スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えめるの「好きな小説。」ニャ。


FC2トラックバックテーマ  第776回「好きな小説。」

  

小池真理子 著  「律子 慕情」

  

 瑞々しい感動といったらこれで決まりニャ。

「りっちゃん」って呼ぶ声の優しく、わずかに寂しい感じ。

新鮮な、懐かしいような、少女期特有の憧れの気持ち。

きっと誰もが知っているはずの、切ない想い。

  

 小池さんの言葉は、

(こんなおネコの私にも分かるようにという配慮かとおもうほど)

平坦なものを使っているのに、漂ってくるのはまさしく文学!

 え? 文学って何ってか? それはね……えっとぉ、なに?

  

 とっ、とにかく、この本は、

難しいことなんてちっとも言わないのに

説明しようとすると言葉に詰まってしまうデリケートな感情が、

読む人の心にすうっと染み込んで来る、

そんな素敵なお話なのです。

  

 その感情っていうのはきっと、どんなに年齢を重ねても、

決して消えることのないもの。

たとえ思い出すことは少なくなっても、

或いはもうすっかり忘れていたとしても、

誰の心にもこっそりと、しかし確実に残っているはずの

やわらかいものに違いないのです。

  

  わたし、本って一度読んだら、読み返すことはまずしません。

でもこの本に少女期に出会っていたならば、

「ワッハワッハハイのぼうけん」と同様、並べちゃうんだねー

私のバイブル的存在になっていたに違いないのです。

  

 残念ながら、えめるはもうすっかり大人だから、

今更バイブルってワケには行かないのですが、

心が疲れて硬くなってしまったとき、

この本を手にとって、この本の中で息づいている

純で清らかな自分自身を見つけ出したいね。

お年頃の女の子に、この本プレゼント、してあげたいね。

  

 これは手元に置いて何度も読み返したいと思わせる、

数少ない本のなかの一冊です。

 一度図書館で借りて読んだきりで、

まだ手元に無いんですけどね。

あーあ、誰かプレゼントしてくれないかなあ。。。(*´ω`*)

  

エッセイ・小説人気ブログランキングへ 小説

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Re: エリアンダー さんへ

あにゃー。見つかりましたのね。よかった……ですね?
大きいもう一冊は、本棚に飾っておきますか。
大切な人に差し上げるとか。(^^

向田邦子の作品は、本当によく出来ていますよね。
複線とか、思わずうにゃ~ん、と唸りました。
って、かなーり以前に読んだんだけどニャ。
ほのぼののなかに潜む人間のずるさ・恐さのようなもの。
……だったような気がするけど、確かめないのがえめる流(??)
なんにせよ、鋭い観察眼ニャよね。

おはよう

なんと単行本が着かないうちにパソコン雑誌の中に文庫本の
「律子 慕情」が見つかりました。
それで、仕事の合間に全部読んでしまいました。
特殊な霊的な才能をもった律子が何人かの男性と恋をしながら、
成長というか変化を遂げていくという話で、背景の昭和の時代描写も
懐かしかったです。向田邦子の昭和はもっと古い時代ですが、人間を
とらえる目がとてもよく似ていると感じました。
二人の描くおじさん(向田の場合は「あうん」の門倉修造)は抑制されていても
熱情的でかっこいいですね。
叔父と母と律子(恋慕、慕情)の関係は切ないですが清々しく胸に残ります。
久しぶりにいいものを読んだ気がします。

Re: エリアンダー さんへ

ニャンと! 1円と送料などで、一冊分の費用が出てしまうのではないかニャ?
などと余計な事を心配するのニャ。

マーフィー、なるなる。
ちなみに我が家のマーフィーの法則では、
「捜しものは物の名前を逆さに言いながら捜す。」
というものですニャ。きくよーっ!!!

ほうほう。「エスケープ」ニャね。題名がそもそも、えめる向き(笑)
興味ありっ! 読んだら報告会を開きます。(ん?)
気長にお待ちくださいませ。

マーフィーの法則

1円の「律子慕情」たしかに到着したのに、どこを探してもないのニャ、
いかん移ってしまったじゃないですか(笑)。
私は机上に本、雑誌があふれていますので、見つからないのです。
見つからない場合はマーフィーの法則を利用します。
私にはこんなマーフィーの法則が・・・。
「失くしたものは、それを新たに買うとどこからともなく出てくる」
それで、また1円の今度は単行本(前のは文庫本)をクリックしてしまいました。

新刊の渡部建氏の「エスケープ!」を読み終えましたが、会話がおもしろく
引き込まれました。抱腹絶倒の後、心が暖かくなります。

Re: レモンガム

いらっしゃい。こちらこそ、ありがとう。
本好きさんですね~。お仲間ニャね。
その本は読んだことがありません。
レモンガムさんが惚れた本なんですね。
それは機会を見つけて、是非読んでみたいです。

初めまして

えめるさん初めまして、レモンガムです。訪問ありがとうございます^^;
僕も本は結構読みますが、2度読むことはありません。新しい世界をもとめちゃうので^^;。シリーズもの以外で2度読んだのは、「オーデュボンの祈り」という本だけかもしれないです。

Re: チャンさんへ

ありがとう。そうでしたね。
チャンさんはそれでもやってのけられる強さが素敵です。
見習わねばと、いつも勇気をいただいているのです。
ほんと、おかげ様で気持ちが少しだけ強くなれました。
(錯覚じゃなければいいんですけどっ)

チャンはいつも沈没しています。

ワチキも、いつも おっちんでいますよ。
うにうに・・・。
いっしょでにゃあか・・・。

チャンがおっちんでるときに、えめるさま 休め! っていってくれたね。

ありがとう 嬉しかったですよ。
うにうに・・・ってしとき。

Re: エリアンダー さんへ

よいですよっ、ジーンとしながら読んでくださいニャね~。
えっ、1円ですか。それは安いニャっ。
私もホラーで知っていました。おもにショートショートです。
なんか有名な恐いのが有るらしいですね、墓が見える部屋とか何とか。
今度読もうと思っているんですニャ。
お仕事頑張ってニャです(^^

こんにちは

「律子 慕情」よさげですね。
私は人が高く評価している本があると読みたくなるんですよ。
で、amazonに行ってみました。
みなさんのレビューをみても、とても評価が高い。
そのうえなんと1円でたくさん売られている!
さっそくクリックしてきました。

小池真理子はホラー系のを読んだ記憶があります。
いかん、仕事だ(笑)。

Re: なみなみ さんへ

いらっしゃい。この本は読みやすいです。
そして、読み終えた途端、もう一度読み返したくなって、
読んじゃったー(笑)
うーんせつないっ、でもしあわせって感じです。
ありがと。

No title

こんにちは。
小池真理子さんって読んだこと無いですけど、
ちょっと興味が湧いていました。
本当に好きなんですね。
作品に対する愛情が伝わってきました。
小池真理子さん本人が読んだら、
すっごく喜ばれるんじゃないでしょうか。
sidetitleこういうものですsidetitle

えめる。

Author:えめる。
ネコの心のえめる。です。
同じ名前の人がいつの間にか
チラホラいるようなので
。を付けました

ねこ人間のプロトタイプ
品質最低で^・ω・^すまんね。
いちおう言っとくけど
永遠の22歳ニャからね。
ハートがっ。


ちなみに脳内は5才くらい
ほんとすまんね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle話題分けてみたsidetitle
sidetitleつながりsidetitle
sidetitle素敵な生きものsidetitle

presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSってなに?sidetitle
sidetitleなにげにsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。