スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静寂な脳ミソ


前回の話を受けて今回


自我は過去の記憶をやたら使いたがる

やたら思考したがる



えめるはかつて一度だけ、
シーンと澄みきった脳ミソの感覚を覚えたことがある


あれは仕事に向かい車を運転中だったときだ

いつもの陸橋を上りきったあたりで気がついた

なんかすべてがクリアーな感じ?


あーなんだか今日は清々しいなー

って頭の中で感想をもらした


そして、そのあと

なにも考えが浮かばなかったんだよ



いつもなら、仕事に関する漠然とした煩わしさや

道路の込み具合が気になるとか

今日の予定とか何かしらの考えが、或いはいつかどこかの一場面なんかが、

次々に脳裏に浮かんでいるもんじゃありませんか?


記憶。思考。


頭のなかはいつもなんだか騒がしいものではありませんか?



ところがその時は

考えようとすれば考えられるけど

それが終われば脳内の音はピタリと止んで

完全な静寂が来たんだよ

頭はシーンとしていた


それは脳ミソが、考えがやって来れば何時でもそれに応じられるけど

余計なことは何もしないって感じ


車のエンジン音やタイヤの音、風を切る音はきこえていたが

私に感情を起こさせるものは何一つ無かった

運転する上で必要な注意はきちんとはらいながらも

頭には不要なものが一切何も湧いてこなかった


それはとても心地よい感覚だった

その時わたしは、本物の静寂のなかにいたんだ


それはなんと素晴らしい感覚だったろう!





「クリアーな脳ミソ」は^・ω・^会社につく頃には

いつものガチャガチャ脳ミソに戻っていました


それ以来一度もクリアーにならないんですけど……




あの感覚は、幼い子供の頃に似ていると思うよ

だからさ

余計な考えばかりしている我々大人は

もう一度子供のようにならなくちゃ


その育ちきっためんどくさーい自我をどうにかして

子供のように澄みきった感覚でもう一度、世の中を見たい




「うるさい思考」=「自我」のない世界は

孤独で安心で

美しい


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。