スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまけの部屋『かみさまの先っちょ』

えぇ。
いつかのおまけの続き
書いとかなくちゃかなと思ったから

おまけって言えば、あれよ
グリコのおまけつきキャラメル

あのちいさな無彩色プラスチック、見た目はかなりチープだけど
仕掛けは意外とよく考えられていたよね
子供に知恵を与えてくれるおもちゃね^・ω・^(←だが無能)

今もまだあるのかなグリコのおまけ
今度見たら買おうっと


㌃㌃㌃㌃㌃㌃ο





ねーねー懐中しるこってしってるー?
懐古趣味じゃないが懐中って文字がなんだか時代がかって感じたから
面白がって買ってみたのだが
案の定、説明読まずに封を開けてみるわけでして
うっかりモナカかと思ってしまったのはナイショですから
やたら甘いのはともかくも
携帯できる食べ物って、なんか戦国時代っぽくて良いよね~(そうか?)
懐中しるこをポケットに入れて、放浪の旅に出たくなるわ~
もう一層のこと、四国八十八夜のお茶巡りにでも行っちゃおうかしらっ(ナニソレ)
でもえめるはお汁粉よりも
米麹の甘酒が好きね(オイッ)








で、なんだっけ
そうそ、神が完全な世界に飽きて、
不完全なものに興味を出しちゃった迷惑なはなしだったニャな
ま、思い付きのだらだら話だからさ
細かいことは気にしニャいでさらっと流してね



神は、宇宙をつくったわけですニャ
星ぼしは盛衰を繰り返します
でも何度繰り返してもその存在を完成させることはないのです
だってホレ^・ω・^完成させてしまえばこの箱庭の遊びが終了してしまうからな

神は星より刹那的な存在として、人間をつくり
星の重力の中にしばりつけました
空にはグリッドを張り巡らして鍵をかけました

そうすることで、人間は宇宙の真理(神)を知ることが困難になり
テラリウムの檻の中でせわしない肉体の生死を果てしなく繰り返すことになるのです
な、^・ω・^なんか果てしなくイヤな感じ……

人間ひとりひとりに
現象(人生)というシナリオ(目の前を流れていく映画のようなもの)を与えました
それから神は、己の意識の一部を触手のように伸ばし
創造したものすべてに繋げました
「限りあるもの」を神自身がリアルに感じられるようにしたのです
そして更に複雑な制限をかけるため人間には「自我」を持たせました

自我には一応それぞれの世界観が決められています
自我はその世界観をもとに
目の前で繰り広げられる映画のなかの主人公に為りきるわけです

※おなじ現象をみても、楽観的な考えの人と悲観的な考えの人がいるのは
確かにこの世界観の違いなのですが
世界観は変化するものだとも思っていますから
ここでは、世界観はあくまでも自我の性質の傾向と言っておきます

自我は、無意味な現象にどんどん色をつけ、意味を付けていきますが
その基準は「自分が!」です
また、無の世界に意味をつけるというのは、世界を限定していくということですから
自分が!自分が!と意識をするほどに
制限が増えます
それはもう、みずからの檻を自分自身で造り出していくのと同じわけですよ

神の創造性の影響は波のように拡がり
世界を宇宙をますます(無知な人類からみれば)混沌としたものになっていきました

ところで先にも言いましたが、神は創造物に自分の意識を繋げました
でもそれだけでは、自分が作ったものの仕上がりを確認するにすぎません
そこで神は意識の層をいくつもつくり、自分は一番奥のカーテンの後ろに隠れ
表の意識の記憶を消したのです

そんなこんなでどんななの?
私たちは神の一部だったことを忘れて、
目の前の現象に意味をつけて自分に制限をかけまくって
脳ミソの記憶に縛られて……

自分はこういう人間なんだ(と周囲に思われているから)
あれはできるけどこれは無理(以前がそうだったから)
こんなことしちゃダメだ(親に言われたから)
あの人はいいひとだ(私に都合がいいことをしてくれるから)
あの人は悪い人だ(私に都合が悪いことをするから)

そりゃもう、神様のシナリオ映画のなかではありとあらゆる現象があるわけですよね
そこに自我がいちいち反応して勝手な理由で右往左往しているのが世の常人の常
それこそを人間らしいと言うならばまさにそうなのでしょう

で、そうこうしているうちにいつかは寿命がつきるわけですよね
どうも何処かの何かに聞くところによると、魂の記録ってやつにはホレ
なんだか忌まわしいカルマとかいうものが書いてあるんだろ?
しかし^・ω・^ンなもんがあったら、永久機関みたいに果てしなく牢獄人生じゃん
えめるはカルマなんてないと思うがな

しかしですよ
引き寄せの法則ってのがあるそうですね
その手の本を読んでないから詳しくはしらないんですが
どうも、信じたことが現実になる、とか
だからカルマや輪廻天性も、あると思う人には有ることになってしまうのではないでしょうか


神にしてみれば、人間がすぐに神の意識に目覚めてしまったら詰まらないわけです
神さまは制限を加える遊びが余程気に入っているのだな~

おら^・ω・^この人生おわったら、檻から出るだー


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。