スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悠々自適のんびりあったか……?

えめるはいなかで育ったけど

高校は小さな地方都市にあったし

大学は都内だった

その後も引っ越したさきは都市の近くで程よくまちなか静かな郊外

^・ω・^地元から離れた暮らしはなんだかとても快適でした



地元いなかのうちの回りは未だにほとんど変わりない景色で

つまり新しい人が引っ越してこないんだな

理由は何となくわかるというか、

新しい人が入ってこないからこうなんだというか……

そんないなかを知ってる人にはよくわかる話かと。


えめるのどーでもいい特技は

当地元生まれ地元育ちの人が一目でわかること


数年ぶりに帰ってきてさ

この辺で唯一の大型ショッピングモールに行くたびにさ

なんだか子供の頃見たことあるような人たちがやたら多いよなー

誰かの親戚や家族なのかなーと

いつも気になっていたのだが

それってどうやら、ご当地顔ってことだったらしいのだ

それをあらためて考えてみると

顔のつくりというよりも、表情や、全体からの雰囲気ね

これもひとつの^・ω・^刷り込みみたいなものですか?


((((((↓↓↓↓↓↓





あるいなかの本当にあった話



ある若い家族が新築して引っ越しの挨拶回りをしたら

数日後から早速ご近所さんが自分の畑でとれた野菜をもって訪問

引っ越しの疲れのせいか風邪気味だった若奥様に向かって

おばさんが帰り際に大声でひとこと、

「あーら、こんな立派な家に住んでるのに風邪なんかひくのねー!」


^・ω・^家をたてたら風邪ひいちゃいけないのか……


後日談

そのおばさんは数年後、とてつもない豪邸を建てて未亡人、

三世帯くらい住めそうな家に一人暮らししてるそうです







同じ頃、お隣の大先輩奥さまが

「この前、あなたがぬか漬けなんかもやるって聞いたからねぇ、

うちの糠床も美味しいからちょっと味見してもらおうと思って持ってきたのよぉ

これ、にんにくとか鷹の爪とか生姜とか、体にいいものがたくさん入ってるの!

うちの主人もこれでつけたのを美味しい美味しいって毎日食べてるのよぉ

にんにくはね、すりおろして入れてるのっ

ちょっと匂いがするから私は廊下で出し入れするんだけど

これ本当に体にいいんだから是非やってみて」

と、透明ビニールに入ったどろどろのものを置いていったとか

あけてみたらひどい臭いで(何たってにんにくすり下ろしだもんね)

悪いと思いながらも捨てたそうです


^・ω・^そんなの悪くなんかないよ、明らかにただの意地悪だろ

そもそも親子ほども年下の人に対してなんの対抗意識? 全く意味がわからんよね


ぬか漬け後日談

お隣のご主人さま(とても人徳ある人だったんだって)、

その数年後に他界なされたそうです

「奥さまの愛情こもった手作りぬか漬けがもう食べられないなんて

ご主人さまもさぞ心残りでしょうね御愁傷様です」

と言ってやればよかったかななんて言うからさ

いやいや^・ω・^同じレベルに落ちなくてよしっ

だよね




義父(一人暮らし)の土地に別棟住宅をたてて

息子夫婦こども有りが田舎へgo!

当然近所の様子伺いをかねた訪問が始まる

(「当然」なんだね、当たり前に様子うかがいに来るんだね、

もう其だけでえめるは怖いよ)


始めは9時ごろに、義父のところに、話があるからと近所の人が来た

義親の家はかなり古かったから、

家族自慢かねて、新しい家に客人を連れてくるんだってさ(お嫁さんは専業主婦)

小さなDKのとなりのリビングで嫁がせっせとお茶だしたりお茶うけ用意したりは

当然の義務だからと頑張ってたわけです

程なくして8時に来るようになり

8時というと彼女(嫁)が夫と子どもを送り出して自分の身支度をなんとか整えた頃。セーフだね

毎日じゃないんだがいつ来るかわからないから

嫁としてリビングの掃除と身支度は常に気を付けていたら

次には7時に来るようになったんだって

(なんか田舎ってスゲーね)

彼女のほうは朝の一番忙しい時間で

子どもとご主人の食事やら何やらバタバタしながら

素っぴんのまま人前に出てしまったのがとても嫌だったそうです(わかるよー)

とうとう最後は6時半にきたので

お茶道具とポットのお湯だけ置いてあとは知らんぷりしたら

それきり朝の訪問は止んだそうです


^・ω・^なにそれほんとにひどいね

彼女いわく、近所が意地悪で義父はかなり無神経というか無頓着なんだそうです

意地悪と無神経のコラボって((((;゜Д゜)))こわいー


様子うかがいにいってみたら、ここの嫁さんは朝からきちんとしてるんだな、から始まり、

じゃあもっと早い時間だとどうなんだろうって興味がわいちゃったんではないかと

で、義父さまは、嫁さんが嫌な顔しないてやってくれてるし、

このまま甘えとくかなって感じなんだってさ、いまだに





あの~^'・ω・^田舎にお住まいに限らず世間のスケベじじいの皆様がた~

迷惑な興味の出しかたはやめてくだされよね~







なんかさ

そんな話を聞くとさ

自分の田舎もそんな感じなんだろうかと考えちゃうよね
















^・ω・^そんな感じですね










おら、来年からまた都会に住むだ




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。