スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き返る話ですね

絵本は好きですか?

はい。だいすきです

(かんたんで分かりやすいから?)


ん~

一概にかんたんと言うのとは少し違うかな~

絵本は文字本より拡がるって感じ?



素晴らしい絵本は幼児から老人まで、

その心をつかんで離さないものがあるニャよね

100万回生きたネコとかさ

白いうさぎとくろいうさぎとかさ

なんつーかもう、

永遠に人類の唯一のテーマであろう「あい」を、みごとに表現しているじゃありませんか

だから読むと、むねの奥が、むきゅーとなるよね……




あ?

そんな風にはならんという人は、何かに心を蝕まれとるからなっ

ほれ、このブログをさかのぼって読んで心の洗濯してきなされ

(そうやって個人的な感覚を押し付けるのは間違いですよ。

 しかもここ、脳ミソガチャガチャブログですし)

わ、わかっとるよ。しかしね

このお部屋には現在、えめると似た感性を持った人が集まっているはずなんです

復活してからずっと、

何のためにバカあほ変人限定で過疎運営やってると思ってるのよ

(失礼しました。だけどこれでまた読者を減らしましたね)

^・ω・^今さら逃げるのかよオイ




絵本といったらももたろうよ。

えぇ。たしかに、基本中の基本のキってくらいの昔話だわ

知られ過ぎたストーリー展開ゆえに

今さら絵本でもないだろうとの声はごもっとも

古臭くて今時の子どもには合わないだろうって思われても仕方ニャいかも


しかーし

えめるが好きなのは、赤羽末吉さんの描いたももたろうの本なのね

赤羽末吉さんの画、限定だから

赤羽末吉。ソコんとこが一番大事なんだから

赤羽末吉さんと言えば、スーホの白い馬のお話は教科書に載ったりして有名ですから

あの力強く暖かみのある感じ、思い出していただけるでしょうか。


で、ももたろう

えめるの記憶のなかで、刷りきれて色褪せた昔ばなしだった、ももたろう

それに新しい命を吹き込んでくれたのが赤羽末吉さんの画の絵本だったんです

以前よりももっと鮮やかに生き生きとした新しい姿で、

ももたろうはそこに立っていました


赤羽さんの画はどの本もみな素晴らしくてさー

もぉたまりませんニャ~


,,,,,,★★★★★★







絵本て

素晴らしいじゃありませんか

文字ばかりの小説よりもズーっと表現がストレートで

ドカンとしたその1ページは奥深く広く、

実はページをめくるごとに開く、空想世界の扉なんですよねっ

なんかうまいこと言った↑^・ω・^と自画自賛



よい絵本は

素晴らしい絵が、言葉を超えてたくさんの情景を伝えてきます

簡潔な文は読み手の感性を邪魔することがありません

文章は必要最小限にまとめられ、

それゆえに読み手が自由に空想を拡げる余地があるのです

(↑なんかつまんないこと言ってるよw)反省


だから、幼児も大人も一緒に楽しめるわけですね

頭のなかに広がる世界は、自分だけの世界。

誰かと一緒に読んでもひとりひとりが全然違う絵本の世界観をみているんだニャ


ドカンとストレートな奥深い広がりをもった絵本を選ぶなら

やはり長くよみつがれているものが多く当てはまると思いました


そうだ、はらぺこあおむしって懐かしの絵本あるけどさ

今でも絵本コーナーの良い場所に置かれてるよね

なん十年も前にかかれたのに、不思議に新しさを感じますニャ



とにかく絵本は画が命

赤羽末吉さんの本を手に取ってみてくだされ

きっと集めたくなります

子供たちへのプレゼントに絵本、いかがですか?



ももたろうが売れてもえめるにギャランチーは入りませんニャ


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。