スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天使の花はしご」(61の続)

(前のお話61) (奇特な方へ第1話) (モクジ君)


「この辺りじゃ余所者が死のうが生きようが、関係ないんだから」
 マーリンは苦々しそうに言いました。
看護婦はその様子が気になりましたが、今は血清を手に入れることが先です。
「長靴とコート、お借りしますッ、危険だから部屋にいて下さいッ」
 壁にかけてあったコートを手早く羽織って外に出ると、
月明かりの下で体じゅうのホコリを払い落とそうとするかのように、
身震いしてから走り出しました。

 看護婦が向かったのは、走って十分ほどの医師の家。
医師は彼女の短い話ですぐに事の重大さを理解し、
眠い目をこすりながら血清の入った小ビンを
すぐに出してくれました。
「その人は男性だと言ったね。
もしかするとこれだけじゃ足りないかも知れないが、
効果が切れていないのはもうこれだけだ。
小柄な女性一人分と言ったところだろう」
 ビンの中身はほんのわずかしか残っていませんでした。
「あとは時間との勝負か、私も――あ、おい!」
 看護婦は部屋を飛び出し、月明かりの中を走って行きます。
その後を、やや小太りの影が追いかけていきました。

 一方、残されたマーリンは突然ベッドの上で二つ折りになり、
声を殺して泣き出しました。
その唇がある一つの名前を刻んでいました。
「ライナス、ライナス――」
 それは毒グモに刺されてなくなった、彼女の一人息子の名前だったのです。

 
(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お返事。んぐた~ん

おおー。お休みは家族サービス、頑張ってますかニャ?
そんな中での、よこそおいでやすー。

はい。毒グモで引張ってますー。

暗転した?でも、オニヨメさんゲットしたことはラッキーでしたニャっしょ。

ラッキーな人はアンラッキーに、
不幸な人は幸福に、
運勢が変わるってコトですから、
えめるはきっともの凄くいいことが・・・
いえ、その前に、人間性を変えないとダメかもですにゃ・・・
おっとぉ。弱気になっちった。強気で行くのニャし。

NoTitle

毒蜘蛛がキーワードになって話が展開するね。
日本でも住宅街にそんな蜘蛛がいたら、パニックだろうなぁ…。

20代の頃、彼女と左耳に安全ピンで穴を開けたアホでございます(歳が歳なのでネット上非公開w)

そしたらね、その時から人生の運が暗転したよ(爆)
これ、マジな話。要注意~!

お返事。チャンさんヘ。

天邪鬼は仁王や四天王に踏みつけられてしまったから、
ひねくれちゃったの?
それとも、最初からひねくれていたからいじめられたの?
なんか可哀相だけど、困った神様ですのニャね。

まれに耳たぶに視神経が通っている場合があって、その神経を傷つける可能性ってのを聞いたことがありますね。
耳から(神経の)白い糸が出てきて、引張ったらプチッと切れて、
見えなくなった……そんな怖い話。

あのね…

◆天邪鬼シショーとあがめるのでお尋ねします。
天邪鬼な深層心理をうまく操る方法、ありますか?
これを操れたら、人生きっと好転するにゃ…
⇒なんと難しいことを (笑)
天邪鬼とは
人の心の内を探り、意に逆らうという、ひねくれた神で、仁王や四天王に踏みつけられた「あまのじゃく」
もいますね。
つまり、「あまのじゃく」は人間の煩悩の象徴なので、煩悩を支配できる人でなければ難しいですね。
やっぱり、仁王様や四天王にならなければ難しいっすね。
あっしには手が負えませんです、はいm(_ _)m

◆耳にピアスの穴開けるのも考えたけど、…そっちは保留中。
⇒なっ、なんと!?
チャンの意見を言わせてもらえば
絶対反対!!
やめてください。
わざわざ自分の身体を傷つけるのは
やめて欲しいです(;~∧~;)ヾ
時代に合わない昔の人間の考えだと思いますが、チャンは大切な人にはそう言います。

お返事。チャンさんへ。

お休みのなか、ご訪問、読んでいただいた上にコメント、どもありがとです。

一体どんな展開になるの?←自分のあまのじゃくな脳みそに聞いてみた

どんどん深みにはまっていくんです。這い上がれるのかニャ……
まとめるのが不可能にならないうちにまとめたいと思っておりますです。
(ッていうとね、天邪鬼のヤツがまとめさせないのね、だからここは一つ……)
もうね、このままどんどん掘り下げて、それこそ地獄まで掘っちゃったほうが物語としては面白いと思うのニャね、うん。
(……こういう時に限って、素直だったりしないで欲しいものですニャ、切に願う)

チャンさんを天邪鬼シショーとあがめるのでお尋ねします。いや、まじめニャよ?
天邪鬼な深層心理をうまく操る方法、ありますかニャ?
これを操れたら、人生きっと好転するにゃな……

耳にピアスの穴開けるのも考えたけど、もっと悪くなったらもうイケマヘンので……そっちは保留中。

NoTitle

「ライナス、ライナス――」
 毒グモに刺されてなくなった、彼女の一人息子の名前だったのです。
 ⇒なっなんと!?
いったいどんな展開になるのですかあ(;~∧~;)ヾ
刺されてしんだのですか!?
血清…助かるかなあ…心配
ねっ、えめるさま
sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。