スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天使の花はしご」(30)

除夜の鐘。百八つ鳴るのは煩悩の数。

さあ。暖かいコタツでお話しましょう。

 

(前のお話29へ)

長い廊下の先の部屋で、天使はおもわぬ光景を目にしました。

ギアド老人の仕事とは、狭間のこの地を照らすランプを、タマシイから作ることだったのです。

「わしは、また……ッ!」 

 ギアド老人のなげき苦しむ様子を見て、天使にはこれが老人の償いだとはっきりと分かりました。

かつて悪気のなかったキューピッドの小さな過ちが

罪のない天使を地獄に落としてしまったと同じように、

いま老人は、必死の呼びかけに耳を傾けようとはしなかった罪びとのタマシイを、

望みもしないのに自らの手で、永遠の牢獄に閉じ込めてしまったのでした。

 悪魔が壁に近寄り、硬いものを引っ掻くような音がし、それから老人に向かって言いました。

「おいッ、じじい! 目標まで、あと少しだ。さっさと達成しちまいなッ」

 その声にはあざけりと軽蔑と、わずかな憐憫が混じっているようでした。

でも老人に返事はなく、天使のいる場所からは、老人が打ちひしがれてひざまずく姿が、

薄明かりでぼんやり見えるだけです。

 老人がタマシイが再生の道を歩めるようにと必死に説得をすることは、

ランプ作成の目標達成とは、相反する行為でした。

それをこの老人は、何百年も続けてきたのです。

タマシイはたしかに気の毒だけど、おじいさんには早く償いを終えてもらいたいと、

天使は心から願いました。

 

 悪魔はタマシイをガラス玉からランプに移しかえると、天使のいるほうを向きました。

(見つかった?!)

 天使は慌てて身を引き、濡れた足元が、にちゃっと気味の悪い音を立てました。

悪魔はからっぽになったガラス玉を振りかぶり、こちらに投げつけてきました。

その瞬間、天使の脳裏には自分がランプにされる場面が思い浮かびました。

(やめてッ!!)

 ガラス玉はカシャッっと軽い音をたてて、チリチリと降り積もる音がしました。

「じじいッ、あれをよく見ろッ! お前が救えなかった魂の残骸だぞ、どうだ? いい眺めじゃねぇか」

 悪魔はあざけるようなわらい声を残し、部屋の向こうへ行ってしまいました。

その笑い声は、悪意をもって一斉に突き刺さってくる毒針のように、天使の体に鳥肌を立たせました。

天使は脚の震えがさらにひどくなって、自分の体が震える音が聞こえました。

 

 わらい声が遠のき、体の震えが収まると、天使はこのままそっと部屋に戻ろうと思いました。

言いつけを破って来てしまったコトよりも、

老人はきっと今の姿を誰にも見られたくないだろうと思ったからです。

 さっき自分が通ってきた廊下を振り返ると、そこには何十もの、

憐れなタマシイたちの姿がありました。

天使は部屋においてあった、もの言わぬランプを思いだしました。

彼らはこのような姿になっても、まだ何かを感じたり考えたりしているのでしょうか。

もしそうならば、あまりにも酷いことです。

 

 そのとき一つの灯りが、急に小さくなったり大きくなったりしたかと思うと、

アッっと思うまに消えてしまいました。

「やっと行ったか……」

 老人がいつの間にか後ろに立っていました。

地獄の先にまだ行くところがあるなんて、聞いたことがありません。

「どこに行ったの?」

「わしにも分からん。知りたいとも思わんよ、ただ……」

 老人はふるえる声で言いました。

「もう二度と、こんな世界には戻ってくるんじゃないぞ……!」

老人の目から、大粒の涙がこぼれ落ちました。

 そのとき突然、大きな声がしました。

「おおギアド! 今度のランプはなかなかよい出来だったぞ! ところで例の獲物はどうした」

地獄の番人グリモアの声です。

 

(次のお話31へ)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自作小説(ファンタジー)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

>>チャンさーん

どうしよどうしよどうしよーっ!
自分で自分の首絞めてるニャッ!

山中鹿之助?ッて誰ニャ?

はい。今年もよろしくなのニャ。

マジに、いいところと悪いところ、遠慮なく言ってくだされ。
悪いところ、えめるそういうの案外平気だから。多分。
すこしでも良くなるためなら、
喜んで受けてたとうじゃないのさっ!!
の猫だから。いまんとこの気持ち。
試しに言ってみて。
もし落ち込んだらやめてって言い直すから。

厳しいご指摘、待ってまーすッ!

どうするどうするどうする????
どうしたの??
一難去って又一難、、、
我に七難八苦を与えたまえ~!!
おー!山中鹿之助かあ

あっ失礼しましたm(_ _)m
本年もどうぞよろしくお願いします


sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。