スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あーこりゃこりゃ。

にゃほにゃほたまくろー。

あ? ↑ 知ってる人がいたら、コメント残してニャ。

^・▽・^きみはきっと、いい人ニャ。← ネコの基準。

 

えめるのお話読みに来てくれてありがと。

 

 えめるの書く天使のお話って……

小説というほど含みのあるお話じゃないし、

(小説には何か訴えたいテーマがあるはずニャ)

所謂ファンタジーというにはワクワクするような素敵な展開が無いし、

(世界観を作り上げてそこで活躍する主人公にとにかく魅力があるべきだけど、

えめるの天使はよく分からない。登場人物全て、個性が弱いニャ。

これ決定的に弱点)

当然ラノベでもない。

(ラブの要素が第一欠け過ぎている。読者に疑似恋愛してもらわないとラノベではない。

ラノベってアニメとほぼ同義語と思っているオネコ頭がはじき出したこじつけニャ)

 

…………^‐ω‐^…………

^・ω・^ま、仕方なかろう。書き始めた動機がそもそも不純。

気晴らし。

でも今は本気でいいものを書きたいと思っているんニャ。

練習台にしかならない駄文だと思うけど、

本気で考えて、一語一語、入れ替えたり表現を変えてみたり、

何度も何度もなおして、

自分の中にたしかにある理想の文面に、展開に近づけようとしてるんニャ。

 

 でもね。とーいの。まだまだ、とーいの。

比ゆとか使いたいんだけど、なかなかいいのが思い浮かばないし、

そもそも使うこと自体を忘れちゃうニャ。

 

 何が足りないかって、やはりあれだニャ。ラブね。

えめるね。いい年して恥ずかしがりや。本当にね、すっごいストイックなの。

だから、軽くそういう場面をなかなか出せないし、

そういうシチュエーションになる筋を思いつかないのね。

 そりゃあね。えめるだって恋愛したことあるよ、ネコらしく。

あ?ネコらしいってどんなの? だれかおせーて。

でもね。ホントーに滅多にないことなのよ。

気持ちだけで好きになる事さえ、滅多にないことなのよ。

小雪と共演してたときのマツジュンが好きだった。ああ??何年前だろ。

 そんな意外なほどの堅物オネコが、いったん恋に落ちたらあにゃたっ!!

どうなるか知りたいの? 

アホねー。教えニャイよっ。

 

 そんなこんなで、ねえ、どんななの?

 今年もラブ抜きの一年、お話を小説に向けるのか?

伝えたいテーマ? 「お人よしバカでも生きていける」じゃだめ?

 ファンタジーってよくわかんないけど、これが今書いてるのに一番近いかな。

えめるの理想の人が主人公ってのがいいね。りそう??……熱血バカ!

 ラノベって、すらすら読めるわくわくどきどきラブ? こりゃムリ。

 あ。基本的にね。面白いのって「愛」抜きで成り立つのはほぼ皆無。

広い意味での愛。

でも、食欲も睡眠欲も満たされた君らが、なにを求めるかっつったら、

ラブなんでしょ? 

あれ? 何しにでてきたんだっけ? だれかおせーて?

まいいか。んじゃねー。

「ちょっとそこのネコアタマさん」

んあ? 

「なに言い訳だけして帰るつもりよっ」

お前の真似だニャし。

「うっ」

『天使のお話、試行錯誤で頑張ってまーす』

「終わりよっ」

あ、お前が勝手に終わすことは許さんニャ。

んじゃねー。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : (((((((っ・ω・)っ ブーン
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

おへんじー

>>彼岸花さーん

エッセイストのような彼岸花さんの、心こもったブログ。
すてきにゃ。

才能は、自分であると思ってる人は終わってる人ニャしね。
無いから頑張れるってのも、あり。
えめる、才能はないけど、お話すきだって分かったから、頑張るのニャ。

えめる、すっごくあきらめのいい人間だったけど(笑)もうそれは、やめにするの。
でも、基本はネコ。深層心理は天邪鬼なネコ。
こいつをなだめながら、今日を生きて行くのニャ。
カッコいいこと言ってるかっこ悪いネコです。

えめるはもう恋が出来ないと思っていたけど、まだ人を好きになるこころはあると思う。
でも、たぶんそれは、男女って意味じゃなくって。そういうのはまだ要らないのニャ。
でも、人を好きになれる気持ちがあるからこそ、お話も書けると思った。自分磨き、しますニャね。

あいあいおー♪ ^・▽・^ ありがとっ。

おへんじー

>>そらまめちゃーん

そらまめちゃんの書く文章、好きでスニャ。
いつか彼岸花さんが仰っていたように、コメントも含め、主題からブレずにしっかり構成された文章で、とっても読みやすいです。

コメントといえば、私はわがまま勝手な脳みそで、
人の話は半分以下で聞いているし読むのも一回読んだら印象に残ったことだけに返事をしちゃうんですけど、
本当はそれじゃダメであり……。
だってさ、私の印象に残る部分って、書いた人が一番言いたい趣旨から微妙にずれたところだと自分でも分かっているから。
あははー。ははー。は……?

普通の脳みその部分も、使いたいのニャ。
ほら、たぶん、前頭葉? 叩いてみるニャ。
ああっ!! がらんどうの音がしたニャしッ?!
どして?

違うの違うの。

作家なんかにはなれませんってば~(笑)!
ただそんな風なものを書いてみたこともある、ってだけよ。はにゃ~・・・才能なかったの。・・・・(ため息)。

ラブシーンなんかもうダメダメッ!
だから子供向け(笑)。ぁ、それじゃラノベじゃないわね。微妙なライン狙い?(笑)

ま、遠い遠い昔のことっす。(そらまめさんに習った、『遠い目』。)

一生に一度、燃えるような恋ができた人は幸せよ。それで女は一生生きていけるもん。だれだったかなぁ、女流作家でね。親の決めた婚約者がいたんだけど好きな人ができてね。
その人が出征していくのよ。で、その人のもとに走る。最後の数日を一緒に過ごして、恋人は戦死しちゃうの。で、その女流作家さんは一生結婚しなかったの。彼の思い出だけ胸に抱いて。
誰だっけなあ。近藤富枝?澤地久恵?
思いだせないの。あいまいな話でごめんね。

でもね。先が分からないのもまた人生。
運命の人といつ(また)出会うかわからないのがおもしろいとこよ。
それまで爪を、あ、いや、女を磨いておかなくちゃ~。ですよ。

川上弘美さん、いいですよね♪

>何度も何度もなおして、自分の中にたしかにある理想の文面に、展開に近づけようとしてる

私も自分の伝えたいこと、キチンと伝えたくて文章の構成を悩みますが、きっとそれは全部は伝わらなくて。
でもそういった試行錯誤をしている時、ヒトは内なる自分と真剣に向き合っているように思えます。
立派な小説にならなくても、自分だけの小説でしかならなくても『もっと良くしたい』気持ちがある限り自分自身の成長につながっていると・・・・自分も含めてそうであってほしいなぁ。(笑)

ばか正直でばかを見ても、自分にまっすぐに生きたいでっす☆

おへんじー

>>チャンさーん

あいあい。そりゃあもうね。こんな地味なネコはいないから。
よほどのことじゃないと、恋はしませんのよ。
だからね、ここでアフォな軽口言っても、心はガード固くて真面目なんでスニャ。

えめるはもう恋はしないのかもしれません。
それくらい今まで、真剣に人を好きになったんです。

逆に言えば、それだけ自分自身にこだわっているって事になるのでしょうか。
満足できる自分になるまでは、もう何もいらないの。すといっくでしょ~^・ω・^はうっ。

と、偉そうなこと言ってるけど、所詮はネコの心なのにゃな……。
たぶん何所か抜けてるよ。
ああっ、でもそれは公然の秘密ニャからねっ!

