夏の終わり?ソリャあなた。


FC2トラックバックテーマ  第801回「どんなときに夏の終わりを感じる?」

  

ソリャあなた。夏の終わりといえば「毛」でしょ。

抜け毛が増えたなって感じたときです。

今、ビクついた人。あとでコメント欄に来なさいね。

  

毛の生え変わり。  

ネコだからね。生え変わるわけよ。

短いちょっとゴワッとした毛から

冬仕様のもっふりモアモアな毛にね。

  

うちの王様は、ブラッシングが大好きで大嫌い。

ナニ言ってんのッ!?

いいの、これで合ってんの。

「ここまでは許そう。あ、もそっと強く……うむ。

 だがこの先ちょっとでもラインを超えようものなら……ぁぁあ嗚呼ッ!!」

イテテテ。かまれました。

体に線が引いてあるらしいよ。

王様だけに見える線がね……。

  

顔辺りが特にいいそうでして、

「そこそこ……ああもうっ、もっと強くなんだからっ」

目を細めてあたまをグイグイ押し付けてきます。

顔からおでこ、耳の前を通ってほおの辺りへ。

「もっともっとぉ……はあぁ……うっとり無我夢中~ ^´д`^ 」

なんだって(笑)

  

私も、その姿にすっかり萌えーなわけで、

よしよし、こうかな? ここかな? これでどーだ?

と、王様の幸せをさらに深めようと頑張るわけです。

目的はもちろん、無駄な抜け毛を漉(す)き取ることですから、

頭の先からしっぽの先まで、

全身くまなくやってあげたいんです。

でも、ここから先は絶対にダメ! 

ッていわれちゃうんだよね……。

ああん、もうちょっとぐらい、いいじゃん?

  

そこで秘密兵器、コロコロ。粘着シートのコロコロ。

これがまた取れすぎるくらいよく取れるんですよ。

ずいぶん先だけど、春先の抜け毛の多い季節にやってみて。

ひと転がししたシート、笑えるから~~~(^▽^)

もさもさの毛が、シートに余すところなくびっしりと突っ立っています。

毛先を切りそろえる前の出来の悪い、絨毯ですっ。

  

王様、実はブラシよりこのコロコロがお気に入りなの。

じっとして 「むーーーーー」 って顔しているんだけど、

奥底に言いようのない喜びが滲んでいるのよね。

だからまた、頑張っちゃうんです。

コロコロ……こっちもコロコロ……

……ひっくり返しておなかもコロコロ……

あー、ほんと、王様ってカワイイッ。

  

えめると王様、恋人同士みたいでしょ?

スポンサーサイト

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル : 日記

天使の花はしご(19)

なかなかお話してあげられなくて、ごめんね。

  待っててくれたの? ありがとう。

  はい、これ。

  旅行のお土産。貝殻のブレスレット。

  ほら、よく似合うわ。

  じゃ、水ようかんと麦茶で、お話聞いて。

  (前のお話)(もくじ君

天使は、

フィズの家の裏庭にある井戸の秘密を探りに、

ひとりで暗い井戸の中に飛び込みました。

何処までも続きそうな井戸の奥底には、

一体何が天使を待ち構えているのでしょう。

  

光が届かなくなった水の中は、

まるで漆黒のビロウドが体にまとわりつくようで、

前も後ろも、目の前に差し出した自分の手さえも見えない、重苦しい闇の世界なのでした。

  

天使は、時折り進むのをやめて、羽根をくわえる位置を変えていましたが、

それが5度目になったとき、ついに羽根を手放しました。

そして背中に手を伸ばすと、手探りで新しい一枚を引き抜き、

また口元に持っていくと、新鮮な空気を思いっきり吸い込んでから、

また重力の導くままに水底へと進んでいきました。

  

もうどれくらい潜ったのでしょう。

すでに何枚もの羽根がその効果を薄れさせて、

天使の手を離れていきました。

いくら天使といえども、地上では汗をかくのと同様に、

水中では普段以上に体力を消耗します。

天使は心も体も、

はじめのころの勢いを失いつつありました。  

 

(はあ。背中が重いなぁ……。フィズ、今ごろどうしてるかしら……)

ふと、フィズの事を思い出しました。

もしかしたら今ごろ、消えてしまった天使に気付いて、

探しているかも知れません。

恋人の死で悲しみに暮れているフィズに、

これ以上心配をかける訳にはいかないと、天使は思いました。

それにどうやらこの井戸は自分が思っていたよりかなり深いようで、

このまま先に行っても、

自分の体が持つかどうかわかりません。

背中の羽根を抜いた痛みが、

今ごろになって急に天使を襲ってきていたのです。

天使は少しの間、名残惜しそうに水中を漂った後、

くるりと向きを変え、

水面に向かって泳ぎだしました。

   

浮かび上がるにつれ水圧も小さくなり、呼吸が楽になりなりました。

それと同時に、

地上からのかすかな光が見えてきました。

暗闇に眼が慣れていたせいなのでしょう。

 さっきは何も見えなかった中の様子がうっすらと見えます。  

どうやらここには井戸の壁らしきものが見当たらず

 とても広い場所のようです。

背中の羽根が減ったせいでバランスがとりにくくなった天使は、

フラフラと蛇行しながら浮かび上がっていきます。

  

(フィズ、待っててね、もう少しで……!?)

いきなり天使は何者かに足首をつかまれ、もの凄い力で下に引っ張られました。

その拍子に、くわえていた羽根が口からはずれてしまい

手を伸ばすまもなく、あっというまに見えなくなりました。

何者かはぐんぐんと、水底に向かっていきます。

さあ大変!

このあと一体どうなるの!?

   

(次のお話20へ)

 

テーマ : 自作小説(ファンタジー)
ジャンル : 小説・文学

おひさニャ。

こんなにオヒサのえめるです。

ここは楽しい気分のときだけ書くじこまんブログなので、

ちょっとお休みしちゃいました。ごめんなさい。

そして、留守中にも来てくださった方。ありがとう。

じゃあせっかく見に来てくれた皆様を

ほっといて、一体お前はどんな気分だったっていうんだよ!

って、怒らないでね。

  

言うなれば、ムカムカニャよ。ッて感じ?

ショボーンニャね……ってのでもいいし?

やけ食いニャしっ! かもだし?

ネコの手も借りたいんニャからっ!王様てつだえっ!でもいい?

  

ここはえめるとみんなのお部屋だから、居心地よくないとね。

出入りは自由だニャ。

まあ、こんな時もたまには在ります。

ついこの前もあったしね。(それじゃ、たまに、ではないな……)

さっき、天使のお話書き始めたニャ。

読みたくなくても、明日読みに来るようにニャ。

その物言い、何様かと聞かれたら、ねこ様にゃ、と答えよう。

んじゃね。

  

文句ある? 

テーマ : (´・ω・`)
ジャンル : 日記

王様ねこ。

お久し振りニャね。

今日は、王様ネコの可愛いところを一つだけ、教えちゃうニャ。

一緒に食卓に着きたがるところ。

テーブルにえめるお手製のおいし~いものを並べていると、

いつの間にかテーブルの上に座って、見ている。

でもね。キャットフードしか食べたことニャイから、

人間の食べ物はほとんど食べたがらないの。

だからわたしも安心です。

お刺身と海苔だけはうるさくするけど。

それでも盗み食いはしない、紳士なネコなの。

それで、家族全員テーブルに付くときまで、

テーブル上の自分の《席》に座って、(もちろん椅子もあるんですよ)

しっかり待っていてくれるんです。

王様のご飯はキャットフードで先に済んでいるから、きっと余裕なの。

そして、全員(王様込み)揃ったところで「いただきま~す」

王様は礼儀正しく、

ちゃんと一人分あいたテーブル上からみんながマナーを守っているかどうか、

目を光らせているの。

そして、たまに匂いをかいで目を細めたりしているのニャ。

食べたいのかな? と思って焼き魚をちょこっとあげると

(エメル王様用のちいさなお皿があります。猫用じゃないよ)

気のない顔してフンフンってして、一応口をつけてみるけど、

それが大抵の場合、

「んー。おまいらこんなん食べてんの? ぼくの口には合わないな」

って感じです。

さて、ここからが王様の高貴なところ。

たまにお刺身だったりする。

好物だからといって、目を盗んで食べるマネは決してしません

食事が始まるまでは目の前のごちそうに手をつけないで

我慢している。

ついうっかり誘惑に駆られて、手(前足)に体重移動させて、

前のめりで匂いをかいでも、

私が「まだだめだよ」といえば、

大人しく引き下がるんです。

ううんー。可愛すぎる~。

食事が始まって、だれかにおすそ分けで、

小さな一切れを自分のお皿に乗せてもらうまで、

《ねえ、まだっ? まだなのっ?》って感じで待っていてくれるの。

ん~~。可愛すぎるんだよ、王様は~~~。

ね?高貴なネコでしょ?

今日はここまで。

んじゃね。

 

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル : 日記

「おすすめのアイスクリーム」だニャ。


FC2トラックバックテーマ  第796回「おすすめのアイスクリーム」

そりゃあナンたってハーゲンダッツ。

クリスピーサンドのキャラメルにゃね。

結構次々と新商品を出しますよね。

今度はアレを……と思っていても、此処は結構田舎なの。

都会のハザマカンペイ、田舎なの。

お店に並びませんのよね……。

ま、いいけど。

自分で作って食べてるし。

アイスクリーマーで作るんだから。

低カロリーでヘルシーだし。

思う存分食べられるし。

でも、新しいものって、ワクワクするじゃない?

新商品ってだけで、特別感があるじゃない?

すぐにその気分も廃れるかも知れないけど。

だから実際、そんなにこだわりません。

新商品を見かけたとしても、

買うのは結局いつものだったりしちゃう私です。

にゃはー。

おしまい。

  

この下は、蛇足の館。

暇すぎる人限定です。

見る?

続きを読む

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル : 日記

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle