スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びりびりしている人間

2014五月病企画。下書いたやつを救い出せ

いや、いつものことだけど書き始めてほったらかしたのがたまってるんです

ごおるでんは概ね部屋に籠るタイプです


@@@@@@


ネコのお部屋に来てみれば

あーまたなんかスッゴクだめそうなタイトルだナ~と思った?

ふひ^・ω・^

つくづく雰囲気だけでやってるブログだよニャ~

でも実際さ、科学も雰囲気に過ぎないんだから

すたっぷナントカも雰囲気で存在してるんからな(そーなの?)

だからさっ

雰囲気で成り立っているえめるのお部屋は実は

と~っても科学的なんだよっ(なんかすごく違う)




しかしりけんの才女は悪びれないね

あの気の強さを見習いたいもんですニャと憧れさえ抱いちゃったわ。あ?

そもそも

あーじゃないかなこーじゃないかな的な半信半疑を

実験数値で見せて、いかにも在るように見せかけるのが科学なんでしょ?

こんな感じよ↓

「この膨大な実験結果の数値を見る限り、○○が在るようにしか考えられない

だからこれは在るというのが正しいに決まっているのだ!」

って、一見証拠らしきもの、実はあくまでも憶測に過ぎないものから

強引に持論を振りかざすのが科学だとおもうんだけど違うの?

「こうだったらいいな~」をいかに「こうに違いない」に見せるかが勝負の世界なんだよ

(基本的になにかが違うような気がしますが、

現代においては研究費獲得のための研究にならざるをえないって問題がありますからね……)

そーよ分身。わかってるじゃない

世のため人のため医学のためになるという大義名分で、医者とか製薬会社とかその利権がらみと政治家が儲かりそうな

そーゆー研究にしか国はお金を出したがらないんだから仕方ない


いーのかよ、それでいーのかよ世の中(いーんじゃない?)

あーもうっ

すたっぷより、人体びりびり研究のほうがよほど真実を暴いているじゃないか

と突然、訳のわからない話になるわけです


″″″″″″┣┣┣┣┣┣




@@@@@@ここまで

↑なんだよ、隠し部屋あけてみたら何も書いてないの

肝心の話に行く前に終わってるじゃん


気をとりなおして。

びりびりと言うからには電気ですね

人体には微弱な電気がありますね

あ? 身体に電気って変だろ感電しちゃうだろと思ったのはだれだ?

ちみはすっかりゆとりすぎているのか?落ち着けよ


心電図は心臓の発する電気を調べるんだよ

脳波は脳ミソからの電気を調べるんだよ

あ^・ω・^いわれてみれば!


ゆとり世代じゃなくても十分に脳ミソゆとってるえめるが

なんとなーく検索してみたよ

そしたらさ

私たちの身体が生命活動を営むには電気が欠かせないってわかりました

身体のなかの全ての細胞は細胞膜の中と外で、イオンの電位差があるから生命活動ができるんだってさ


そもそも電気って、原子の電子に関係しているらしい

すべての基本物質であるところの原子が、電気を帯びる性質であるからには

そのかたまりの物体が電気を持っているのはなんの不思議もないよね

「安定した状態」は電気的にゼロだけどさ、人体がそれじゃ、死んでる


東洋の不思議な【気】とかいうやつもきっと電気なんでしょうね

気功法は、修行により微弱な電気を感じ取れるようになるんでしょう?

おもしろそー、えめるもそーゆーのやりたーい

ネコの毛が逆立つのかー(多分ちがいます)


ここまでで、生きている人間とネコの身体には電気があるってことは

どうやら確かなようですね

よーく覚えておくのがいいと思うよ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。