スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へび~

 子供の頃、よく蛇を見ました。

ヤマカガシは有名ね。

 うちは田舎で、敷地の裏側が竹やぶだったんです。

何が育っててもおかしくない、うっそうとしたやぶです。

育ったニャ。あいつら、のびのび~。

子供の私から見れば、それはもうもの凄く大きな大蛇です。


 二回、鮮やかなオレンジ色のを見たことがあります。

今はお店に行けばオレンジ色の蛇なんて珍しくないのでしょうが、

田舎育ちの子ネコゆえ、とにかくびっくらしました。

 地味カラーの蛇だって見かければ、

飛び上がって家に逃げ込むくらい怖がりなのに、

あのオレンジ君はそれはもう見事な大きさで太くもあり、

体調はゆうに1メートはあったでしょう。

それがするするーっと岩陰からすっがたを表したときの驚きと恐怖といったら。

映画館で怖いシーンがいきなり出てきて椅子からずり落ちそうになるのなんて

かわいい幼稚園児のお遊びにおもえるくらいです。

あの時は体の芯から恐ろしかったですね。


 昆虫達も、怖かったー。

とにかく虫はみんな怖かった。

 おばあちゃんのお手伝いで草取りしていると、

ちょっとはなれたところで、

芝生の中からむにゅーっとミミズが出てくるじゃないですか。

しかもね、何だかやたらと生育がいいんですよ。

大きくってつやつやで太っていて、エラそうなミミズなの。

何の恨みか、巨大化しかけてるの。(巨大化したハエとかクモとかの映画あったね)

そいつが飛び出してくるんです。躍り上がるんです。

あー。きもちワルいっ。今でもダメです。

小さいのもいやです。魚のエサにイトミミズ。

魚、釣らなくってもいいや……

 ミミズの何が嫌って、あの色。あの動き。あの縞々のうねうね……

ぁ……本当に気持ち悪くなってきた……

しかもね、シャベルで地面や花壇を掘り起こしていると、

き……切れちゃうじゃないですか。いやだー!だー!!

 細長くてクネクネ系。無理です。


 あと、いもむしも相当嫌いです。

特に、毛が生えていないあの、むにゅむにゅ感が……うぅぅぅぅ

いもむしと似ているけどお洋服付きのは、毛虫。

これもイヤなんだけど、こっちは気持ち悪いというよりは、

憎たらしいって感じですね。

モサモサモサモサ。はいはいはいはい。このやろっ。

ってね、そんな感じですか。


 でね。

どうしてこんな話になっちゃったのかしら?

……ああ思い出した。

ウナギの稚魚を、シラスウナギって呼ぶことに驚いたんだっけ。

で、お店で買えるシラスと同じなのかって一瞬怪しんだんだっけ。

で検索したら、あの小さいのはカタクチイワシの稚魚で、

ウナギとは別物だって分かってちょっとガッカリして安心したんだっけ。

で、関連記事欄に、「オレンジ色の」って言葉があって、

ウナギの形状と色が合わさって、記憶が呼び起こされたんだっけ。

おーけい? いえすおーけい。

でも、もの凄くどうでもいい話よね。


 せっかく勢いでここまで書いたんだから、無理やり意味づけしてみるか。

えっと。

私がとっても虫が嫌いだったのは、

たましいの世界と何か関係があるから、カも知れません。

ΣΣ ^・д・^えーッ?! そうなのっ?! (自分で言ったことに驚くのはやめましょうw)

えめる、前世でどんな何かをやらかしたっていうの?


 答えは、死ぬまで絶対に分かりません。

死んでからわかる保障もありません,、'`,、 ^´∀`^,、'`,、


 こんなネコで、ごめんなさい。

このお部屋にふさわしくないおしゃべりしちったなー。

でも公開っ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

>>クメゼミ塾長さまー

どもありがとでございます。
クメールの真面目なブログに取り上げていただけるなんて、
おねこのブログも偉くなったもんニャな。むふふ。(違うし)

こちらこそありがとうです。

お礼とお知らせ

えめるさま
あなたのブログと記事を【クメール】で明日2月4日に掲載しますね。
『本当の善とは…。』
えめるさまの記事、多少編集していますが、文意は変えておりません。
記事の『咲かせる花』URLを、えめるさんの名前に貼りつけました。
よろしくお願いします。

えめるさまの記事、コメントは優しく深く入ってきます。
ありがとうございます。

>>チャンさーん

青大将ーッ! 毒があるのかニャ?
蛇も、危険を感じなければ襲わないはずだもんね。
白蛇は神のお使いとか言いますね。

オレンジのは、外来種なのかな?
オレンジ1色の鮮やかなヤツって、始めてみたときにはショックでした。
2回目もショックでした^^;

手足のある蛇って、他にも目撃例があったような気がします。
検索すると出てくると思います。
世の中にはまだ知られていないことが沢山あるニャネ。
あそだ、2012年はね、宇宙元年だから。
意味? 何となくそんな感じがしたからに決まってるニャ。 

蛇とミミズ
くねくね系が駄目ですか (笑)
そういえば、チャンもあまり好きではないですね。
蛇と言えば、家に青大将がいて、噛まれたら困るからと殺してしまいました。
姫路時代のことです。
今考えると可哀想なことをしました。
あのまま逃がしてあげればよかったと、後悔しています。

それにしてもオレンジ色の蛇とは!?
珍しいですねえ。

昔、アイボリー系のトカゲのような、蛇のような、不思議な遺骸を見つけました。
大きさは40~50cm
ちゃんと手と足が付いていました。
サンショウウオでもないし、蛇でもないし、トカゲでもないし、いったいあれは??
あの時写真に撮っておくべきでしたね。


sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。