スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWEET PEA-スィートピー-

  

「またいつか――」

続くべき淡き言葉を

口に出そうともがく心 重たくて

つかんだ指に

そっと口づけた

匂い立つ君の優美

唇に刻む込むように――

 

光の粒子が軽々とぼくらを包み

届かぬ高みへと飛び散った

 

「いつかきっと――」

続くはずの固き言葉が

涙でふやけないように

艶めくその頬を

両手で包んだ

確かなぬくもり

この胸に沈めるように――

 

教会の鐘が鳴り出し

窓辺の花 いちりん揺れて

ぼくは立ち上がる君のうしろを

夢のように見ていた

 

振り返る花姿

スカートひるがえり

旅立つ君はスウィートピー

 

 

 

 

3月の誕生花スィートピー。花言葉は優美・門出。

これも一発で書きました。

なんかね、なおすとスピード感とか、流れた空気間とか、

かえちゃいそうだから、このまま。

 

読んでくださったみニャ様にお願い。

こうしたらもっと良いよって教えてくれる人、いたら嬉しい。

どんどん良いこと、おせーなさいねー。←他力本願

えめる、喜んで聞きたいの。批判でも何でもオーケイ。

ほれ、遠慮せずに好き勝手喋っちゃえばいいのよ。

泣かないからー。^;ω;^←逃げをうつネコ

なーんちって。

そういうことでこのえめる様が泣くわけなかろう?

あ?

んじゃどういう時に泣くのかってか。

可愛い心のときに決まってるニャし。言うまでもなし。

あふぅ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 詩・ことば
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おへんじ

>>んぐたーん。

ひるがえるのがすきなのニャね~。
「ひるがえってその奥にチラリズム」が? 
うん、わかりました。うししっ。

♪♪ 歌詞ですかニャー♪♪
んじゃ作曲家んぐたんに任せたにゃっ。
字余り字足らずご自由に編曲してニャね。
死ぬまでに作って下さいニャ~。
猫の寿命人間並みに延ばしてまってますぅ~。
^ё∀ё^←あつかましいネコ

お?抽象的な詩…めずらしいね?

詩ってより歌詞ってカンジがプンプン。
いける。こりゃ字数さえ合わせたらメロディ乗っけられる世界。

ワタクシ、スカートとかドレスが『ひるがえる』って言葉、好きなんだよなぁ(*´д`*)

おへんじー。

>>心温ちゃーん。

いらっさーい♪ 
勤勉勤労を絵に描いたような、
でも少年の心を失わない若人よ、ようこそナノニャね。

そっか。生き方で人の感性は変わってくるから、
これだ!でイイのニャね。
そういう強いものをクリアーに表現したいのだけど、
詩ってさ、どの単語を選ぶかが勝負?
語彙のないネコアタマは、もっと沢山お勉強しないといけにゃいみたいなのよ。
はぁぅ~^ёдё^←気が遠くなってる

心温ちゃんの創作すとーりぃ、何時も笑わせてもらってまーす。
そのセンス、ちみっとでいいからくれニャー。

文章も絵と同じで一番最初の印象が大事だと思うんですよ。

だからえめる猫ニャンが伝えたいと思った気持ちを大切にして書けばいいと思いまーす。同じ文章でも受け止める人の歩んだ人生によって心に描かれる情景が違うと思うので何が正解とかはないと思います。ちなみにウチは誤字以外放置です。

>>ちゃんさーん。

おへんじどもですー。
作品としてここに出すからには、そのときの最高のものを出したいと思うのはオネコも同じニャ。
ただし、オネコの集中力は一つのものにつぎ込んでそれが一丹切れると、
再燃させるのは難しいんです。何日もかかっちゃったり。
次から次へと違うものを書きたくなるんです。
んだから、天使のお話ばかりじゃなくて、こうして色々あったほうが気持ちがとっても楽でスニャー。

チャンサンのブログは毎回質の高いものを出されていて素晴らしいでスニャ。
参考にさせていただきますね。ありがとでーす。

えめるさま
行きたい自分と行けない自分の対比
返事ありがとうね
いつもポニョポニョ読ませてもらっています

チャンのblogは
アップする前に何回も見直しするのだけど
アップ後も
何回となく訂正しますよ
だからアップしてすぐblog読んだ後
しばらくして読み返したら、あれ?ってなることよくあるよ
まあ、文書管理からすると訂正1、2とか最新版管理しないといけないんだけどね
常に一番いいものを提供したい心
なのです(゜▽゜)/
参考にどうぞ

>>チャンさーん。

いらっはーい♪ はうぅ?
淡いが⇒重い
光の粒子⇒固い

実はね、これは意識して反対のイメージの言葉を使ったんですニャ。
なぜかというとね、言いたい言葉は口に出しちゃえば淡い響きなんだけど、
それを言い出すまでの心がなかなか思いきれない気持ち。
旅立っていく人にそれを伝えたいのに言い切れないもどかしさ。
そんな引っ込み思案なハートの苦しみ、もやもや、自分の弱さへの憤り?
そんな感じなのよ。
彼女は未来に向かって旅立っていくわけで、自分の知らない輝く世界と、
取り残される自分との対比っていうのかニャ。
なんかね、微妙すぎてこんだけの詩の言葉じゃ、
言い尽くせてなかったのニャなー。
いまこうやっておへんじ書きながら、やっとはっきりしたニャしッ! 
どうして書いているときにそれがおもいつかないのかしらぁ~???
次からは時間差攻撃で校正してみるニャね。
えめるの脳みそはその場限りだから、
書き終わったらすぐに出したくなっちゃうのよ~~~。
あははーあはー。←こういう奴なの~~~

自分の中にあるモノを他人が読んでも同じように感じてもらいたい。
でもそれは無理。人間はそういうものだから。
でも、伝えたい部分。主題。
これだけはブレさせちゃいけないものだニャ。絶対に。
そのためにどう書いたらいいんだ????
気が付くところまでは行くんだけど……
んー。また頑張るニャね。

またまたいいことに気付かせてもらったニャー。
んじゃハイ。板チョコチーズサンド。
あ、これマジウマよ。
こんど記事にして教えたげるから。もうね、ネーミングのまんま(笑)

イメージを大切にする場合は一気に書く
書いたあとで、ちょっと間をおいて読み返してみる
すると、矛盾点や気になる部分が見えてきますね
ひらめきや、感受性を大切にしながら、妥当性を評価し、検証していく かな

SWEET PEA-スィートピーも素敵ですよ
でも、えめるさまが何か言え、っていうからいうね (笑)

淡き言葉 ⇔ もがく心 重たくて

光の粒子が軽々と ⇔ 固き言葉

淡いが⇒重い
光の粒子⇒固い

言葉やイメージがすーっと抜けていけそうな時に
なんか引っ掛り(矛盾?)を感じたかな

これは、チャンの感じた事だからね
それも無理やりね (笑)

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。