スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五月病企画「123……」数字は苦手にゃ

  連休ですニャね。

えめるはちゃんと7時半には起きました。

バトンがきっかけ。五月病企画第三弾。

自己満足な更新は今日も続きます。

 

  1234567.数えるだけ数えたら 8・9・10。

でもこれに何の意味が??? で、このことはすぐに忘れるね。

そう思って、

紙をつくえの引き出しにしまった。

 

階段を下りて、開けっ放しの玄関をしめた。

「まったくお兄ちゃんたら、いつも開けっ放しなんだからっ」

冷蔵庫からジュースを出して、

戸棚からチョコレートクッキーを3枚だけとって、

二階の自分の部屋に戻った。

おやつを食べながら、

机の引き出しが気になってしょうがない。

さっきしまったあの紙を、もう一度取り出した。

 

でも、この茶色いヘンな紙に書かれていること、本当に分けわかんない。

あたしはクッキーの粉をこぼさないように気をつけながら、

身を乗り出して、その紙をもう一度よく見た。

 

おじさんは、宝の地図だって言ってたけど。

確かに、真ん中に旗印があるけど。

その旗にはドクロのマークが書いてあるんだ。

紙いっぱいに大きなマルが、ガタガタの線で書いてあって、

その線の内側に沿って小さい黒い丸が7こ並んでいる。

その黒丸のちょうど反対側にあと3個。

いったい何のこと?

 

さっきお兄ちゃんに聞いてみたけど、

「ばっかだなぁ。オッサンにからかわれたんだよ。

そんなの、嘘に決まってんじゃン」

って言って、友達と映画見るんだって出掛けちゃった。

 

でもこのわざと下手に書いたみたいなの線の感じ。

どこかで見たような。

あたしは思い出していた。ずっと前、遠足で行った公園。

そこの広場に、これと同じようなのがあったような……。

まるく石畳があって、

端っこが自然な感じに、クネクネの線で仕切られていた。

ママが、「手の込んだことするわねえ」って言ってたっけ。

スヌーピーの水着を着たあたしは、浅い池に入って、

滑って転んで泣いたんだ。

そう、あれは噴水広場!

真ん中の旗印は噴水だわ。

きっとその中に、宝物が隠されているのよ!

そうよ、それだわ!

 

あたしは階段を駆け下りて、

幼稚園からの友達のリイナに電話した。

「あ、もしもしリイナ?」

あたしは、宝の地図と、今思いついた冒険のことを手短に話した。

手短過ぎたのか、或はリイナが現実的な子だったからか、

「よくわかんないよ、そういうの。とにかく今からそっち行くね」

といって電話が切れた。

 

リイナが来るまでの時間が、待ちきれそうもなくて、

あたしがリイナの家に行ったほうがよかったなと思っていたら、

リイナが庭に走りこんでくるのが見えた。

さすがはわが親友!

あたしは裸足のまま玄関に降りてドアを開けた。

 

あたしの考えをひと通り聞き終えたリイナは、

ハーフの母親から受け継いだ薄い茶色の瞳を輝かせていった。

「ってことは、一度その公園に行ってみないことには、

何も始まらないわね」

「でも、どうやっていくの?」

「うーん。あの遠足は、たしか幼稚園の年長のときだったから、

遠足のしおりなんて残ってないし……」

「あっ、それある! うちのママが思い出箱にしまって置くの見たもん」

「それ、すぐ出せる?」

あたしは大急ぎでまた階段を駆け下りると、

畳の部屋の押入れを探した。

 

ママは、大きな衣装ケースに、あたしの作ったものとか、絵なんかを

とっておくの。あたしが結婚して家をでるとき、

その中から思い出の品を持たせたいんだって。

でもあたし、こんな物、欲しくないんだけどな。

 

「あった、これだ……」

手にとってみた。薄っぺらでなんだか頼りないしおりだった。

 

          *

つぎの土曜日、あたしたちは、その公園の入り口に来ていた。

「とにかくこれで、謎に一歩近づいたね」

リイナが持ち前のきりりとした表情で言った。

「うん」

あたしたちは、まだ人けの少ない休日の公園へと、入っていった。

  

というところで想像が途切れたニャ。

読んでくれた人、お付き合いくださって有り難う。

じゃ、またね。

 ←こちらはランキングですニャ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : (´・ω・`)
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Re:ふむふむ。

チャンさんのブログは、本日分読んでまいりました。
とてもいいお話で、ふむふむ。そうだニャ。と思いながら帰ってまいりました。
また修行に伺いますニャ。
こんな能天気(博士に命名されまして)ものですが、
どうぞよろしくお願い致します。

ふ~む

えめるさん
やっぱり・・・なかなか、感性の豊かな人ですね。

チャンは、ニャンニャンではなくて、ワンワンのタイプですが、話しがやっぱり、合うかも・・・でも、クメールのブログ、硬くて疲れません??
一応、コンセプトと、カテゴリーに準拠してますので、ニャンニャンが使えません。。。フニッ

Re: チャン こと、クメール伝道師さんへ

ありがたいお言葉。励まされましたニャ。ありがとうございます。

具体的に引用していただいた文、始めは
「あれっ?こんな言葉書いたっけかニャ……」としばらく考えちゃいました。
5分後思い出したニャ。
これは、とくに意図した文では無いけど、
私だったら、そう感じるだろうということで書きました。
しかし、意図してないだけに、また気の効いた文を書くのは、
実に難しい問題ですニャ……。

私が気をつけたいことは、うそを書かない。ということなんです。
どんな突拍子の無い状況であっても、
読んでくれる人が、登場人物の心の動きにどこか共感できるものがあれば
リアルさがでてくると思うのです。
ただ、私の感性が万人向きじゃなかった場合、
共感してもらえない文章になる可能性もあります。

だから、柔軟な人間性を養うことが、とても大切なんですね。

って、今気が付いちゃいました~ (^^;
クメール伝道師さんのところで、しゅぎょうしないとっ。

えめるさん ブログ訪問 ありがとうございます

えめるさん ブログ訪問 そして、コメント、ありがとうございます
結構、このブログ気に入ったかもかもです。

えめるさん の文は、文章の外へ拡がりをもたせていますよね。
例えば、

『これだ…薄っぺらでなんだか頼りないしおりだった。』

ねっ、このフレーズ・・・、何かを連想させますよね。
えめるさんの素晴らしいセンスを益々磨いてくださいね。

チャンこと。クメール伝道師は、毎日のクメールの中で
起承転結 + きらりと光るもの
全体としては、誰にでも状況が手に取るように分かるように!
そして、心に残る、余韻の残る終わり方を目指しています
なかなか難しいですが・・・フニッ
でも、クメールを読んだり、指導を受けた人から、『ありがとう!あなたのお蔭で人生(観)が変わりました。』って言われると、あ~!やってて、よかった!!って。
人生満更でもないな!!って これが、醍醐味ですね。

これから、よろしく お願いします。

クメールは一応、ブログランキング入り(学問・文化・芸術、哲学思想部門)していますので、合わせてよろしく


Re: チャンさんへ

不思議な気持ちになってくれてありがとですニャ。
犬も好きニャよ。
子どものころ飼っていました。犬もネコも。

バトン、やってみたら面白かったのですニャ。
ためしにいっこ、やってみたらいかがでしょうか?
見に行くもんニャ。

文、ほめすぎではありませんか?
えめるを喜ばせても、何も出せないニャ。
でも、本気でうれしかったです。ありがとう。

はじめまして ブログ訪問ありがとう

はじめまして
ブログ訪問ありがとうございます

フ~ム・・えめるさん 不思議な空間ですね・・
えめるさん は猫科ですか? ニャンニャン
私はどちらかというと、ワンワン の方かな、、
バトンがお好きなのですか??
想像力は高まるかも・・でも、、、あっちにした方が、こっちにした方が・・・無い物ねだりや、迷い、後悔を生み出すことになるかも・・・
でも、ゲームなら、まあいいですかね・・

それにしても、えめるさんの文章と想像力は素晴らしいです!
読んでて、その状況がイメージとして、湧きますよ。
そのセンス、どんどん磨いてくださいね

また、私のブログにもお越しください。

ありがとうございました

Re:だれ?

記憶が飛んでしまったみたいニャ。
気が付いたら、足元にしっぽとネコ耳が落ちていたの。
誰がこんなもの、持ってきたのかしら???

猫耳がとれてもうた。あっ、えめるちゃん、それ尻尾じゃないよ。あっだめ、かたくなっちゃう。

Re: ペカリさんちのマロンさんへ

マロンさんいらっしゃい。
今日は、寒いので、厚着したから、そんなことは出来ませんよ。(^^
あれ?随分大きく育ちましたね~。
あ?しっぽ踏んだのに怒らないんですか?
三角のお耳が可愛いですね。ニギニギ。
あ、とれた……
ペペペペペペ、ペカリさん!!!
ななななにしてるんですか???
(こおいう展開でよかったんですか?ね、ペカリさん?)

にゃにゃにゃ?!
猫総裁の執務室の秘密がどこで漏れたんだにゃ?
えめるちゃん、だめだめ。それ以上しゃべったら猫総裁に猫パンチ百回覚悟しなきゃなんなくなるから。それよりマロンといちゃついていたほうが気持ちいいとおもうにゃ。主人のペカリもいちゃつきたいと言ってたが無視したほうがいいにゃ。うんじゃ、めろんちゃんのやーらかいとこペロペロ、ちゅっちゅ。
sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。