スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天使の花はしご」(62)

(前のお話61の続へ) (初めてさんの第1話) (モクジ君)

 
 看護婦と医者はジョアンナの家に着くと、
「先生は上を見ていてください、私は足下を見ていますから」
 二人は長靴とコートを身につけたまま家の中に入り、
ランプの明かりの中に毒をもった小さな赤い点が見えやしないかと
恐ろしい期待をもって目を凝らしました。
二人の荒い息づかいが、静まり返った空気を揺るがしました。

「君、ジョアンナ夫人は本当に大丈夫なんだね?」
「ええ、奥様には、お部屋から出ないように言ってあります」
「彼女は流産したばかりというに、今度は毒グモ……悪いことは重なるものと言うが
それにしても、おっと失礼」
 ずっと上を見上げていた医者が、前屈みになった看護婦のお尻にぶつかりました。
いつものふたりなら、こんなとき軽口の一つもいったでしょうが、
今はそんな気分ではありませんでした。

「ジャンさんはこの部屋です。それじゃ、行きますよ――」 
 看護婦こわごわドアを押し開けると、
どうしたわけか、ベッドの上にジャンの姿がありません。
「大変! どうしたのかしら。
ジャンさん! どこですか!? 返事をしてください!」
「毒グモはまだその辺にいるかも知れん、落ち着いて探そう」
「先生ッ、落ち着いていたら、手遅れになるかも知れないんですよッ」 
「しかし君――」 

 彼らは知りませんでしたが、
ジャン(ジュリ)は、フィズに飲ませてもらった血清が効いているのです。
といっても、完全に毒が消えるまでにはもうすこし時間が必要でした。
それにしてもジャンは、一体どこへ消えてしまったのでしょう。
 その頃ジャンは、月明かりの下をひとり、歩いていたのです。
いいえ実際には、彼は1人ではありませんでした。
目の前の小さな光の後を追っているのでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お返事。チャンさんへ。

んまっ、せんせいったらっ。
ですニャね? うししっ。

くも、何所に行ったんだろねー。どういうことになるのかニャ。
フィズはどうしているカニャ。
いろいろなところに視点が散らばっちゃって、えめるの単純な脳みそにはとどかないのねー。
にゃふ。またお待ちくだされー。

NoTitle

ずっと上を見上げていた医者が、前屈みになった看護婦のお尻にぶつかりました。
 ⇒ 面白いねえ(^~^)/
物語りから外れたシーンが楽しいですね
普通なら、いやね、、(`・ω・´;)、、かな (笑)

それにしても、毒蜘蛛さんはどこへ行ったやら??
sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。