スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その人は宇宙人(一人目)


彼らとは、夢の中で会います。


はいはい。だからどうせ夢なんだよっw


でもね、普通の夢とは明らかに違う質感で

その場面が、鮮やかな体験のようにくっきりと記憶されるんです

夢の内容は、何かのヒントを与えられているようだったり

ちょっとした試練を与えて

私の本当の気持ちを確かめるためだったり……



えめるが知ってるうちうじんさんたちはね、西洋人のような外見で出てきました

その中のひとりがとても美少女で、ローティーンに見えるんです。

彼女が夢に出てきたのは、数年かけて3回ですね。たぶん……

最初の時には、爆弾のようなボールを持って追いかけてきたんです


あとで何かのSF小説に、

彼らのように進化した存在は長寿で、ながくその若々しい容姿を保てるとあって

ああそうか、って納得したもんね

フランスや北欧っぽい顔立ちで、色白で貴婦人みたいな上品さを持っている

まるでドールみたいな陶器の肌と、金色で細かなウェーブふわふわの髪

ほのかにあどけなさの残る頬。

地上では完璧な美しさだと思うな~


だけどね、かなり無表情なんだよね

なんかそこがちょっと怖い感じがしたんですよね



この↓は、そんなバカな夢のお話。

まともさん、お利口さん、ただしい人は絶対に入っちゃいやです

☆☆☆☆☆☆


美少女うちうじん

最初は、田舎の家の、垣根のそば


わたしともう1人、見知らぬ男性が

ボールを持った彼女に追いかけられているんです

こっちは二人とも大人で、相手は可愛い女の子のはずなんだけど、

無表情なところが、怖いとおもったんだろうか

持っていたボールのような物が、得体の知れない物体に見えたのも確かです

夢が始まった時が既に、とにかくそれから逃げなくちゃいけないって場面でした


彼女は私たちを交互に追い詰めてきて

その切り替わりが素早いというか、夢の中ならではの時間感覚だろうけど、

もはや瞬間移動だよねw


男の人が、何かにつまずいたのか、転んで一回転するのが垣根越しに見えたとき、

あぁ、このままじゃ埒があかない、って思ったの

いつまでもこんな事を続けていられないって。

こうなったらもう、あのボールを受け取ってしまおうって。


こっちに向かって来る彼女の顔は、相変わらず無表情だった

渡されたボールは、硬い半球と、スポンジ海綿のような半球をくっつけたように見えた

胸の前でしっかり受け取ったとき、それがもうすぐ爆発する爆弾だったと分かった。

夢って、そういうもんだよね


私はボール投げが苦手なんだけど、兎に角できるだけ遠くに、それを投げた





そこで目が覚めたわけだけど

あとになってみると、何らかの出来事と言うか、今後の運命を

受け止める覚悟はあるのかどうかって

試されたような気がした





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。