スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちびねこといちごと切ない気持ち

大島弓子さんの綿の国星

子供の頃読んだことがあるなと懐かしく思い出した

ちみっと検索したらばあニャた!

ち、ちび猫が、ちび猫が……

やだ~まるでえめるじゃん~^・ω・^

(やめなさい反感買うよ)はいすみません

ちび猫がかわいすぎるのよ~たまらんなこりゃなのよ~

どーする?

取りあえずAmazonかしら

可愛いのが切ないのって

えめるの弱点


&----------?




でね

初期の?作品にいちご物語ってのがあるんだって

なんか、その主人公が生まれ変わってちび猫になったみたいと感想を書いた人がいたから

またちみっと検索したらばあニャた!

いえ、あまりよくわかりませんでしたけどね

でもなんか、ラストで号泣とか切なすぎるとかの感想が……



^'・ω・^えめるさ

切ないのって好きだったはずなんだけど

ほれ、おとぎ話で言えばシンデレラより人魚姫にロマンを感じる子供だったしさ

でもね

なんかね

この頃は切ないのが苦しくなっちゃいそうでちょっと怖いというかなんと言うか

ラストが幸せな方が安心て言うか

胸が苦しくなるのはもう勘弁していただこうと、そんな気持ちなんです

^・ω・^←リアルが切ないからに決まっとるという墓穴をほりながらもめげずに話を進めるネコ


綿の国星がまだ完結してないらしいと書いてあるのを見て

なんだかほっとしました

ちび猫にはあったかい幸せが似合うよね

でも、何時までも読者に夢を見続けさせてほしいのね

ちび猫はハッピー切ないあったかお話が永遠っ



作者の感性はとても素晴らしくて

喜びの中に哀しみを、哀しみの中に安堵感を、

しっかり織り込んでくると思うのです

ちび猫の、可愛くて、成長していくけど大人になりきらない冒険は、永遠がいい

ネコの擬人化 ちび猫は可愛すぎる


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。