スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天使の花はしご」(36)

(前のお話35へ) (目次)

 悪魔たちの足音が遠のくと、天使は物陰から顔を出し、辺りを見渡しました。

ランプが無気味な影を作る部屋に、ちょろちょろと水の音が絶え間なく響きます

 人間になってしまうまで、あとどれくらい時間が残っているのでしょうか。

天使はそのことを老人に確かめなかったことを悔やみました。

こうしている間にも、体の変化は起きているのかもしれないのです。

それがどんなふうに起こるのか、徐々に変化するのかそれとも急激なものなのか、

今の天使には全く見当もつかないことです。

 フィズのひいおじいさんは地上に帰れたわけですから、

何か方法があるのは間違いありません。

人間の体になってしまう前に、ここから抜け出さなくてはなりません。

 

 部屋の隅に目をやると、洞窟の奥の小さな隙間から、

ほの青い光が漏れていました。ガラの泉です。

 光がちらちらとまたたき、天使はその光に吸い寄せられるように近付きました。

(ここに飛び込めば、きっと帰れる……!)

 この泉がフィズの庭の井戸につながっているはずです。

人間になってしまったら地上に泳いで戻ることは不可能といったおじいさんの顔が思い浮かび、

天使はいても立ってもいられなくなり、

壁にあいた小さな穴に可愛い巻き毛を突っ込みました。

時間との勝負、一か八かの可能性に掛けるしかなかったのです。

 

 耳を岩が擦って痛かったけれど、頭は何とかとかくぐりぬけました。

ところが、肩がつかえてその先にいけません。

でも、ガラの泉は目の前にあるのです。

天使は肩ををすぼめ、体をねじったり息をはいたりしながら、

まるで何かに取付かれたかのように、少しずつ体を捻じ込んでいきました。 

そしてなんとか翼の付け根まですすみましたが、あとは翼が邪魔してどうにもなりません。

元に戻ることも出来ず、両腕を体のわきにそろえた格好で、

穴に栓をするコルクのような状態になってしまいました。

押しつぶされた翼に、それまで忘れていた痛みが戻ってきました。

(おじいさん、助けて……!)

 天使は心の中で叫びました。

 

(次のお話37へ)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おへんじー

ほわわ~。にゃほにゃほたまくろー♪ 知ってる人がいたっ!!
心温ちゃんはいい人決定ニャよん。

勿論、たとえ知らなくても、いい人だってことはブログから充分すぎるほど伝わってきていましたニャけどね。
あの歌、一度聞くとその部分だけ覚えちゃうよねー。
そうそう、外国の人の名前って、面白いのがいろいろ会って、放送できなかったりすると、ニックネームつけちゃうのニャね。

それんにしても、ニャホを知っているというココロ優しいお方はもう、おらんのか。ふうっ……。
世の中とは……。

すっかり基準がここになってしまった単純すぎるオネコ。
今朝飲んだDHAの錠剤は効かなかったのだろうか?

No title

久しぶりに来たのDA。今からじっくり読みますのじゃ。

とりあえずニャホニャホタマクロー♪(懐かしいw彼の歌が好きです。)

おへんじー

>>チャンさーん

おおっ! まさにそのとおりのことを予想していたのニャよ、えめるも。
あ、夢落ちじゃなくて人間になるってほうね。
その通りになってサッサカ物語が進んでくれることを願うものニャ。

チャンサンの分もちゃーんとあるよ。
あ?ナニがって、コーヒーヨーグルト。うししっ。
^ё▽ё^どぞーっ!

あっ!食わず嫌いはいけませんニャー。
あ?コーヒーはプレジデントにしてですと?
だめだめ、安物の粉こなインスタントじゃニャイと溶けませんのニャー。
ほれっ、食べてみニャされ。あーん。

(うししっ。これでコーヒーヨーグルト党結成してみる? あ?だれが?)

おへんじー

>>いき♂さーん

かじかじかじ。食えん……。
その脳みそ、チミットもらおうと思ったのニャけど、
無理のようでスニャ。
ということで、えめるはなんとっ!
DHAの錠剤なんぞを飲んでみた。これでこれからは別人のように
素晴らしい人生が開けるはずっ。

お気楽能天気思考のかたまりネコ

ふんづまり
フンニャ(//△//)
人間になって羽が取れたら穴をすっと抜けれるかもね
どうなるか…ワクワクo(^-^)o
あっ
夢見てました
は、なしでね

No title

アーンシテ( ^o^)ρ > ̄*)パクッ

(・<;_;)ムシャムシャ
 んあ? なぜわしは喰われとるのだろう……(^^;;

こほん。
コーヒーヨーグルトとな。今度試す。うん。

No title

そう。しっかーりきっちり詰まっちゃったのニャッ。いやーっ。

あ。教えていただき、感謝ニャ。
このあと早速直してきますニャー。またあったらお願いしますニャ。
他力本願ネコ。

んじゃいき♂さんにはお礼に、はい。これあげるね。
えめる特製の、コーヒーヨーグルト。食べていってニャねー。
あ? 遠慮しなさるな。ほれ。ほれっ!
本当においしいんニャからー。どぞっ。
あ?遠慮深いニャ、もう。はい、あーん。 いかが?

マジ、世紀の大発見並みに邪道なんだけど、
意外な美味しさ。コーヒーはネスカフェ推奨ニャ。

No title

コルク状態!!
がんばれーっ><

ごめんニャ。誤字報告ニャ。

> 今の天使には全く検討もつかないことなのです。

見当

> 部屋の隅に目をやると、洞窟の置くの小さな隙間から、



よろしくなのニャ。
sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。