いつも元気の出るコメントありがとっ!

おへんじー

>>拳士さーん

あい。今年もよろしくなのね。
えめるの今年のお正月はね。このお部屋にこもっていましたのニャ。
冬眠生活じゃないけど、にたよなもん。
ホッとするカーペットに乗っかって、お話考えていたよ。

栗きんとん、年末に食べつくしちゃったのニャよー。
追加を一日に買いに行ったら、6時半で閉まっていて買えなかったニャ。
そんなお間抜けな年の初めでしたニャはー。

今年はもっとお間抜けをパワーアップして、
本気でお間抜けを極めて見せるニャしっ!
あ? なんかちょっとだけ間違った??

おへんじー

>>彼岸花さーん

応援ありがとでーすッ!
えっえっ、彼岸花さんラノベ作者だったのっ?!
道理でブログの文章、いつも読みやすくて引き込まれる内容だニャーって思っていたニャ。

そう、ちょっとでもそういうシーンは、自分ではまだ書けませんニャ。
色々な状況、心理を知ってからじゃないとね。
さらりと綺麗に書きたいんですニャ。厭らしい文は書きたくないんでスニャ。
煽るような文じゃなくって、人間の当然の営みとしての性を書きたいニャね。
その違いは、読む人がどう取るかはわかんないけど、書き手の気持ちって所。
自分が照れちゃうと、えめるは素直だから(笑)そのまま恥ずかしい文になっちゃうと思うのね。
恥ずかしくない。そういう気持ちで書けたらいいニャ。
はうー。

川上弘美の文が好きニャんです。

えめるさま
ストイックなの?
あなたは魅力的な女性(猫?)ですよ(o^~^o)ν
ただ自分自身で一線を引いているのかもね
その一線の中に入りたい男性は沢山いると思いますよ

文章は
どのような文才でも絶好調の時もあれば絶不調の時もあるでしょう
頭が冴えすぎると
川端康成や太宰治、尾崎豊もそうだけどプッツンになるよ
チャンは作文のさの字も書いた事ない程大っ嫌いだった国語だけど
少しでも相手に分かる様にとblogにアップした後(又はテキスト完成後)でも納得出来るまで何回でも見直ししています
毎日記事を書いていると
ちょっとは慣れてきたかな-(笑)

えめるさまの情景描写は分かりやすくてなかなか素敵ですよ(^O^)/
d(@^∇゜)/ファイトッ♪

こんにちわぁ♪

えめるさん、遅ればせながら、
新年明けましておめでとうございますm(__)m

今年もこの拳士と仲良くしてくださいなっ♪
えめるさんの記事を楽しみに来ますにゃ~
お正月はどうお過ごしになったんでしょう^^
気になるなぁ~
おこたでポカポカしてたかな^^

では本年もどうぞよろしくお願い致しますm(__)m

ガンバルニャン。

「天使の花はしご」。応援してるわよ。
ストイックなえめるさん。ラノベが書きにくいってよくわかります。自分で書いてて照れちゃうんだよね~。
実は彼岸花も、むかしむか~し、あったんじゃそうな。何が?(笑)
いや、あの~、ラノベみたいなものをね。書いたことが。
でも自分で照れちゃって照れちゃって!(笑)
これはもう、性分なので、えめるさんも、照れは消えないんじゃないかな~。照れ屋さんだもんね~。
オネコの『仮面に隠した正義のこころ~♪』じゃなかった、オネコの『仮面に隠した乙女のこころ~♪』よね。(ヤッターマンのメロディで歌ってね。古すぎ?笑)

堅物オネコが恋におちたら・・・・・
わかりますよ~。そのせつなさが。
向田邦子さんみたいに一途で激しい恋になるわよね。一生、思い出だけで生きていけるようなそんな恋をしてしまうんだ。のよ。
恋は数の問題じゃない。質の問題よね~。
うんうん。

とにかく応援してますよ~。

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。