スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジックの種

ども^・ω・^甘酒飲んでるか~い

甘酒も飲みすぎたら軽く酔うよな



さて

小保方さんがあれだけ言い張っていたスタっぷ細胞でしたが

数度にわたる実験はやはり失敗でしたニャ


どうも彼女はさ、本当にあると信じていたような風でしたよね

以前の会見で、したたかというよりもふてぶてしささえ感じさせたものは

嘘をつき通す態度じゃなくて

本気で研究成果を信じていたっつーかどうしても信じたい、

信じなくちゃいられない、という強い気持ちからのものだったのかニャ


彼女がそこまで思い込んでしまった理由は幾つかありそうです

世間では色々と憶測を呼びまくってるようでしたが

では、元祖えめるが独断と偏見で解決してあげましょう

あ、一応言っとくけど、ぬこ妄言ね(わかってますw)





そもそも小保方さんという女性は、なかなか要領がいいようですね

論文をどーしたこーしたコピペしたのと言われたように、コピペが得意

そして研究ノートがあまりにもお粗末とかも言われていたけど

それってなんつーの?ほれ、

文字にするのが苦手というわけじゃないのだろうが、

感性で物事を理解しちゃう人なのではないかと。

だから「ノートに細かく形に残すなんて、そんなまどろっこしいことはしませんっ」

って感じ? ま、感覚的な科学者と言ってみるか


そして頭脳優秀なだけでなく、外見は可愛いし、

器用な世渡り上手だったんだろうとは誰しもが思うはず

あの若さであの経歴だもんな




で、コピペ論文に関してはきっとこんな感じよ


「もちろん論文くらい、一から十までちゃんと書けますっ

ただ、私は科学者ですから、何事も効率を考えます(そーゆーもんなの?)

そして世の中には私と似たようなことを考える人が居ることは確かです

ですから数多くの論文のなかで、私の考えに合致した部分を一部ピックアップし

繋ぎあわせたことがあるのは事実です

ですが、たとえコピペであっても

トータルとして出来上がったものは、間違いなく私個人の考えであると言えます、

違いますか?

先程も言いましたが、研究には効率がとても大事なんです

実験には、成果を得るまでに長い時間を要するものがたくさんあります

ですから少しでも無駄を省きたいと、研究者なら誰しもがそう考えていると思います」




言われてみればソリャソーダにゃ(おいおい)

では、そのよな有能な美人科学者が

なぜこんなことに巻き込まれたんでしょか


⑧⑧⑧⑧⑧⑧㊥㊥㊥㊥㊥㊥







若くて優秀で、しかもなんだかすごい経歴をもっている

そんなひとが入ってきたら一目置かれる立場になるのは必然ですね

しかも女性で可愛いとくりゃ

野望をもったオヤジがほっとかないわけです


だからさホレ、

年くった親父があとだしみたいにして発表するよりも

若い有能な女性が画期的な成果を出した!

っつう方が圧倒的に華々しいじゃありませんか!って話よ


ES細胞でノーベル賞の山中教授のことをライバル視していた人がいたとしたら

そこで、例の自殺の人ですよ

ささ何とかさんですよ

小保方さんとよく一緒にいたそうですから

あーそーかと、思った人もいるはずです(何を?)


不自然な遺書の残しかた(家族に書いてない、ワープロ文字)や、

発表のタイミングなどから

組織的な裏を感じた人がほとんどだと思います(そうか?)


それらから妄想するに、いきさつはこんな感じだな多分。


ささ何とかさんは小保方さんの上司で、入社したばかりの彼女から

何かとそうだんを受けたりしているうちに仲良くなり、

ささ何かとさんは、かねてより胸の奥にたまっていた自分の野望を

彼女に肩代わりして果たしてもらおうと考えるようになった

その野望とは、山中教授に逆転勝利すること……


きっと悪魔がささやいちゃったんでしょうな

彼は誰にも見付からないように小保方さんの実験装置に近付くと

なにかをいれました

その後、実験は思わぬ大成功を納め、画期的なスタップ細胞として発表されました


もちろん彼女はそんなイカサマがあったなんて知りません

だから会見でも「スタップ細胞、ありますっ」と堂々と言い切れたわけです

尊敬するささ何とかさんとずっと一緒に頑張ってきた大事な研究ですから

もしかしたらそこには、一研究者として以上に

女としての強い思い入れがあったのかもしれなません(どこの週刊紙だよw)


その後、厳重に監視された環境では再現できなかったわけですが

そりゃそうだ。肝心のものが入ってないんだもん

無いものを信じさせられてしまった小保方さんは

その意味で、被害者だったのです


そしてこの不正を知った上層部は

ささ何とかさんを自殺に追い込んだか見せかけたして口を封じ、

小保方さんはダメ判定でスッパリ解雇

やれやれ、これでこの件は無事に一件落着、組織は安泰ですな


と、こんな感じでいかがでしょうか。


これと似たような妄想をしている人もいるだろうから

コピペしても罪じゃないのが小保方流

今回に限り、おきに召したらご自由にお持ち帰りください(いらねーよっ)

でも、まるきりない話でも無さそうな話でしょ?


自殺したとされている政治かとか有名人とかたくさんいるけどさ

世の中って案外恐ろしいよな


でもさ

そーゆーものを引き寄せるというか、巻き込まれやすい体質や性質ってのが

もしかしたらあるんだろうな




オマケ

で、ニャんですか、この前のデング熱騒ぎで決められた年末年始の炊き出し中止が

ついに実行されたそうですね

公園に立ち入り禁止9日間の罰だそうです

(なんの罰だよ)だから、経済活動から落脱した罰? つまり税金を払わない罰?

とにかく弱者に対して活路を絶つんだから拷問みたいなもんです

デング熱はまさかこれのための布石だったんじゃないだろうかと

何でも怪しんでしまいたくなる昨今よ


ひどいわーホントにひどいわーそんなことして平気なのかしら

そんなことしときながらン万円もするおせちの予約もぬからないのかしらー

いや別に何を食べようといいんだけどさ


行政が国内で日本人の命を大事にしない感じが今の日本らしいと言うべきか……

表面だけきれいにして、中身はどんどんスカスカになっていく日本て感じだよ

都会のホームレスは都会が好きなんだろか

というより、田舎でホームレスってのが環境的にほぼ無理なんだろな





普通の人はそんなこと頭の片隅にもなく、

楽しい年末年始を過ごしたらいいと思います



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。