スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西遊記と青い鳥

西遊記

邱永漢の本が楽しすぎてたまりませんな

仲間を従え、長い厳しい苦難の末に、やっとてに入れた経典

三蔵法師はそれで人々の心をしあわせに導いたんですね

もしも簡単にてに入れた経典だったら、

ソレはきっと宝の持ち腐れになってしまったことでしょう

この場合、苦難の過程が大きな意味を持ったわけね


メーテルーッ! ……哲郎ッ!

もといメーテルリンクの青い鳥

青い鳥を探していろんなことに出会い、いろんなことを感じて行動して

やっと見つけた幸せの青い鳥はいつもの暮らしの中にいたわけですが

よく言われている解釈がさ

【幸せは身近にある】

でもそれだけでおわりにしたら駄目なんだよ。

だって、

なーんだ、それじゃ苦労しないで手近なものから見つければいいんだ

なんて勘違いする人がいるかもしれないじゃない。

チルチルミチルの旅は二人にとって無駄だったのか?

否。

【幸せは自分と共にあるのだけど、ソレに気づくには勇気と経験が必要】

だよね

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。