アレな話



以前書いた

右耳のチチチチ



わたしの意識の方向性に

何かご意見があるような







もしかしたら

その正体は

アレ

ではないかと思い付いたものがある




ところでチミはハートがバカですか?

yes の人だけこのしたに入れます

続きを読む

スポンサーサイト

若返った丹波哲郎

数年前に見た夢。ここに書いたことがあるかもしれないけど。ないかも知れないけど。


地球の学校を卒業するときに、小さい部屋で何かの説明を受けたのだが

ガイダンス的な感じで、小さな会議室のような部屋で、他にも数人がいた

小さな会議テーブルを囲んで男の人の話を聞いていたように思う


目覚めた時、あっ今の講師は丹波哲郎だ って思った

何故かわからないけど、はっきり分かった。

夢の中では全く気がつかなかったのにねw

若くて、普通の人っぽかったので

ああそっか、霊界では若返って、魂関連のお仕事しているんだなーと思った。




その頃の私は生前の丹波哲郎の話に全く興味がなかった

彼は大霊界で有名だけど、本も映画も見たことなかった

要するにわたしは、彼の話を全然信じる気がなかったのだ


だって、生きている人間に霊界の本当にことが

あれこれわかるなんてはずがないと思うじゃないですか

死んで霊界に行った人が生き返って話したって証拠があるわけじゃないんだし

そういうのってぜんぶ、誰かの想像でしかないと思っていたんだ

生死の境をさまよった時に見るお花畑現象も

そういう情報があるのを知っていたから見ているにすぎないって思ってた




でも以前、

霊界ではみんな自分の好きな年齢に若返っていると小耳に挟んだことがあった

まあそんな考え方もあるんだなあって程度に記憶していたんだけど

それ、本当なんだなって思う夢を見たことがある


それは母の夢だった

亡くなった母が夢に出てきたことが多分三回あったと思うけど

出てくるたびに元気になって若返って……

そういう夢の時はとってもリアルなんだけど

3度目は、玄関のチャイムが鳴ったので、宅配業者だと思ってドアを開けたら

母がニコニコして立っていたんだ

とても若くて、笑顔がキュートだった

今思い返すと、恐らくは父と出会った頃じゃないだろうか……

薄い黄色のシンプルなワンピースにシルクのような光沢のある小さな帽子をかぶって

何故かまるで皇族のような服装だったけどw

明るい光の中で、それは生前には私には一度も見せたことがないかわいい微笑みだった


それを見た瞬間に理解したのだ、これが本当の姿なんだって

母はこの世で憎まれ役を演じることを納得の上で、生まれてきて

そのお役目を見事に演じきったのだ

魂の?姿の母をみて、そのことを強く思ったというか

一瞬でそれがわかったのだった


霊界でのたましいは、好きな年齢の姿で生きている。

最近になって、それが大霊界に書いてことだったと最近知ったけど

でもやはり、その本を読む気にはなれないまま、

このごろは、ひとり上手になる実験をやっているわけです。

ネットに大霊界のサイトがあるようなので

後でちょこっと覗いてみようと思います

続きを読む

【 星屑 】

なぜだろう

戻れない心


どうしてだろう

離れたのは


偶然または必然から始まって

必然または偶然から遠ざかっていく


わたし は為す術(すべ)もないふりで

納得したように流されていく

おだやかな浅瀬にてを伸ばしては

どうしたらいいかわからず指先で散らしてしまう




わたし という小さな無限の世界で遊ぶ たましい よ

これはあなたが望むドラマチックストーリーですか

(わたし にとっては全然面白くない)

わたし を眺めて愉しんでいるのですか



ひとはすべてを忘れて生まれてくるけれど

たましい は長い時を知っている


ひとは情報の世界に溺れきって

そこから大事なものを見つけ出した気になって

守ることに必死になり

それが生きる意味だと思い込むのだろうけれど


わたし もそうやって生きられたら良かったのに

でもそんな わたし では

たましい は喜ばずに

わたし はこの世界に居場所がなくなってしまったかもしれない

それでも





わたし という世界から飛び降りて

当たって砕けて

星屑のようにちりぢりに消えてしまいたい

その刹那に見えるものがあるならば

それはきっと 

壊れゆく私から流れ出した 愛




続きを読む

ひとり水族館

がんばった。ひとり水族館を楽しんできた。えらい?(ふつー)
 
お一人様を楽しむシリーズ
 
 
 
スカイツリーの下にある、すみだ水族館
 
こんな土曜日に行けば当然そこには
 
幸せそうなカップルと暖かい絆で結ばれた家族連ればかりですよ
 
そこにネコ人間は人間のふりして入り込んだわけですよ
 
いま、ああー虚しいとか思ったヤツは爪とぎの刑
 
 
 
案の定、いきなりごったがえしていましたよクラゲコーナー
 
何となくノタノタしながら進んでいきました
 
小さな水槽に詰め込まれた特色あるアレンジとでも言いますか
 
見やすくて中々素敵なディスプレイだと思いました
 
 
ひとりで何が困るってソリャ手持ち無沙汰が一番困ると思います
 
でもソコソコ混んでいたのが却って良かった
 
土曜日を選んで正解だった
 
混んでいると意外にひとりが目立たないもんだな
 
平日の午前中は空いているそうですが
 
その方が居づらいわ
 
平日の方がひとりを強く感じて居づらいわ
 
何度も同じところをいったり来たりしたら
 
目立って恥ずかしいとか思っちゃうわ
 
だからきっと30分で終了だわ
 
 
今日はね、二時間半くらいいたよ
 
ペンギンの餌やり見たよ
 
名前と個体を確認しながら全員に餌を与えているようでしたが
 
ちょっと大分これパフォーマンス入ってるな~と思いながら見ていたら
 
若い子達が、
 
あの係りの人たち、ペンギン全員見分けてるんだねすごいねー
 
ってしきりに感心してましたが
 
私はもうそんな素直な心は無くしてしまったらしいですw
 
 
二時間たったところでペンギンカフェで
 
ニシキアナゴパフェ
1日30個限定が残っていて良かったわ
 
そんな5時半。
 
なんだ。あまり売れてなかったんだな
 
そんなひとりが目立ったペンギンカフェ
 
 

パフェ、おいしかったです。

トルコアイスのようなコクがあって、

その下のオレンジ色はしっかりしたかぼちゃのゼリー固め

続きを読む

右耳の合図

311大震災のあと、たくさんの変化と不思議現象があった

これもその一つかと思って。

右耳だけ、時々、チ……とか、チチチチ……とか、聞こえるんだよね

そんな耳鳴り。


最初聞いたときは、耳の中に虫が入ったのかとおもった

次に思いついたのは、ホラー小説「天使の囀り」

寄生虫が脳内に入り込んで動く時に聞こえるっていう音

やーだーちょっとそれはヤダけど

ジャングルで猿を食べた覚えはないからセーフだ


機械の電子音などに反応することがあったけど、それとも違う

何かの刺激に 反応している感覚の全くない、チチチという音だけが聞こえてくる

同じ症状の人、いませんか

って、ここで聞いても拉致があかない過疎ブログだわ

2ちゃんねるのオカルト板とか病気板とか?なんかそういうので書き込んでみたら

レスが着くかしら……

書き込んだことがないので、ちょっと……


どうしようかな



何かでちらっと見たことあるんだけど

原因不明のチック音は、霊界からの合図だとか


そうだとしたら

いったい何を伝えてきているんだろう

そのままで良いよとか、それは駄目だねとか

あるような気がするんですよね……


しばらく無かったんだけど、ここ最近、またよく聞くようになりました




sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle