一時二十八分九秒 (じゅういちじにじゅうはっぷんきゅうびょう)
A2 「十一時二十八分急病」 こんな夜更けに全く面倒ニャ。あ、もしもし、家族が倒れたんです、ええ重度のベ〇ピで苦しいっていったあといきなり……。
Q3 君も鏡見に来たの? (きみもかがみみにきたの?)
A3 「君もかがみ身にきたの?」 ん?何が身に来たって?屈んでわが身に降りかかるもの、何? つまらん変換しちゃったニャ。みんなに謝れPC!
Q4 髭男爵氏も大喜び (ひげだんしゃくしもおおよろこび)
A4 「髭団杓子も大喜び」 ヒゲ男どものむさ苦しい集団。団長はその権威を表す杓子を掲げあげているの図。ネコも杓子も大喜び、より更に高度な喜びの表現ニャね。
Q5 ラーメン紫陽花亭 (らーめんあじさいてい)
A5 「ラーメン味最低」 予想通り。
Q6 ノリノリで恋したい (のりのりでこいしたい)
A6 「乗りのりで恋い慕い」 意味は特にかわらにゃいけど? 恋したら誰だって気分は乗りのり。 ……あっ。
Q7 黒うさぎちゃん (くろうさぎちゃん)
A7 「苦労詐欺ちゃん」 新しいドラマのタイトルにしても良いよ。天才詐欺師、生き方に問題あり、ゆえに無駄な苦労をしつつも毎回何とか切り抜け、結果的には大成功。
Q8 岡山県玉野市田井 (おかやまけんたまのしたい)
A8 「岡山県球の死体」 予想通り。あ、玉だったけど。下の名前が県球。立派なものだから名前負けして殺されちゃったんだニャ。なむなむ。
Q9 浅香唯 (あさかゆい)
A9 「朝かゆい」 朝かゆいところ、皆さんのアンケートをとりたいものだニャ。ちなみにえめるは、〇〇こ。……おいっ!おでこだニャ!
Q10 巨峰咳しながら食べる (きょほうせきしながらたべる)
A10 「居宝石しながら食べる」 意味わからにゃい。「貴方も一緒に、居宝石する?」「居宝石っていいよね~」「いつかは居宝石するのが夢なんだ」 よしっ、その夢応援するニャッ!
Q11 素敵やん? (すてきやん?)
A11 「素敵ヤン?」 そのまんまやん? あるいは中国系のすてきなヤンさん?
Q12 結婚・・・したい (けっこん・・・したい)
A12 「結婚・・・死体」 うわっ! サスペンスドラマにゃっ! 昨今は「結婚。即、死体」となりますか?
Q13 彼女のですます口調 (かのじょのですますくちょう)
A13 「彼女のデスマスク長」 その彼女が所属している団体の長(おさ)は、デスマスクをかぶっているんですニャね? 息苦しかろう……。本当に死ぬよ?はい、酸素ボンベ。
Q14 トイレ洗浄 (といれせんじょう)
A14 「トイレ戦場」 予想通りでショー。みんなこうなるでしょ?
Q15 二往復 (におうふく)
A15 「におう服」 あっ、臭うのか、匂うのかで迷ったね? 機械も迷うんだ~。 えめるは「仁王服」を予想したよ。布巻きつけたやつね。
Q16 なまはげー無視すんな (なまはげーむしすんな)
A16 「生はゲームしスンナ」 ???ゲーム死スンナ、とはならかった。
Q17 四年二組 (よねんにくみ)
A17 「四年に組」 平成4年?組が出来たんですニャネッ!  いや、小学4年のときにその筋の組のあとを継いだ? それとも就活でしたか?青田買い。
Q18 見猿言わ猿聞か猿(みざるいわざるきかざる)
A18 「見ざる岩ざる着飾る」 着飾った格好の岩サルが、こちらを見ていない。
Q19 福袋買った (ふくぶくろかった)
A19 「腹部黒かった」 コレもわかっちゃうよ~(笑) 腹黒い人は苦手ニャ。 黒雲のようなオーラが出ています。こないで~。
Q20 分かったろ離婚は日本の文化だ (わかったろりこんはにほんのぶんかだ)
A20 「わかったロリコンは日本の文化だ」 コレしかにゃいでしょ。まさか違う変換になった人いるのかニャ? 

このバトンに回答する / 回答した人を見る

変換してみたけど、意外とまともだったでしょ?

とんでもない変換になる人って、どんな?

みなさんの答えも、見てみたいのニャね~。

やってみたい方。バトンご自由にお持ち帰りくだされ。 

    バトンカテゴリーを作っちゃった人といえばD-3さんっ♪

    ハニーには期待をこめて回しちゃうよ。こめこめ。どぞっ。

    あ、強制じゃありません。ネタに使えそうだったら、ねっ。

  人気ブログランキングへエッセイ・小説

スポンサーサイト

テーマ : コトバ
ジャンル : 小説・文学

天使の花はしご(15)

あ、いらっしゃい。 えっ?泣いてなんかいないよ。

      ちょうど今、あくびしたとこ。

    貸してくれるの?やさしいね、ありがとう……。

    アンパンマンのハンカチ。

  

(前のお話14へ)

ここは小高い丘の上。

天使が一人で空に向かって呪文をとなえていました。

 

「ねえ。わたしの大切なウサギさん。

天国のおとう様に伝えるの。

お父様は神様に。神様はお空にいらっしゃるから

宇宙にむかってこういうの。

じゃむジャムちょこなむえめらんま。」

二度目のじゃむジャムを言い終えると、

天使と同じ大きさのウサギが現れました。

天使はタマシイの運び屋であるウサギに、

タマシイの入ったガラス玉を渡しました。

「さあ、もといた場所に帰るのよ」

 

ガラス玉の中身は、この世に生を受けることの出来なかった、

グレンドリン伯爵の愛人の赤ちゃんでしたね。

でも、天使がそれを見つけるのがもう少し遅かったら、

無垢なタマシイも天使も、地獄行きになるところだったんです。

むずかしいお仕事を終えて、

天使はウサギの消えた空に向かい手を振りました。

「また生まれておいで。今度こそ……」

雲ひとつ無い星空に、チカリと白い星がまたたきました。

 

「はあーあ……ふうぅ」

天使は可愛い口を開けて、大きな息を吐き出しました。

「あれぇ、ヘンだな。あたし眠くなっちゃったのかなぁ……?」

でもそれはあくびではなく、

本当はため息。

天国では空気中に癒しの力がこめられているため、

今までただの一度も、疲れを感じることがなかったんです。 

それから天使は、二、三歩地面を蹴ると

ふわりと浮かび上がりました。

  

天使が壁を通り抜けて部屋に戻ったとき、

フィズはすでに、静かな寝息を立てて眠っていました。

天使はそのそばに行き、そっとお休みのキスをしようとして

ハッとしました。

月あかりで、彼女の頬に

涙のあとが見えたのです。

「ガルド……」

死んだ恋人の名を寝言で呼んでいました。

「フィズ、もう少しだけ待っててね。きっと、なんとかしてあげる……」

そう言うと、フィズのおでこにキスをし、

ふわふわ飛んで壁を通り抜けると

居間のソファーの上に仰向けになりました。

昼間の疲れで、天使はあっという間に夢の中に入っていきました。

天使って、いったいどんな夢をみるんでしょうね。

 

 

さて次の日、天使が地上に降りて三日目のことです。

朝からのガルドのお葬式が無事に済むと、

フィズもこの日ばかりは剪定ばさみを磨いただけで、

あとは部屋にはいってカギを閉めてしまいました。

 

昨日一緒に庭の手入れをしたときは、あんなに元気そうに見えたのに、

今日はいったいどうしたのだろうと

天使が気にするのは当然かも知れません。

本当は悲しくてしょうがないのに、フィズは無理して元気そうに振舞っていた、

その事に気が付いていないんです。

天使は疑う事を知らない存在です。

 

ちょっとした好奇心でドアを通り抜けた天使がみた風景は……。

  

「フィズ! だめっ!!」

手入れの行き届いたハサミが、フィズの胸元で

ギラリとした光を見せました。

フィズは何を……!?

 

(次のお話16へ)

テーマ : 自作小説(ファンタジー)
ジャンル : 小説・文学

まいこー。

えめるの大好きなマイケル・ジャクソン。

死去。

宇宙人でした。

ピーターパンは

ネバーランドに帰っていったのです。

 

きっとこのことは、皆さん思うことがあって、

ブログにかかれる方も

たくさんいらっしゃるでしょう。

だから言いたいことは皆さんに任せます。

 

今夜私はティンカーベルになって

マイケルのCDを聴きながら

こころ静かに過ごします。

 

今夜はこれまで。

おやすみなさい。

 

テーマ : (´・ω・`)
ジャンル : 日記

つっこむニャ。

今だ!突っ込め!!バトン

Q1 2度もぶたれた! さあツッコミを!
A1 あ……。いかん、何もいえない……。あまりのショックに涙がじわっ。 んなわけないニャ。むっとした顔で二倍ぶち返す。「ばかばかばかばかっ。何もわかってないよっ」あれ、もしかしてちょっとかわいい?
Q2 デスノートに名前を書かれてしまった! さあツッコミを!
A2 うはー。こりゃ参ったニャ。どうしようもなかろう。書いた相手が分かるのなら、対処のしようがあるのか?消せるのか?「けせっ!今すぐ消してくれっ!」という。消せなかったら相手の名前も書いちゃうから。
Q3 「あの機体(とりあえずガンダム)に乗れるのは今は君しかいないんだ」と言われた。 さあツッコミを!
A3 「そうだと思ってたニャッ! よしっ! やってやろうじゃニャイのッ! あっ、責任はそっちで取ってくれるんですよニャッ?!」
Q4 友人に電話で「もしもし?お前の家なんか燃えてんだけどw」と言われた! さあツッコミを!
A4 「またぁ!? もう慣れた」
Q5 「パトラッシュ・・・僕はもう・・・疲れたよ・・・」 さあツッコミを!
A5 「んじゃ、ワンコのお手てでもみもみもみ」
Q6 銀行に行ったら、銀行強盗に出くわし人質にされてしまった! さあツッコミを!
A6 「テレビに映るんでしょッ!? かがみ貸して!」
Q7 何故か鼻血が止まらない! さあツッコミを!
A7 「鼻血で死んだ人として名を残せるのかな……」
Q8 突然テレビの中からキャラクター(貴方好みの)が出現した! さあツッコミを!
A8 「うわっ! びっくりしたあ! 仲良くしましょうニャ~」
Q9 怪しい黒ずくめの男に薬を飲まされ体が縮んでしまった! さあツッコミを!
A9 「これで名探偵としての能力が手に入ったわけだニャ……よしっ!」
Q10 同級生が笑いながらナタを振りかざし襲ってきた! さあツッコミを!
A10 「あははー、やめてよお……(あれ、マジ?)さあ来いっ!!」と構える。
Q11 パ〇ーに「僕は海賊にはならないよ」と言われた。 さあツッコミを!
A11 「んじゃ他の人さそう」
Q12 街を歩いていたら何故か宇宙人と遭遇した! さあツッコミを!
A12 「私も連れてって下さいニャっ!」
Q13 屁をこいたら周りの人間が一斉にこっちを向いた! さあツッコミを!
A13 「あ、空気だからね。どこにでもある酸素、窒素、二酸化炭素、微量のメタンの混合物」
Q14 朝起きたら髪の毛が1本もなかった! さあツッコミを!
A14 「うわあ。寝ているうちに盗まれたあ」
Q15 このバトンを3人に回せと言われた! さあツッコミを!
A15 「あれっ?5人じゃなかったいの?まわすのはD-3さんひとりですけど、なにか?」

このバトンに回答する / 回答した人を見る

という答えが出たニャ。

相変わらずバトンは面白いニャ。自己満足。

皆様も、お一ついかがですか? 

色も選べるニャよ。バトン24色セット買ったから。

 

という訳で、このバトン、強制的にD-3さん ハニー♪おねがいっ。

そして突然の日下ヒカルさん びっくりした? あ、強制じゃニャイよ。

人気ブログランキングへエッセイ・小説

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

『天を地を』(3)

夏香が海辺の洞窟で出会った変な服装のイケメン男。

彼はヤウルと名乗り、遠い銀河系からやってきたといいました。

うー。えめるだったら、その星に連れってと頼みたいものだニャ。

 

 

 

 

「は?何ですって?」

 「聴こえなかったのか。拙者は、4696銀河第5惑星メトリエムからやってきた」

わかった! こいつ、頭がおかしいんだ。

あやしい手品なんか使っちゃってさ。

気の狂った手品師。

そうだわ、そうに決まってる。

他に、どう説明できるっていうのよ、

真夏に歌舞伎役者みたいな、この変な格好。

お姫様抱っこのうっとり気分は一気に氷点下になった。

 

わたしの裸足の足は、どうやら本来の体重を支えているようだし、

チャンスさえあれば走って逃げられる。

でも自転車を押してあの坂を上がるのはきついし、

もたもたしているとすぐに追いつかれる。

坂を上がりきれば道の向こう側に民家があるわ。

そこに助けを求めよう。

 

そうだ、思い出した。

まだパンツはいてない!!

  

「あのぉ、着物、暑くないんですか?」

出来るだけ平静を装いながら聞いてみた。

本当はそんなことどうでもよかったんだけど、

黙っていると、次に何が起こるのか

考えてしまうのが怖かったからだ。

 

「き・も・の……」

ヤウルの表情が止まった。

わたしはその、何も写さない洞穴のような瞳に

ゾッとするものを覚えたが、

それはほんの一瞬で消えてしまった。

 

「おお、そうだった。忘れておったわ」

彼はそういうなり襟元に手をかけると、いきなり大きく両側に広げた。

帯が自然にほどけて

その紫色が目の前を流れていく。

拡がっていた銀色の髪が、強い風を受けたように後ろになびき、

わたしはなにか違和感を感じたが

それがなんであるかすぐには分からなかった。

すぐに着物の裾が大きく拡がり、

その裏地の茜色に呑み込まれそうになったとき、

彼の声が聞こえてきた。

「これでよかろう?」

シルバーのウエットスーツ姿のヤウルは、

またさっきのとろけるような笑顔でこっちを見ていた。

でも、その時のわたしはさっきと違い、

見てはいけないものを見てしまった驚きで

手に持ったジーンズを

履くどころか、取り落とす始末!

 

だってわたしには確かに見えるのだ。

耳があるべきところがつるつるで、

ずっと上のほうに三角の……

三角の……ネコ耳!!

 

か……可愛すぎるじゃないのっ!!

 

エッセイ・小説人気ブログランキングへ 小説

  

一話めのシリアスからこういう展開に来るとは……。

ま、ここは思いつきだらだら物語りブログだからニャ。

気にしニャい、気にしニャい。

 


テーマ : 自作小説(ファンタジー)
ジャンル : 小説・文学

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle