スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルーン5をききながら道端を思う

みニャ様。毎日あちーですね

16日午後5時(昼下がりを過ぎてますけど)

ネコの隠れ家は34.1℃ですアヒャッ


湿度が53%と低めで風が吹いているので

いなか暮らしで暑さと汗をかくことに慣らされたえめるはこのままでもいけますが、

まーアレだ^・ω・^ほれ、

四角い箱の中の音楽を聴きたいからさ

エアコンをつけることにしますニャぴっ




マルーン5。いいね。


こんなシチュエーションで聴きたい↓


高原の昼下がりは乾いた風が心地よくて

葉擦れだけが聞こえている

木陰のハンモックに何度めかの挑戦の末になんとか落ち着き

天を仰げば木漏れ日がちらちらと輝き幻想てきニャ

もっと気分を出すためな冷えたシードルを飲むべく

準備しておいた木製スツールの上に手を伸ばしたとき

案の定、

バランスを崩してくるり反転……

でもダイジョブ~えめるにはくるくるしゅたっがあるもんね~

のはずが、ぬこのカギ爪が網に引っ掛かってぷらーん

にくきうに弾かれたシードルは宙に舞い

放物線の先の石にぶち当たって

一瞬の後には下草の中で芳醇な芳香を放っているわけで

静寂な空間にに炭酸の弾ける音と爽やかな香りが

拡がりながら透明のなかにとけてゆく……


って、あれ?^・ω・^なんか少し違うような……


ま、いいか

そんな素敵なマルーン5ですよねっ(どんなだよ)



実際には畳に寝そべり

素敵なサウンドを聴きながしながら思うのは

そろそろジブリの季節だニャーということです


トトロの冒頭部分はほんとーに最高ですね~

糸井さんの微妙な「引っ越してきました~」と「え、もぉ?」が大好きなんです

じつに夏への期待感が詰まってますニャ


ナウシカとラピュタは永遠のメルヘン

たまに観るとそのたびに楽しめる


もののけ姫は日本の心ギュギュッとドーンですね^・ω・^あ?


今は、見えないものや自然への畏怖と尊敬の念を、

多くの日本人が忘れているのですか?

じゃほれ^・ω・^さっさと思い出せ

ちゃんとちみの遺伝子に刻まれてるんだから


千と千尋の神隠しは名作すぎるニャ

エンディングでは胸が痛いくらいにせつなくて

暖かくて悲しくて嬉しくて大切で、なんつーか勿体ないのだ……


経験はどんどん過去になるけどさ

それは記憶の中で何度も懐かしんで噛み締めるものじゃない

きらり光るエッセンスとなって

あなたの「いま」を照らすものなんだよな



↑^・ω・^「未来」を照らすって言わニャいところは

自分なりに成長だと思っています


‘‘‘‘‘‘⑩⑩⑩⑩⑩⑩
ゲドと恩返しは途中で飽きてしまいました
根性なしですみませんでした
風たちぬは観てません不届きものです





また新しいジブリ映画を作っているそうですが

また例のパターンですか?

宮崎駿氏が新作の出来が気に入らなくて、我慢しきれずに監督復活!

ってやつね

なんにしろ、えめるは復活を望んでるよ







「道端菜園」しようよ

ここ、結構な下町なんだが、歩道の植栽の隙間にシソが3本植えてあるのよ

いや、植えたのはえめるじゃないんだけどさ。誰なんだろ


シソはほっときゃ、わささわささ殖えるから

みんなが薬味に摘まんでいってくれたらお役立ちよねー

と、奇特なお考えだったら嬉しいです(勝手w)

イタリアンパセリも植えてほしいわ(自分が植えなさい)


世間のニュースをみていると、あるいは世界の気象ニュースをみていると、

はたまたうちう関連のニュースをみていると

なんとなく

これからは自給自足を意識していかなきゃイカンようなきがしてさ


だからまずは簡単なとこから。


プランターでいいじゃんとお思いでしょうが

地面の力を侮るなかれ

水やりの手間が超絶省けます


ほれ

ネコの集会が催されるようなあき土地をお持ちのかた

是非、ばらまき農法を。

てきとーに草取りしたらほうれん草とか小松菜とかの種をばら蒔くだけです

土をかけなくてもいいからさ

蒔いたあとは耕すとか草取りとか、なにもしなくていいからさ

でも当然だが、まともな収穫を期待しちゃダメ

たまにそれなりに収穫できたらラッキーね(ほとんどダメじゃんw)

そこの地面環境にあうものしか育たないんだもん、

でもそれは年々変化していくようです

いなかでは父が趣味で植えたプチトマトの苗とナスが

元来のいい加減な性格から図らずしも、植えっぱなし農法になっていましたが

草ぼーぼーで耕さない部分はこぼれ種で

翌年もプチトマトやカボチャがなっていました

だから耕さなくても、良いんです

ふかふかの地面に限りますけどね


春先のほうれん草ばらまき農法では

生えたばかりの苗状態のかわいい葉っぱをスズメが食べてました

ちっさいそれをスズメから分けてもらって、湯がいたらさ

^・ω・^やだ、なにこの豊かな風味!!

若い植物はなんてエネルギッシュなんだ!!


ちっさいから一食分摘むのも面倒だったけど

あの美味しさは一度経験すべきだと

えめるは本気でみニャ様に願います


お店に並んだ野菜たちは

需要と供給と効率を考えて大きく育てているわけですが

味が良い時期と大きさの関係はもしや、

反比例する野菜があるのかもしれません






ちきう環境が変化していますね

地磁気が減少のスピードを上げているとか

磁極がこの一年で64km移動したとか

その手のニュースがたくさんありますね

もうすぐロシアが磁極上の北極になるのかよオソロシアだな




心の準備をしとこうよ(なんの?)

いつ何があっても自分を見失わないように


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。