スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天使の花はしご」(47)

(前のお話46へ) (モクジ君)

 水中を静かに上がりつづける、ひとかたまりの影。

天使は目をつぶり浮力に体を任せていました。

 グリフォンはその隣でぴったりと寄り添い、大きな眼玉で天使をじろりと見ています。

天使の目には、グリフォンは再びフィズの姿でそこに存在していました。

天使の疲れた顔はそれ以上の感情を表していなくても、

グリフォンにはこころを読み取る力が備わっています、

天使の動揺する気持ちが手に取るように伝わってしまうのでした。

『そうよ。私はフィズ。あなたは私のもの!わかったならば私の言うことをお聞きなさい』

 グリフォンが人間の体に手を伸ばします。

たった一人の味方だと思っていたギアド老人のことさえも信じられなくなった今、

天使の心で小さな音を立てて何かが崩れ、自らフィズに抱きつくのでした。

 

 やがて羽根の最後の一枚が、役目を終えてひらひらと天使の口から離れていきました。

天使はグリフォンの手中に落ちてしまったのでしょうか。

 いいえ。天使はまだ頭の片隅に残るかすかな希望とともに、

辛うじてフィズの幻影と戦っていました。

そして呼吸のための羽が尽きた今、体中の血液が酸素を求めて騒ぎ出し、

充血が始まった眼球は幻影を見ることをやめて、グリフォンの本当の姿を見ました。

さらに、体の変調はそれまで霧の彼方に追いやられていた意識を

一気に引き寄せる効果を発揮してくれました。グリモアの声を思い出したのです

《呼吸のために羽を引き抜くことはかまわぬ》

 天使ははじかれたように手を延ばし、グリフォンの背中から数本の羽根を引き抜くと、

あえぐように口元にあてがいました。

餓えた肺が急激にふくらみ、あわ立ち始めた血液をなだめていきます。

何度目かの息を大きく吐いたとき、グリフォンの感情を押さえた声が響いてきました。

『あら、気付いちゃったわね。仕方ないわ。グリモア様が仰ったのはそういうこと。

あなたが羽根を引き抜こうとするのを、私が拒むことは出来ない』

 それから自嘲するような、自らを哀れむような声に変わりました。

『残念だわ。また獲物を逃しちゃった』

(また……?)

『フン、百年前のことよ』

 天使はドアの前でこっそり立ち聞きした悪魔達の会話を思い出しました。

(九十七年前の……天使)

『あら、知っていたの? そう。ギアドがうっかり人間にしてしまった。

それを私はグリモア様から預かった』

(そして誘惑したんだ、わたしと同じように――)

 天使の怯えるような、問いかけるようなまなざしを受けて、グリフォンが笑い出しました。

『あはは、違うわ。だってあれは女性の体だったんですもの! いらないわあんなもの』

 吐きすてるような言い方です。

(えっ、女性?!)

『そう。だからグリモア様のお言いつけどおり、さっさと地上に送り届けたのよ。

もとが中性である天使が、男になるか女になるかは時の運。なってみないことには

誰にも分らない』

 それからグリフォンは名残惜しそうに、人間の体をじろじろ見ました。

『あなたが男の性を与えられたのは、ただの偶然よ。

愚かなギアドはね、私が男を獲物にしていることも知らないの』

 ――そうだったのか。九十七年前のときはたまたま女性だったから、

何事もなく無事に地上に帰れたんだ。

おじいさんは、今回も同様に考えていたに違いない、人間の体になってしまえば、

無事に地上に返してもらえると。人間の男がグリフォンにとっての獲物だと知らずに――。

天使は一度でも老人を疑った自分を恥ずかしく思い、心の中でわびるのでした。

 グリフォンが優しげな声を出しました。

『一つだけ、いいことを教えてあげましょうか』

(いいこと?)

『彼女は、ガラの泉を飲んだことである力が残ったわ』

(力って井戸のこと?)

『それとは別に、彼女にはタマシイが見えたの』

 それを聞いた天使の心は、いくらか晴れやかな気分になりました。

体が変わってしまってもまだ、タマシイの輝きが見えるのだと思うと、

その力が単なる天使としての名残であったとしても、

天使だった頃の誇りを持ち続けられると思ったのです。

『そうだといいけど』

 グリフォンがバカにしたように鼻でせせら笑いましたが、天使の心は気にしませんでした。

彼女はきっと獲物が手に入らなかったから悔しがっているんだと、

ちょっとだけグリフォンを気の毒に思うこころの余裕さえ出てきました。

それというのも、地上の明かりがもうすぐそこまでせまっていたからです。

早く本物のフィズの顔が見たい、それが今の天使の心のたったひとつの願いでした。

『そろそろお別れね。私の役目はここまでよ。あとは勝手にするがいいわ』

 グリフォンがひときわ大きな空気のかたまりを膨らませ、人間の体を包み込むと、

勢いよく地上に向けて飛ばしました。

 グリフォンはぐんぐん遠ざかる空気玉に背を向けると、

フフンと鼻息を残してもと来たほうへ帰っていきました。

 

(次のお話48へ)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おへんじだニャ

>>チャンさーん

あわわー。えめるねー。お話の筋ねー。間違ってることに今気が付いたのねー。
でも、そんな前の話なんてきっとみんな忘れてるはずってことで……。
だめか?
どうしよかニャ。前のところは無視して、とにかく物語を進めるニャ。
いまはこれ、練習台だしね。
あとでちゃんと直すけど、きっとずっとあとニャなー。
あうあうあうー。あわわわわー。もうねー。アラスジだけは作っておきたいわ、まじ。
ばかばかばか。えめるの脳みそのばかっ。
バカすぎてかっわいいっ! ←あるラインを超えると、思考拒否が起こります。

あわわ!(゜O゜)!
コメント一つしか入れてないのに重複投稿になってます
えめるさま
一つ消してちょんまげ

泡沫の如し 信じる心

泡…泡…泡…あわわ…
物語りは泡、あわ…がキーワードですね

呼気の泡
生きていく為の酸素(泡)
酸素が欲しい!(゜O゜)!グェ~!
もがき苦しみ、沸騰する血中の泡

疑いの念と信じる心
人への真偽と信義は
沸騰する泡の如く沸き上がり
また泡沫の如く消えていく

今回のハラハラドキドキの物語りも大きな泡(大気)までもう一歩ですね

泡を食ったり、泡を吹かせたりすることなく
「あわ」てず真偽を見極め
「あわ」き希望を抱き
未来を見つめていきたいですね

えめるさま
素敵な物語り
なかなか、あわわ、、な 物語りで楽しめます
ありがとうございます
八(´∀`*)

おへんじよーん

>>んぐったーん

なんとか謎をこじつけてみたニャ。ということっす。
毎回、書きながら考えてます。

謎はね、書きながら勝手に増えちゃうわけよ。
自分自身が楽しめないストーリイは書きたくないつーか、話が勝手に進むのです。
だから本気で謎はこれ以上増えて欲しくない。
まだ回収できないものがあるニャ。忘れてた。
何所かで無理にでもこじつけしないと。きゃー。この程度だからっ。

自分で既に解決策がわかるのはつまらないんです。
だってさ、えめる程度の脳みそが前もって思いつくストーリー展開なんて、確実にカス……。
自分の想像力と文章力と語彙の程度が非常にお粗末なのくらいは分るよ(笑)
えめるの理想はキングだもん(爆死してもいいくらい恐れ多い。だから冗談と思いなされ)

他の人たら見たらカスなお話でも仕方ないけど、
自分の中では最上に近いものとして作りたいの。
だから前もっての展開を考える作業はいっさいナッシング。
毎回お話書くの、本当に苦しいのよ。あうあうー。

言い訳しちゃったニャ(苦笑)
んぐたん。いつもありがと。
なみだ出ちゃうニャよ。^;ω;^
こうしてみニャさんに励ましてもらえて、ありがたいです。もったいないです。



この下は、勢いづいて、もっと言い訳。だからスルーでおねがいします。

えめる、たとえ筋書きがあったとしても、書いてるうちにそこから外れていくこと必須ね。
実際、うっかり消しちゃって書き直した時も、3回とも違う話だったし。ひどいんです。
ちょこちょこ直してるうちに変わっちゃうこともある。
もうこれは脳みその欠陥だニャ。
脳みそが天邪鬼すぎて自分の手に負えない……。くそっ。くそっ←

でもそういうのも、勉強になってるはず。
いまは理想の文に近付けるための大切な過程だと思ってるよ。
最初から決まれば言うことないけど、そういう才能が無いんだから仕方ないです。
それでも書いてみたいの。
書いて消して書いて消して、文を入れ替えて戻して、すり合わせるしかないの。
幸いにして、ブログはじめたことで、キーボード叩くようになった。
だからこうしてお話書くことができます。
紙ベースじゃとても無理でしたね。お話書こうとしたことなかったし。
だってさ、紙は書いたり消したりに、限界があるよ。
面倒なことが大嫌いですから。
生きるだけで精一杯のネコだから。ああうー。泣く泣く。

おへんじでっす

>>sentienさーん

誘惑に負けていたら、そうニャね、どんな目に会っていることやら……??
グリフォンを満足させられれば命をつなげられるし、幻影とともに生きられるのかニャ。いやはー。
でも飽きられたら、食べられちゃうとか?
おおこわっ。

お~

いくつかの謎がだんだんハッキリ繋がってきたね~!(・∀・)

すごいなあ。緻密だなあ。
97年前の天使の話や、羽根をくわえて起死回生するあたり、
書きながら考えてるのではないよね?
もしかして、書き始めの頃にはほぼ出来上がっていたんだろうか。
いずれにせよ見事!(◎∀◎)

それに今回は、今までの緊迫感とは違ってホッと出来たよ~。

No title

こんばんは。
もしグリフォンの誘惑に負けていたら
一体どうなっていたんだろう?
と、気になります。苦笑

おへんじー

>>拳士さーん

はあい。こういうものなのよん。うししっだもんニャ。
ね?じみでしょっ。えめるってちっともおしゃれネコじゃないのよん。

急須から飲んだこと、あるんですね~。
結構皆様やってることなのかな~。よかったよかった。
びばっ!だらだら! のリラックマ気分よね。
楽しいこと、いいじゃんいいじゃん。
裸でお部屋うろうろしたっていいじゃんいいじゃん。(笑)
自然体で生きていますのよ、猫だし。

おへんじー

>>いき♂さーん

なんとか出られますのねー。
えめるもほっとしたニャね。あいあい。

これから男として、どうなるのっ? あう??
どうするかニャー。フィズとの関係、どうするかニャー。^>ω<^

ちわっ♪

えめるさん、こんにちわぁ♪

「こういうものです」
だったんですねぇ^^
何か暖かそうなものがまきまき♪



↓前記事
直接飲んだこと…




あるよんっ(T▽T)

ではでは、お邪魔しましたぁ^^
ポチッ♪

No title

男になった天使にはさらなる試練の予感がっ!?
でも、ひとまず地上に出られてよかったよかった♪
sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。