スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天使の花はしご」(25)

チキンレッグ、すきなの。ガブッとね。

かりっと焼けた皮がおいしいのよ。だから食べる前にもう一度、オーブンであぶりなおし。

 

 

(前のお話24へ)

天使が質問を投げかけました。

「どうして? だって、その矢のせいで不幸が始まったんじゃないの。

罪のないタマシイが地獄に落とされたんじゃないの」

天使は腹ばいの姿勢から起き上がりました。

顔色も良くなって、どうやらさっき飲んだハレイの泉のスープが効いてきたようです。

天使は矢継ぎ早に質問をしました。 

「ねえ、どうしてキューピッドは罰せられなかったの? それって不公平じゃないの?」 

 老人が静かに答えました。

「もはや罰する必要が、なくなったからじゃ」

そういうと考え込むような仕草で額に手を当て、再び古い記憶を呼び起こしはじめました。

  

+ + +

元天使が人間の女と恋仲になってしまったのも、魂を集め損ねたのも、

もとをただせば自分が放った矢のせいだということは、 

当然本人もわかっておった。

だから、元天使の男が地獄に送られたと聞くや否や地上に向かい、

真っ直ぐガラの泉に飛び込んでしまったんじゃ。

 罪の裁きを受けるために……。

 

 当事はまだガラの泉について、天使塾でも本当のことを教えており、

地上にいくつかの入り口があることを誰もが知っておった。

だが、真実を知ることが最善ではないことの証しに、その頃とんでもないことが流行っておった。

罪を犯した天使たちが自ら罪を償おうとして、裁きを受けずに泉に飛び込むものが後を絶たなかったんじゃ。

その中には、純粋ゆえに罪にもならないようなことに思い悩んで身を投げるものもおったので、

ミカエル様も深く胸を痛めておった。そして一部の真実を伝えるのをやめ、

ただ、地獄に落ちたタマシイが最後に行き着く場所とだけ伝えるようになったんじゃよ。

だからお前さんも、ガラの泉のことを《タマシイの墓場》だと思っておるのは無理もないことじゃ。

  

確かに、ガラの泉は、地上にぽっかり口を開けた地獄の入り口のようなものじゃ。

そして地獄でつぐないを果たしたタマシイが、最後の安住の地としてその中に投げ込まれ、溶けてしまう。

しかし、泉の力はそれで終りではない。最も大事なことは、別のところにあるんじゃ。

それは、タマシイの再生じゃ。

 

命そのものであるガラの泉は、ハレイの泉に通じておって、

そこで新しい命がうみだされるというわけなんじゃ。

先に話した男のタマシイも、その罪が許されればその中に溶け込むことになるじゃろう。

男が愛してやまなかった女のタマシイも、いつしか別の道筋を通って、

やはりガラの泉にたどり着くのじゃ。

そこで二人は再開を果たすことになろう。

 

だから罪を犯した天使らが自ら再生の道を選び、自らガラの泉に飛び込んだのは、

その再生の力を知っていたからこそといえるのじゃよ。

矢を放ったキューピッドも、自らの罪を償いたい気持ちと同じくらい、

再生への憧れがあったに違いないんじゃ。

今度生まれ変わったときにはもっと腕のいいキューピッドとしてやり直したいなどと

甘い考えをもって……。

 

 

ギアド老人が椅子の上で姿勢をなおしたとき、

天使は老人の背中越しに、何か光るものを見ました。

細く柔らかな曲線をもった量端が、糸のようなもので結ばれています。

「おじいさん、あれって……」

天使の視線に気が付くと、ギアド老人はうめくような声で言いました。

「ああ……あれが天使を貫いた弓じゃ」 

「えっ?!」

老人は立ち上がって壁に掛かっていた弓をはずすと、天使に向かって言いました。

「わしがそのキューピッドなんじゃ」

 

(次のお話26へ)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自作小説(ファンタジー)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

>>いき♂さーん

  ああうっ。
驚きたいのはえめるも同じ。ゆえにこういう展開に。
どんなことにも、ちみっと救いを求めたいヒューマニストえめる。
別名はお人よしネコ。くぅっ^;ω;^

この続きはねー。そだニャ。
このおじいちゃんにも、本物の救いが来て欲しいニャよねっ。

>>万梨さーん

  いらっしゃーイニャッ。
あい、映画、楽しんでまいりましたのニャね。
大きい音にびっくらしながらも、あ、ほら、ネコだから特にね。
でも、以前みたいに耳障りなことはまったくなくって、
コカコーラで炭酸美容も出来ちゃって。あ?ちがうの?

また次回近いうちに行きたくなったのニャね。
フォース・カインド、見たいのニャ。アバターはどうしたかって?
ん???んー。^・ω・^

No title

おぉう。
驚きと優しさに満ちた展開。
このあとどうなるのかな。わくわくw

こんにちは!

映画は楽しまれましたかー?
私は残念ながら行けなかったけれど
TV見ながらコカコーラは飲みました。

老人さんがキューピッドだったのですか!?
どきどき。

素敵なクリスマスをお過ごしくださーい^^
sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。