びりびりしている人間

2014五月病企画。下書いたやつを救い出せ

いや、いつものことだけど書き始めてほったらかしたのがたまってるんです

ごおるでんは概ね部屋に籠るタイプです


@@@@@@


ネコのお部屋に来てみれば

あーまたなんかスッゴクだめそうなタイトルだナ~と思った?

ふひ^・ω・^

つくづく雰囲気だけでやってるブログだよニャ~

でも実際さ、科学も雰囲気に過ぎないんだから

すたっぷナントカも雰囲気で存在してるんからな(そーなの?)

だからさっ

雰囲気で成り立っているえめるのお部屋は実は

と~っても科学的なんだよっ(なんかすごく違う)




しかしりけんの才女は悪びれないね

あの気の強さを見習いたいもんですニャと憧れさえ抱いちゃったわ。あ?

そもそも

あーじゃないかなこーじゃないかな的な半信半疑を

実験数値で見せて、いかにも在るように見せかけるのが科学なんでしょ?

こんな感じよ↓

「この膨大な実験結果の数値を見る限り、○○が在るようにしか考えられない

だからこれは在るというのが正しいに決まっているのだ!」

って、一見証拠らしきもの、実はあくまでも憶測に過ぎないものから

強引に持論を振りかざすのが科学だとおもうんだけど違うの?

「こうだったらいいな~」をいかに「こうに違いない」に見せるかが勝負の世界なんだよ

(基本的になにかが違うような気がしますが、

現代においては研究費獲得のための研究にならざるをえないって問題がありますからね……)

そーよ分身。わかってるじゃない

世のため人のため医学のためになるという大義名分で、医者とか製薬会社とかその利権がらみと政治家が儲かりそうな

そーゆー研究にしか国はお金を出したがらないんだから仕方ない


いーのかよ、それでいーのかよ世の中(いーんじゃない?)

あーもうっ

すたっぷより、人体びりびり研究のほうがよほど真実を暴いているじゃないか

と突然、訳のわからない話になるわけです

続きを読む

スポンサーサイト

ピュリッツァー賞

ニュース

ピュリツァー賞は米情報収集活動暴露の2紙

(CNN)米国の優れた報道に贈られるピュリツァー賞の今年の受賞者が14日に発表された。
最高の栄誉とされる公益部門で、
エドワード・スノーデン元中央情報局(CIA)職員からの情報提供を受けて米政府による情報活動の実態を明らかにした
米紙ワシントン・ポストと英紙ガーディアンの米国版ガーディアンUSが受賞した。



だそうです

やだーなんかすごいー

オカルトな感じの話を含むスノーデンさんの暴露話

いやーこれ

世の中ますます面白くなりそうな空気

そう言えば

ネットの重大なセキュリティバグ、ハートぶりーどってやつ

日本は大丈夫なんですか?


昆虫とかいう猫のオモチャについて真面目に考える

変なネコの妄言部屋はここですよっ


いやー世の中には沢山の昆虫がおりますニャ~

猫パンチで仕留められるやつらの数なんてたかが知れてるわけで

そりゃもうまだ知られていないのも合わせたら

あー^・ω・^……んとね、星の数とサハラ砂漠の砂粒どっちが多い?

って、どっちでもいいけど

昆虫の数などフツーに数えきれんだろよっつーか数えたくないんだよ

成虫のてんとう虫ならまだしも、体が軟らかいやつらの気持ち悪さといったら






……もうね何も言えニャい

えめるは軟らかい虫が苦手だよ。考えたくもニャい思い出したくもニャいあのお姿

じゃあ何でその話題なんだよと言われましたら、あれかな、

怖いもの見たさ? (本物のバカですみません)



で、何がそんなに怖いって、見た目もだがさわった感じもだが

最近のニュースのやつよ

ユスリカの幼虫が宇宙空間で生き返るって話よ

幼虫←この文字だけでも何か怖いよね?


昆虫ってどーしてあんなに強靭な生命力を持っているんですか?

どーしてあんなに沢山の種類がいるんですか?


それに引き換え人間はさ

いろんな病気にやられてあちこち弱ってるから

病院でいろんな治療をしてあっちを助けりゃこっちに悪影響とかあるわけで

天寿を全うするって意味がいまいち何だかわからなくなってるわけで

また、ひとの見た目の多少の造作の良し悪しや、色の濃い薄い程度の差こそあれ

基本的にみーんなホモサピエンス、ヒト科だろ

ヒトも犬も猫も亀もイルカも鳥たちも、大人と同じような姿で産まれてくるよね

それに比べてこんちう(←気持ち悪さに耐えかねて表記を変えました)のやつらと来たらどーよっ

ようちう→サナギ→せいちう って変身する

なにアレ。一度どろどろに溶けて再生って……

一番の気持ち悪さポイントでありますな

続きを読む

「凸と凹は完全に一致する」の法則

えめるの雑談は

真面目なのが多いんだよニャ

(そんなはずはないですよっ)

で、でもさっ

^・ω・^不真面目も真剣にやりたくなるよね?


そんなわけないだろと思ったひとは、この先立ち入り禁止だからな




ひとはなぜいきているんだろうって考えたことありますか

ほんと何のために生きるんだろう

考えるほどに、わかったような気がしたりわからなくなったり、もーどーでもよくなったりで

結局は全然わかんない


今をより良く生きることが次に繋がるとか

もうそーゆーのはわかりきってるんだから、言わなくていいから。

えめるとしては一番陳腐に聞こえるのはさ

生きていれば(頑張っていれば)必ずいいことあるよ

ってやつ

あまり言うと反感を呼びそうだが、

世間的に普通のことを突き詰めて考えたけっかが今の思考なんだから仕方ないよ


そんなスパイダソリティア三昧の夕方に

なぜかふと、マザーテレサは幸せだったのだろうかと考えてしまったわけです

深く刻まれたシワの奥に優しい瞳が印象的でしたが

私にはなぜか、彼女本人が幸せには見えませんでした

確かノーベル平和賞だったよね?

社会に貢献して、名誉ある偉人名鑑に名を連ねてるであろうすごい有名人だけどさ

彼女は社会的な表が立派になりすぎて、本当の彼女自信は苦しかったんじゃなかろうかと思うような

姿だった

若い頃は知らないけどさ


法則的に、人も、表が大きくなると

そのバランスをとるように反対側が大きくなるもんだなーと

いつだったかここで話したことがあったようななかったような

続きを読む

ハープ

ハープと言えば

そう、乗馬と並んで上流家庭のお嬢様の習い事ですニャね


「ねぇお父様、ワタシね、どうせ習い事をやるなら一流への道が開けるものをやりたいと思ったの

それでお母様と相談して、ハープを習いたいと決めたんだけど

いいかしら?」

「ほほおぅ。アリサは今度はハープをやりたいのか」

「そうなんですのよ、あなた。この子がライヴァルたちに差をつけるには、

今時みんながやっているようなピアノやヴァイヲリンなんかじゃダメ

もっと特殊性のあるものをやらなきゃ、意味が有りませんわ

それで実はね、○○フィルにいるアテクシのいとこに相談しましたらね、アリサのためならって、

来月帰国するときに、一緒に来日する世界的に有名なハープの先生を

しょうかいしてくださるって言って下さってるんですの」

「おいおいなんだ、いつの間にそんな話を進めていたんだね」

「ねぇ~いいでしょ? おとーさまー 私、プロのハープ奏者になりたいの、

世界中に演奏旅行に行きたいの、ねぇお父様、お願いっ♪」

「んーそーかよしっ、良いだろうっ」

「きゃーうれしーおとーさまだいすきーチュッ」

「あなたっありがとうございます(これで綾小路武者麿さんのハナをあかしてやれるわ)」

「では早速○○商事に連絡して、ハープの手配をさせるとしよう」

「あなた、ハープは子供用のが必要だそうですからお願いしますわね。

それからレッスンルームも必要になりますわね」

「おぉそうだな。池の前にある見晴らしのいい場所が空いているから、あそこに造ったらどうだ」

「ワタシあの池キライだわ……だって、幼稚舎のとき石につまづいて池に落ちたんですもの」

「そうだったわねアリサ。それじゃこういうのはどう? 池を埋めてバラ園を造るのよ」

「きゃーすてきー」

「ハッハッハ。まぁ良いだろう。何でも好きなようにやりなさい」


あーあ、そんな雲の上の話はどーでもいいわ

えめるのお部屋としちゃ

ハープといえば世界中が縁があるような無いような、この上なく怪しい噂の

まったく変なハープのほうですから~

続きを読む

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle