スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 raise 】育てる-1-

 私はその植物の種を、さる名のある伯爵から法外な金額で買ったのです。

彼は人けのない地下室で、ひざの上に何かを大事そうに抱きかかえていました。

それが目的の種だとすぐに分かりました。

「いいですね。これは世にも珍しいものですから、

大事に可愛がって育ててくださいよ。

そうしないと寂しがって枯れてしまいますから」

 彼が名残惜しそうに手渡したのは、

大人の握りこぶしを二つ付き合わせた程度の茶色い種でした。

 
 私は家に帰ると、出迎えた老家政婦に、

「これからしばらく膨大な文献をまとめる仕事に取り掛かることになりました。

大事な書類だから誰かに盗み見れては困るのです。 

あなたのことは信用していますが、今日からは書斎の掃除は

自分ですることにしました。今から、決してだれも部屋に入れないように、

どうかお願いしますよ」と大きな書類かばんを重たそうに持ち上げて見せました。

 家政婦がかしこまりましたと言って何時もの癖でカバンに手を伸ばしてきたので、

私は慌てて手を引きました。そのカバンには例の種が入っているのです。

「いつもあなたの働き振りには、感謝しているんです」

と笑顔で言い添えると、老家政婦はうやうやしくお辞儀をして引き下がりました。

重い荷物を持って階段を上がらずに済んだのは、

彼女にとっても喜ばしいことに違いないのです。


 

 
 

 二階の書斎に入り、書きかけの論文の手直しをしながら、

時間が過ぎるのを待ちました。やがてキッチンとつながる呼び鈴が、

食事の用意が出来たことを知らせてきました。

私は少しも腹が減っていませんでしたが、家政婦が注いだワインを

一気に流し込み、魚の小骨がのどに引っかかるのを感じながら、

ライスと一緒に無理に押し込みました。

 書斎に引き上げた私は、家政婦が仕事を終えて別棟へと

引き揚げていく丸い後姿を窓越しに見送ると、

やっと安心してカバンを開けることができました。

そして月が明るく輝いているのをもう一度見てから、

用意しておいた大きな植木鉢に、その種を植えつけました。

伯爵に言われたとおり、一日中陽の当たらない書斎の隅に置くと、

不思議とその辺りが暖かく感じられ、私は期待に胸が膨らむのでした。

【2へ】

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

>>篁さーん

いらっしゃーい。
こんなオネコのブログにようこそなのニャね。

――ああっ!!もう作家の方ジャナイですかニャ!!
出版おめでとうございます!!
またお勉強させていただきに、お伺いさせてくだされニャー。

えめるは去年の暮れに、まじめにお話ニャンコをやる気になった新米ネコです。
歳は一人前以上に!!米俵三俵食ってますけどニャ。なにそれ?
とにかく、ひたすら興味を惹く面白いものを書きたいもんです。
きぼうはとーおいのニャ……。

あ、ここの基本は無知で失礼なオネコのおしゃべり。
だから何かあっても気をワルくしニャイでねー。
コメントびっくらアリがとーニャ。

初めまして。篁(たかむら)と申します。
僕のブログにご訪問いただき、ありがとうございました。

どんな花を咲かせるのでしょうね?
植物は実際に、優しい言葉を与え続けると綺麗な花をさかせてくれるといいますよね。

僕も小説を書いています。
作家になりたいという夢を大人になっても捨て切れません。
お互い、楽しく小説を書くことを頑張りましょう。

Re: タイトルなし

>>奈良の大仏だどんさーん

すえひろ~♪ ありがと~♪ 頑張るニャ。

もっと書き込んで、あやしーーーーい雰囲気を
出そうと思ったんだけど、表現を考えるのが面倒になっちゃって、
ちょっと怠けちゃいました。

せめて口調で怪しさを出せたら……いや、無理かな?
情景描写と会話だけでも、
雰囲気を作りだせると思うんだけど、わからん。
まだそういうのって私の中では、
漠然とした意識に埋もれているようですニャ。
感情をあまり書かないで怪しさを出したいな。
あ、高野聖?泉鏡花?あー、また古ーイ記憶が出てきたニャ。
ああいう感じ、ジメっとひんやり。そういうの。
毎回のことだけど、コメント書きながら、
また色々気付かせてもらったニャ。感謝。

あ?やだー。乙姫様なの?うししっ。
んじゃおだててもらっていい気分だから、
えめる特製ワカメうどん、どぞ。
あ。普通すぎてつまんニャイなー。
んじゃこっち。
えめる特製、ヤクルト牛乳。お得意のコラボ。
あじは微妙です^ёωё^

新しい 怪しげな種に 八連発の拍手だよ(o^~^o)ν
育む夢
大きな希望
怪しい未来
不可思議な花?
新たなたね 種明かしは?
夢見る乙姫さま
あらたなる明日
頑張るえめるさま
以上、末広がりの八連発だからね~

色々閃いて素晴らしい
頑張って続けてくださいね
sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。