スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天を地を」(13)

「地球のおなごはやさしいと聞いておったのだが……」

ヤウルがわたしを不審そうに見ているわ。

別にこっちは宇宙人の花嫁になんかなる気はないけど、

あんな目で見られたら悔しいじゃない。

よおし。見ておれ。

つねった腕にそっと手を添えて、軽く上目遣いした。

「ご、ごめんなさい、ヤウルッ……痛かったでしょう?

あ、あのね、宇宙人のあなたは知らないでしょうけど、

地球では、ビックリしたときにこうやって本当かどうかを確かめる風習があるのよ。

あんまり急に結婚なんて言い出すから、

ビックリしちゃったの」

ヤウルの表情が止まったようだった。

何かを計算する機械のようなこの感じ、洞窟でもあったわ。

一体なんなの? ちょっと気味が悪い……。

「なるほど。確かにそういう記述がある」

「はぁ?」

「拙者のここには――」ヤウルが自分の頭を指した。

「地球上の文献がぎっしり詰まっておるのじゃ。ある大衆文学には、

浮気の現場を見てしまった奥方が、なるほど、自分の頬を摘まんで

事実だと認識する場面があるのう。」

記述って、一体どんな本見て言ってるんだろ。

「しかしまた別の本によれば、つねる場所がちと違っておる。

それによると、つねられて興奮してくるとあるが、姫。興奮したのか?」

「し、してないわよっ!」

そして私の膀胱は限界を迎えたのであった。

ああうー。

 

(気晴らしに書きに来ました。こんなヘンテコ更新、笑おうね)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おへーんーじっ

>>チャンさーん

限界を、むかえたのかっ!?!?
いやいや。セーフだったと信じたいでスニャよ~。

トイレって、我慢することが本当に体に悪いよね。
出先で苦しい思いしてるときって、本当に死にそうな気分だよね。でも死んじゃダメニャよ。
えめるがそんな思いをしたのは、小学校の下校のときくらいニャ。
ネコでよかったーッ! 
あ。でもネコだって、お外に出してーッ!って頼んでも誰も気が付いてくれなかったら我慢するけど。
いまはお外が寒いから、人間のトイレ使ってますニャ。

膀胱が限界とな!(゜O゜)!
アッシは
ラッシュの電車の中で腹が急に差し込み、腹痛で何度限界を超えたことか…
トットイレ…)゜0゜(ヒィィ
もう駄目~ラッシュのすし詰めで爆発する~(☆_☆)
やっやっとこドアが開いた!
はっ早く
トットイレへ突進~!
げっなっなんと満室…)゜0゜(ヒィィ
もう駄目~(ノ><)ノ
そうやって何度死ぬ思いをしたことか
その苦しみは筆舌に難し
頑張ってくだされ…

おへんじニャもーん

>>そらまめちゃーん

いらっはーい。ワイン飲みましたかニャー?(笑)
睡眠たくさん取ると心も体も元気になれるニャ。
えめるみたく寝すぎると、うっかり冬眠モードに入るから注意が必要ニャけどネ、あうっ。

えめるはいつもミルクティー。いえぃ。
お暇なときいつでも遊びに来てニャねー。

No title

気晴らし大事です。(笑)
と書いたところで私の眠気は限界を迎えたのであった。zzzz。

またお邪魔しま~す。
sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。