スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょうせつってニャ。

えめるでーす。
今日は真面目に物書きの独り言ニャ。
つまんニャイから読まなくていいのニャ。
ささ、他の記事にいきなされ。

言い訳しとくね。
今回のこの下はね、自分の考えを確認しながら書くうちに、
何かいいこと思いつくかなって自分自身が期待してのことで、
自分のためだけに書きます。
あ、おこっちゃやーだニャよぉ。
じゃあ公開しなきゃいいじゃないかって思うんでしょ?
ううんにゃ、公開を前提で書くことに意味があるのニャ、
えめるにとってだけ。ごめんね。
だってね、いつもコメント欄でお返事書きながら、
いろんなことに気が付かせていただいておりますのね。
ありがとう、みニャ様。
そんで、この頃ちょっと行き詰ってるえめるの脳みそのために、
それを自己完結型でやってみようというわけニャ。
自己満足すぎる更新、今回は本気でスルーしていいのよ。

ささ、天使のお話でも、最近なにやら脳内女優気味の詩でも、
読んでいってくださったら嬉しいです。

んじゃ、この下は、絶対におこらニャイ人だけどぞ。
今回いい訳が念入りだったニャよ。おーけい?

 

 

 

;;;;;^・∀・^;;;;;はうっ。き、来たのかニャ……

えっと、兎に角にゃね、グチリ部屋へ、よ、ようこそなのねっ。

素のえめるだから、ちと、かなり、とっても非常に恥ずかしいのね。いやん。

今から帰ってもいいんだよ~。

 

さて、小説を書くということは、女優と同じだなあって思いました。

同時に何人もの登場人物の感情を考えていますよね。

私の感情をどこまでそのキャラに近づけられるかが問題。

頭の中に理想の人物像があっても、その行動やセリフは、

私がその人になったつもりで想像するものに過ぎず、

私の中にないモノは、どうしても上手く出せないのね。

例えば、グリモアはもっととことん冷血漢であって欲しかったのに、

なんか全くメリハリの無い存在感になっちゃって……

もっとオーラのツヨーイ誰もが恐れる迫力のはずだったのに、ちっとも怖くなかった……。

私の中で、残念なキャラ・ナンバーワンなんです。 

 

詩もそうです。

短い言葉なだけに、感情がストレートに伝わるものだけに、

本気で作り上げるのは、とても難しいって思った。

語彙が少ないせいで、すぐにかけちゃうけど、

本当はもっと違うものを表したかったのにって、そんな不完全感がとてもあります。

さっきも言ったけど、私の知識、経験が無いものは、上手く出せません。

無理に作り上げてしまうとね、

この前書いた詩みたいに、過激な言葉でまとめてしまったり。

あれはフィクションなんだけど、どうでしたか?

私の経験だと思いましたか? できれば、感想をいただきたいです。

私だって、誰かを好きだとか、恋しいとか、嫉妬という気持ちは勿論知っているけど、

あんな狂おしくて烈しい、なんだろなぁ、あれこそ愛憎、なのかな?

あんな感情で、誰かと一緒にいるなんて、とうてい無理だよ。

とにかく、憎しみを持ったまま抱かれるとか、私にはきっとありえません。

そんなに利口じゃないし、割り切ることが下手だしね。

だって、ちょっと想像しただけで、ほら、もう腹が立ってきましたよ(苦笑)

 

そういうわがままな私だから、恋も滅多に出来ませんのかニャ?

好きになるときは、あった瞬間に分かる。

今までに3人しかいない。気持ちの上でだけの人が一人入っているからね、これ。

本当に今どき珍しいくらい純情だよ。自分で言っちゃうけどさ。笑われてもやむなし。

いくつになっても、ハートはバージンですからね。だからメルヘン大人。

いやはや;;^‐ω‐^;;お恥ずかしい。なんとも;;^>ω<^;;おそまつ。

何の言い訳かわかんなくなってきたのね。ここんとこはコメントしたら削除ニャし!

 

あの詩のね、最後から二行目は、印象をを強くしてみたくって

あとから書き入れました。

現実には自分の中に無いことでも、想像して書くことは可能ですもんね。

だけど、私の中ではもの凄く違和感があるものになってしまったのね。

無理しちゃったからかな。自分の中には無いことだから。

いまでも気になっていて、訂正したいくらいなんです。

でも、もう書いちゃったからあのまま置きますけどニャ。

だって、もしかしたら、共感してくれる人居るかも知れませんよねっ。

そうだよっ。自分の中に無いものだって、書いてみる価値、絶対にあるはずなんだ。

そこから、何かが見えるかもしれないしね。

  

いま、個人的に書いているものがあるんだけど、

その中心人物が、最初は、一人を取り巻くメンバー三人という構成だったのね。

皆が集まって何かするときはいいんだけど、事件が起きたときの描写では、

全員をきちんと書き入れることが難しくなっちゃったの。

どうしても一人多い。あまる。

事件の中で別行動させると、そんなにあっちもこっちも書けないよお

ってなりました。あははー。のうみそびゅーん。

で、結局1人減らしたの。

メンバー二人にしたら今度は、1人のキャラが強すぎて、

もう1人がたじたじ……どうするよ?

あ、真面目な好青年、でも変なところが突出して云々。よくあるね、いいなそれ。

あとは、事件をいくつか考えなくちゃならないんだけど。思いつかない。

いま、主人公が行方不明事件になってるんだけど、その先が……

と、何時ものように行き当たりばったりストーリーです。

思いつかない。

じんせい、もっともっと色々経験したり、みたり聞いたりしないとだめだったか……

ってね。あっ、だめじゃないよっ! じぶん! がんばれ!

ここ1週間ほど、何もかけない脳みそ状態でウダウダしてしまって焦ってます。

そんでこれ、書いてるのね。あっという間に今月6日!

そっか。頑張れって、自分に言いたくて、これ書いたんだニャ。

ここんとこ、書かないで、「悪霊」と「燃えよ剣」を読んでます。長編ニャー。

あ? まさか。これ読んでるから書けないとか????

でも、続きが気になって……。わっ大変だニャ! 早く読み終わらせなくっちゃッ!

そうだったか、やっと、ここの結果がでたよーッ!ここで愚痴ってよかったよーッ!!

早速続きを!!! 図書館に借りに行かなくっちゃーーーーッ!!!!

あのお話、悪霊、長いのよ……いつになったらお話書けるのかしら……?

泣いてもいい?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ヒトリゴト
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お返事。

>>そらまめちゃんへ

はうっ^・ω・^いらっさい。
エッセイストそらまめさんとお呼びしたいんですのよ。←
そらまめちゃんのは何時も視点が定まった文章で、非常に分かりやすく
かつクスリと笑える可笑しみがあって、
更新が楽しみですのニャよ。

そうでスニャね。書き続けることでしか見えない出来ない進まない。
そういうものでしょうか。はいニャ。
書きながら、手直し始めると切りが無いのは何時ものこと。
かきかきかきかき^‐л‐^←こんな顔してるかもです
眉間にしわもあるかもです。
んー。ありがとっ。

No title

たまには愚痴っても良いと思いますの私・・・。(←何かあった?失笑)

そしてソレをヒトの視線を意識した文章にすることで、自分の頭の中を整理できると
言いましょうか、何か答え的なモノが見えてくるのではないでしょうか。
(これがブログの良さかな?笑)
小説なんて(滅多に読まない)私には難しすぎて、的確なアドヴァイスは出来ません
がいっぱい悩んで足掻いて実験して、とにかく書いてみたら良いと思います。

チャレンジし続けることこそ美しく輝ける!!(と信じたい!)
頑張って下さ~い。
sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。