なんのためにいきるのか

なんのためにいきるのか

しあわせになるためですか

やりたいことをやるためですか

人生をたのしむためですか

なやみくるしむためですか

心を磨くためですか

それらぜんぶですか



りっぱな人生とは何ですか

りっぱな人とはどんな人ですか

だめな人間とはだれのことですか







今朝の夢で タナトス という言葉を教えられました

数人が私の前で、リズミカルにはっきりと、なんども言うのです

暗い感じはなくて、普通なかんじで……


目覚めてから、タナトスを検索したら

ギリシャ神話に由来する死の神だとわかりました

うわ……

ちょっと驚きましたが

タナトスは元気な者をいきなり連れ去るような強引な神ではないそうですね

死そのものを神格化したものだそうで

神話のなかでは姿ははっきり語られていないんだとか



私の知らない知識を、夢が教えてくれるこの現象

皆さんもたまにはあるのではないかと思いますけど

不思議ですよね

続きを読む

スポンサーサイト

【 臆病 】

ふと目が覚めた深夜2時

暗がりの天井の輪郭は理路整然として

決壊を張っているようにみえた


決壊の向こうで揺らぐ世界に

恐怖の輪郭が浮かび上がる

世間。社会。約束。ひと……


繋がりが恐いのだと思った

でも繋がらなければ生きる甲斐もないだろう


゛恐いと思うことをしなければ精一杯生きているとは言えない゛

という意味の誰かの言葉があったけど

だとすれば

臆病者はいつも恐怖と闘っているのだから

気楽な自信家より

ずっとすごいひとなのだ


活動的な臆病者であれ




東京ジャーミー

東京ジャーミーって知ってる?

moblog_0ba8557b.jpg


イスラム教のモスクが、代々木上原に有るんですよっ

教えてもらったから行ってきました

宗教っぽいものって、ちょっと心惹かれますニャ


東京ジャーミーはちゃんと本物のモスクで、信者さんがお祈りをしに来る場所

いつでも見学自由らしいけど、土日は説明会があるというので

行ってきました、日曜日は連休の中日

代々木上原駅で降りて、さて、いきなり迷子よーっ

目の前のタクシーに乗り込みたくなったけど、いや、そこは我慢した

だって、歩いて5分くらいのところにあるってかいてあったよニャ気が……

広い通りに出るところでちょうど良い感じで交番があったので

聞いたら本当にすぐだった。めでたしめでたし



職人さんをトルコから呼び寄せて、資材も本国から運び込んで

本格的に本物を作った寺院は、異国情緒があって特別な空間でした


説明のおじさんがとっても話し上手で面白かったです

チューリップはトルコ原産だったんですね〜知らなかったわ

壁の紺色ボーダーにコソッと、チューリップが描かれていました


そういえば、もう10年前くらいに原種のチューリップを庭に植えてたけど

赤と黄色。小さくて可愛らしくて、好きな花ですニャね

品種改良された大きなのもいいけど、原種の素朴な佇まいって

不思議な安心感があるとおもわない?



