好きな童話かニャ?

こにゃにゃちは! トラックバックに答えるオネコです。

あ、いやいや、今回は人間の心でしゃべってみるのね。

トラックバックテーマ 第969回「好きな童話・絵本は?」



小学校2,3年のころ、ある本を読みました。

森の中で、主人公の男の子が迷子になってしまうのね。

薄暗い中、「ホー、ホホホホー」(多分こんな感じだった)

って、フクロウのような声が聞こえてきて、男の子はなんだか急に怖くなる。

その声の主は、じつはおばけだったの。



男の子は、おばけのことを最初は恐ろしいと思っていたんだけど、

いくつかの出来事を通して見方が変わっていくの。

本当はとっても優しい心の持ち主だったんです。

最後に男の子は、その森を抜け出すんだけど、

おばけはその森からは出ようとはしなかった。

無事に家に帰った男の子は、その後何度か森に行ってみたけど、

彼と出会うことは出来なかったの。

森のそばで名前を呼ぶと、あのフクロウのような声が何所からか聞こえてくだけで、

姿を現すことは二度と無かったんです。



心が強く成長した男の子には、おばけの存在は、

もう必要なかったのかもしれないな……。

人が成長するってことは、

何かを卒業していくことでもあるんですよね。

それはしばしば、別れという形を取る。

大好きな人たちだったり、または、居心地のいい場所だったり、お気に入りの物だったり。



私ね、このおはなし、大好きだったんです。

何度も何度も、読み返していたんです。

読み終わるとまたすぐに続けて、初めから読み返したりして。

特に始まりの部分が好きでした。

何度読んでも、毎回始まりが怖いんですけど、それがいい。

正体の見えない、ちょっと怖い感じ……そういうのって、子供はすぐにひきつけられますよね。

これから何かが始まるぞっていうワクワクがある。

そして冒険の一つひとつを、

まるで自分が体験しているようにドキドキハラハラしながら読む楽しみ。

主人公とともに自分もハードルを越えていくかのような、達成感にも似た喜び。



でも、読みすすめていくうちに、主人公が、強くなるための課題(?)を全て経験してしまうと、

私はなんだか急に寂しくなるんです。

もっと本の中の、この森にいたいと思うんです。

だって、本を読み終えてしまったら、日常に戻らなくてはならない……。

ソレは、私の子供時代の環境によるものが大きいのかもしれませんが。



その後、私の興味は大草原シリーズなどの本に移っていき、

その黄色い表紙の本は何所かにしまいこんでしまったわけです。



数年後、小学校5、6年の頃でしたか。

久し振りにその本のことを思い出して読みたくなり、

探したんだけど見つからなかった……。

あんなに好きだったその本、押入れの中にあったはずなんだけどなあって、

そのご何度も何度も探したけど、とうとう出てきませんでした。

今はもう、題名も思い出せないな……。

あまり良く覚えてないけど、黄色い表紙のハードカバーだったと思います。



この物語のモチーフは、色んなところで書かれているから、

皆さんも、知ってるような気がするお話かもしれませんね。

私も、その後、子供の本で代表的な「いやいやえん」という本の中に、

よく似たお話を見つけましたよ。



ちょっと話がそれますが、

子供に人気の本に、エルマーシリーズがありましたね。うちにもありました。

でも、私は、あまり好きになれなかった。

字も読めない幼い頃、夜寝る前に姉と一緒に、

母親が読んでくれるのを聞いていた覚えがあります。

その時は幼すぎて、面白さが分からなかったんだと思いますが、

後になって読んでみても、

外国で書かれたその冒険ものは、ジメっとしたところがまるで無くって、

主人公が行動的で、頑張り屋で。

ストーリーは面白かったのかもしれませんが、

内向的な私の心には同調しきれない、からっとした感じ。

心にそっと入り込むような、しめった恐れを感じさせるあの本とは、

全く違う種類の冒険物語です。

同じ外国物でも、大人になってから読んだハリー・ポッターは大好きですよ。

ダレン・シャンもね。



あー。読みたいっ。もういちど、勇気を与えてくれるあのおばけに、会いたいなぁ。

以上、えめるでした。あれ?なんか、長くなっちゃって、ごめんね。

スポンサーサイト

テーマ : つぶやいてみる
ジャンル : その他

アリシア再びニャ。

やほー。えめるニャよ。

アリシア・キーズ。

何も言わずに、どぞ。

* * *

* * *

なんか物語ってるじゃニャイですか。

なんか、泣けるシーンがあったでしょ?

あぃ? なかったって?

ちみ。見過ごしてるにゃな。あと3回見なされ。

前出した、えんぱいあすてーとおぶまいんど。あれもいいけど、これもいいね。

のうわん。これも好きよ。

のし上がれーって気分になれるえんぱいあが、一番お気に入りだけどね。

この下、えめるのおまけ。

続きを読む

テーマ : YouTube Music Video
ジャンル : 音楽

一度は経験したいニャ。

こにゃにゃちは!トラックバックテーマにお答えしようと企んだオネコです!

出来なくてもいい、妄想でもいい一度は経験したいものの話をしろって言うからニャ。
 
トラックバックテーマ 第966回「一度は経験したいもの」

そでスニャね。宇宙遊泳。

これ、こっそり何所かでしゃべったかも知れニャイけど……たはっ。

気が付いた人は黙ってなさいねッ。

ま、流れ脳みそだから、すっかり同じにはならないかもですが。

さて。

宇宙に飛び出したオネコ。え? 実験動物だって? ま、いいからっ。

ハッチから宇宙空間に出て、

地球を見たいのよね。安全な宇宙服の中から。

わほぅ・・・きれい・・・

自分の目で見る地球は、きっと今までみたものの中で1番美しい・・・のか?

とにかく、いま、このオネコが、人類の英知の最先端に立った気分に浸るわけです。

この瞬間はね、もう、最高だよね、きっと。

そして、

おそらく、感じる、全能感ニャね。


いや、でもチミット、宇宙そのものに対する敬虔な気持ちが入るはずね。

宇宙が神。

宇宙の中の地球、宇宙の中の生命体としての自分。ネコだって、いのちだしっ!!


素晴らしいじゃニャイですかニャ。

こんなネコだって、宇宙の中で存在しているのさ。

アリだって、生きているのさ。 貴重な命として。
 
ありと人間は違うだろ、このバカ。ッていうのね? あはー。いわれちった。


でもいいの。生命の素晴らしさと圧倒的な宇宙の存在に。

なにがなんだか、新しい自分を発見よね。

今までのちっさなネコの価値観なんて、

一気にぶち壊されますノニャ。

ドガ、メキッ、粉々になってさららー。


そして再構築された自我は、

前よりもっと宇宙との一体感を感じる、命の大切さを知っている。

きっと、全てが新しく感じる。

叫びたいニャ。

びばっ。生命っ!サティスファクション生命!

いい気分にゃねー。全能感に酔いしれてますニャね。


ところがよ。ネコだからさ。もうね…… あれだ、ほれ。

ささ。続きにいきなされ。^・ω・^

続きを読む

テーマ : つぶやいてみる
ジャンル : その他

沖縄料理ですかニャ?

こにゃにゃちはっ!トラックバックテーマにお答えを企むオネコです!
今日のテーマは「沖縄料理、何が好き?」だっていうから。
FC2 トラックバックテーマ:「沖縄料理、何が好き?」

沖縄県民が長寿だったのは、お年より世代のおかげだったのニャね?

1回しか行ったことないからよくわかりませんが。
豚肉料理が有名ニャねー。

あ。
えめるが作れるのは、ゴーヤーちゃんぷるぅ。お豆腐ぷるぷるぅ。
炒め物だから、材料さえあれば、ネコの手でも作れますのニャ。うしし。

「んにゃーっ!にが~ぃ……ぅぅ」
最初食べたときはね、あの苦さに負けそうになったけど、
からだは、ちゃんと知っていた!
あの苦さがからだにいいことに気が付いていた!
なぜかまた食べたくなったノニャ。

んで、また食べた。
「んにゃーっ!にがーぃけど……ちと、おいしぃ?」

脳みそがね、記憶したのね。学習したのね。よかった。

そんなわけででスニャ。
最近は、苦瓜と豚肉だけの炒め物。これでイきますのね。

ソーキそばっての、食べたことありました。美味しいと思いました。

一時期こっちでも良く売っていましたが、
さーたーあんだぎー。
どっかりしたゲンコツの形のドーナツのようなの。
おいしいよねー。

お土産にしたのが、ブルーシールアイスクリームと泡盛。
アイスは、普通に美味しかったニャよー。
泡盛は、我が家は皆で下戸の家系ゆえ、料理酒になったけど、
ちょっとでも入れすぎると煮物の味が泡盛……。
とっても強力でしたニャー、あれは。

懐かしい思い出。ちょっと思い出したよ。
またいつか、行ってみたいニャ。沖縄。

んじゃね。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

「天使の花はしご」(62)

(前のお話61の続へ) (初めてさんの第1話) (モクジ君)

 
 看護婦と医者はジョアンナの家に着くと、
「先生は上を見ていてください、私は足下を見ていますから」
 二人は長靴とコートを身につけたまま家の中に入り、
ランプの明かりの中に毒をもった小さな赤い点が見えやしないかと
恐ろしい期待をもって目を凝らしました。
二人の荒い息づかいが、静まり返った空気を揺るがしました。

「君、ジョアンナ夫人は本当に大丈夫なんだね?」
「ええ、奥様には、お部屋から出ないように言ってあります」
「彼女は流産したばかりというに、今度は毒グモ……悪いことは重なるものと言うが
それにしても、おっと失礼」
 ずっと上を見上げていた医者が、前屈みになった看護婦のお尻にぶつかりました。
いつものふたりなら、こんなとき軽口の一つもいったでしょうが、
今はそんな気分ではありませんでした。

「ジャンさんはこの部屋です。それじゃ、行きますよ――」 
 看護婦こわごわドアを押し開けると、
どうしたわけか、ベッドの上にジャンの姿がありません。
「大変! どうしたのかしら。
ジャンさん! どこですか!? 返事をしてください!」
「毒グモはまだその辺にいるかも知れん、落ち着いて探そう」
「先生ッ、落ち着いていたら、手遅れになるかも知れないんですよッ」 
「しかし君――」 

 彼らは知りませんでしたが、
ジャン(ジュリ)は、フィズに飲ませてもらった血清が効いているのです。
といっても、完全に毒が消えるまでにはもうすこし時間が必要でした。
それにしてもジャンは、一体どこへ消えてしまったのでしょう。
 その頃ジャンは、月明かりの下をひとり、歩いていたのです。
いいえ実際には、彼は1人ではありませんでした。
目の前の小さな光の後を追っているのでした。

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle