スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おんぶと天の川

おみやげは何がいいかと聞かれたから

リカちゃんの着せ替えお洋服がほしいと

あの朝おじいちゃんに頼んだの。

おじいちゃんは、「そういうのはあまり売ってないんだよなぁ」と言ったけど

私が他にほしいものが見付からなかったから

「もしもあったら買ってくるよ」と言って玄関を出た。

おじいちゃんが旅行に行っちゃうのが寂しかったから

真新しいおうちのまわり階段の4段上がったところから

ひょこっと顔だして

いってらっしゃいと言った。



おじいちゃんは何日かして冷たくなって帰ってきた。

ワゴン車の後ろから運び出されて布団に寝かされたおじいちゃんに

おばあちゃんが突っ伏して

おじいさんどうしてこんなことに……!って泣いたのをよく覚えている

穏やかなおばあちゃんが取り乱したのを見たのはその時だけだ


おんぶしてくれる人が居なくなり

わたしはよく椅子のしたに隠れて泣くようになった

おじいちゃんに折ってもらっていたツルは

おばあちゃんに教えてもらって一人で折れるようになった

5才の私はそうして少しずつ、孤独に慣れていった




あの頃の空にはよく、うっすらとした天の川が見えました

でも当時は漠然と、いつも同じところに雲があるなぁと思っていたのだけれどね




今は11月

真夜中になるとオリオン座があがってきて

その辺りの空だけは、視力のあまりよくない私にも

たくさんの星が見えます

あの時と同じ場所に立ち、星空を眺めると

おじいちゃんの背中の匂いがよみがえります

私はあの時たしかに愛されていました

ありがとう。おじいちゃん。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。