とっても綺麗なステンドグラスと、大きくて美しいドームの天井が印象的ね

moblog_8b8d0e69.jpg


礼拝堂に入ったら持参したストールをグルンと巻いて、なんかそういうの、良いねっw






文字が壁にデザインされているのが、素敵だなと思った

アラビア文字が壁のボーダーに使われていたり、丸い形にあしらわれていたり。

カリグラフィーで書かれたその文字は日本の書道のようなもので

それがデザインされすぎてw ほぼ読めないらしいです〜

そりゃもう篆書とか草書かよってw


偶像崇拝を禁止しているので、幾何学模様や植物、文字で飾られていて

それが様式の美というのか、シンメトリーな美しさを際立たせているんでしょう


説明の途中でお祈りの時間になって、説明のおじさんも

5、6人の信者とともにお祈りしてました。ほほぉぅぅ……


moblog_fc136042.jpg

ふかふかの絨毯敷きだから、靴下一枚でも全然冷たくなかったです

信者さんがいない時はねころんで天井を見上げている人たちもいました



イスラム教は男尊女卑がひどいとか戒律が厳しいとかのイメージがあるけど

何故そうなったのかってことは、おじさんの話によれば

宗教が生まれた土地の環境があるんじゃないかというのでした

砂漠のような過酷な環境で生き抜くための知恵として必要なのは

感情コントロールだけじゃなく、身を守る具体的なことが重要になります

それが、行動を制限するような規則になっていったのではなかろうかと

おじさんは考えているそうです。えめるもそれには賛成だわ

差別ではなく、区別ってことで。


でも、女性の自由度が低すぎるような……

時代に合わせて変えてもいいと思いますけどね……

ってなると今度はグダグダになるから、おいそれと改変できないんでしょうけど

moblog_60d523c2.jpg

裏の駐車場に移動販売車があったので、ケバブサンドを食べました

お店の人が、お肉の塊をナイフでそぎ落としてくれるんですよねコレ

まるでゴミのようにw


お肉たっぷりで、思ったよりボリューミー

美味しかったです





おじさんの熱心な語りに

ついウッカリ入信してみたいとチラッと思いましたが

私の中にはもうすでに宇宙があるのです

自分の宇宙を探求するためには

1つのものにこだわらない方がいいと思っています



でもでっもっ♪

ラマダン断食明けの、食事会

これに一般の人も参加できるそうで

本格的なトルコ料理が食べられるんだって。


いえ、行かないけどさ

トルコ料理ってとっても美味しいって聞くじゃないですか

トルコ料理の気安いお店があったら、

一度食べて見たいなって思ってるんですよね




トルコが今、危険なことになっちゃってるけど……

寛平ちゃんのアースマラソンでのトルコがとっても素敵な国だった

日本とトルコは歴史的にも心の繋がりがあるんだから

何かどうにか、どうにか何か……


ちょっとヒンヤリ

しばらく本らしい本を読まなかったな

読みたくなかったと言うか気力がなかったと言うか

だって、本を読むことは、たとえそれが架空であっても

他人の人生を知るのと同等なわけだからね

ここ数年、私は自分の人生でうんざりするほど頭が一杯だったから

他人の人生を読みたいなんて気持ちになれなかったんだ


それが最近、また本を読みたくなった

賃貸暮らしでは本は借りる方がものが増えなくていいんだけど

今の気持ちは、借り物ではない本を読みたいってことで。なんとなくね


昨日、出掛けた帰りの駅で本を買ったのは

小川洋子『薬指の標本』


淡々と清涼な文で進んでいくのが好きだな

その後ろにひっそり狂気が見え隠れしながら

早い段階でラストが予想つくんだけどそれは推理小説とは違い、

読み進めることの弊害にはならなかった


さらりと漂う甘く狂った感覚……

そんな粒子の細かな霧のように行間に漂うものを感じるお話でした


すこし不思議な世界だから

私はまた、読み返すと思います



そうそ、

『妊娠カレンダー』って傑作だったよね

あれも三回読んだ気がする



続きを読む

ダロワイヨ〜

ラーメンズのコントで

語尾にダロワイヨをつけるキャラをを片桐さんがやってたけど

片桐仁さん大好きです。面白すぎてたまりません

顔も天才だと思いますっはいっ

ダロワイヨってケーキ屋さんの名前を使っていたと知ったのはまだ最近です

てへ


で、金曜日に銀座に行ってきましたフラフラと。

いえ、目的はファンケルスクエアなんだけどね

細長い建物でしたニャ


一階でお買い物コーナーは、中国語が飛び交ってました

デパート系はどこも中国語が飛び交うよね、一時期より減ったけど。

中国人 ちょっと爆買い。中国株 爆下げ。

あ、爆つながりで数年前まで中国の得意技 爆発。

車のフロントガラス爆発とか、さすが中国は奥が深いだと思ったっけ


服装で二度見したくなるのって韓国人だったりします

独特のオシャレセンスがあるよね。真っ赤な上下のスーツには驚いたな

そう言えば以前は軍服のようなデザインとか、

マント系を着ている人、いたよね。バッサバッサ翻して歩く

電車内でマントで腕組みして大股広げて座ってるのには、引いたっけ


えっと。地下にある泥武士キッチンで、

お野菜ビュッフェ付きランチをいただいてきました

メインは あおさの和風パスタ にしてみたよ

先に注文とお支払いをしてねってシステム

美味しかったです。サラダ食べ放題だし

コーヒー200円という安さでもちゃんと美味しいコーヒーだったのが嬉しい

ルイボスティーはセルフで飲み放題


お店の人がとても感じよかったニャよ

平日だったせいか女性のお一人様が多かったです

文庫本読んでゆっくりのんびりしちゃいました


血管年齢だけちょこっと測って、実年齢マイナス2歳に一応ほっとして。

有料だといろいろ測れるようですが、それは

お肌のお手入れを1ヶ月くらいちゃんとしてからにしたいと思ったw





ダロワイヨのお店見つけたから、帰りにパンを買いました

新発売のチーズガレットがコクがあって、とっても美味しかったです



銀座はヒカリミチというイルミネーションで飾られとりました

キラッキラ にゃね

今回は普通にふらつきに行ったので、写真は撮らなかったんだけど

そんなネコの都会お散歩も、ひとり行動部の活動の1つにしとこ





タイトルでおわかりのように、ファンケルを目指して出かけたけど

帰ってきたら手元にダロワイヨのパンがあったので

脳みそはすっかりダロワイヨになってしまったのですな

私の記憶は食べ物メインで作られているようです。たはっ

続きを読む

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle